内定を辞退してフィリピンに来た僕から、就活中の君に伝えたい5つのメッセージ

Pocket はてブ

世界一周1カ国目。フィリン・セブで語学留学をし始め、あっという間の1ヶ月が過ぎました。こちらでは、平日はカン詰めになって勉強し、週末は外出し気分転換というメリハリのある生活が続いています。

もし、語学留学を検討しているのであれば、ぜひフィリピン留学のことも調べてみてください!フィリピン留学の写真はInstagramにて更新中です。

 

今回の記事は、内定を辞退してフィリピンに来て「“フィリピン”に教えてもらったポジティブメッセージ」を、就職活動に奮闘しているみんなにシェアしたいと思います!

 

スラムの子どもたちから貰ったメッセージ

IMG_0001

photo by Kazuki Kiyosawa

「キミがくよくよしてる時間も、スラムの子達は笑ってるよ」

人生初めて、恐る恐る足を踏み入れた「スラム街」。テレビで観ていた「スラム街」の風景は、感じるものが全く違いました。

後に知ったこの通り道、実は発砲をはじめとした誘拐脅迫が多い道なようで、地元の人も危ないからと近寄らないそうです。

IMG_9980

photo by Kazuki Kiyosawa

しかし、そこで僕を待っていたのは、カメラを構えた僕を珍しく思ったのか「撮って!撮って!」と寄ってくる子どもたちの笑顔。

子どもは自分の環境を選べない

今ある環境に日々感謝しようと思い出した経験でした。

 

スポーツを通じて感じたメッセージ

IMG_0407

photo by Kazuki Kiyosawa

「言語の壁? んなもん、人間のパワーの前ではペラッペラの紙みたいなもん!」

…ある日の休日、友達と“コスタベラトロピカルビーチ”に行きました。そこで、出会ったフィリピン人たちと、本気でビーチバレーをやりました!

最初は僕1人で混ぜてもらってたのですが、「本気でゲームしようぜ!」となって、みんな参加しました。いわゆる「国際大会」ってやつ。

 

お互い完璧な“言語”のコミュニケーションなんて取れなくても、心は通じ合ってましたし、そこで出来た友情と経験は、僕の人生にとってかけがえのないものになりました。

最後は日本人チームが負けてしまったため、“友情の証”としてビールをご馳走してあげました(ギャンブルしてたわけじゃないけど)

 

「英語が喋れないから、海外に行けない?世界一周出来ない?同じ人間なんだ。“通じない”ってことはないだろ。お前次第だ!」

やっぱり、スポーツは国境を越える!そんな当たり前のことを経験できた1日でした。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

学生時代にバックパックひとつで、世界を西回りにぐるりと一周。日本にいた頃は英語も喋れず、今まで”ひとり旅”もしたことがなく「世界一周」がはじめてのひとり旅。人生において1番大切なことは「行動」し、…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピンのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ