【募集終了】TABIPPO編集部と一緒にアメリカ横断10000kmを走ってくれる旅人を募集します!

Pocket はてブ

世界二周したのですが唯一できなかったアメリカ横断への想いが募り続けて1年。もう堪えきれなくなったので、TABIPPO全社を説得して、編集部メンバーを懐柔、誘惑して、10/7~11/7までキャンピングカーでアメリカ横断へ行ってきます!(ほんと、よく説得に応じてくれました。すごい会社だ。)

FS31という大型のキャンピングカーを借りることにしたのですが、席がまだ空いてます!そこで、TABIPPO編集部と1ヶ月間アメリカ横断してくれる旅人を募集します。

 

追記:アメリカ横断の同行者募集は終了しましたが、LINEメンバーは募集中です

TABIPPO編集部と一緒にアメリカ横断10000kmを走ってくれる旅人の募集は終了しました。80名を超える方に応募いただきまして、誠にありがとうございます。

応募者の皆様とやり取りする中で「TABIPPOの企画に参加できなくとも、アメリカ横断はしたいのでメンバーを探せる場所が欲しい」というご意見を多数いただきました。そこで、2017年、2018年中にアメリカ横断する方専用のLINEグループを開設しました。仲間探しやアメリカ横断の相談にぜひお使いください。

詳細は下記のリンクをご覧ください
【100人限定】2017,18年にアメリカ横断する旅人と出会えるLINEグループを作りました!

 

TABIPPO 旅する編集部第2弾 ~アメリカ横断編~の概要

TABIPPO 旅する編集部第2弾 ~アメリカ横断編~の概要

期間:2017年10月7日 ~ 11月7日
ルート:ロサンゼルス → ニューヨーク
走行距離:10,000km
費用:10万円〜15万円くらい(航空券は別)
人数:6名〜8名

 

募集してるのは、こんな人

募集してるのは、こんな人

photo by shutterstock

TABIPPOの理念に共感している

TABIPPOはとにかく旅人を増やしたい人たちが集まった会社です。自分が旅を楽しむことと同じくらい、みんなが旅に踏み出してくれる機会を作ることを大切にしています。旅祭やBackPack Festaなどは、理念を象徴するものです。

逆に言えば、「それって旅は広まるの?」という問いに答えられるものなら、損益や手間を度外視してGOサインを出せます。旅を愛して、旅を愛する人が増えることを愛する人となら、きっとTABIPPO編集部と一緒のアメリカ横断も素晴らしいものになるでしょう!

 

TABIPPO編集部の企画に積極的に協力してくれる

TABIPPO編集部はアメリカ横断で大小問わずたくさんの企画を用意しています。記事を出すためにインタビューしたり、写真を何枚も撮り直したり、時にはイライラさせてしまうこともあるかもしれません。

でも、せっかくですから「編集部とあなた」ではなく、「編集部の一員」となって企画に登場したり、写真に映ったりできる人を募集します。最近だと、お酒飲めない旅人として旅する氷結を飲んだり世界一高いマカオのバンジージャンプでドラえもんになったりしてます。

 

ハプニングやトラブルを笑い飛ばせる

アメリカ横断中は何があるか分かりません!ハプニングやトラブルも必ずあるでしょう。グループで旅をしますから、自分が完璧でも誰かのおっちょこちょいに巻き込まれることもあります。そんな時に、怒るのではなく笑える人が大切です。

「自分も迷惑をかけているのだから、人の迷惑も許しなさい」というインドのことわざがありますが、完璧な人間、完璧な旅などありません。むしろ、世界の不完全さを味わうことこそが旅なのかもしれません。他人も世界も許して、笑い飛ばして旅をできる人を探しています。

 

カメラや映像が得意だと嬉しい

必須ではありませんが写真も映像もたくさん撮るので、それらが得意な方だと助かります!TABIPPO編集部も写真好きなメンバーが多いので、たくさん撮り合いましょう。

 

アメリカ横断企画に参加するメリット

ここからはアメリカ横断に同行するTABIPPO編集部のライター伊達にバトンタッチして、アメリカ横断企画に参加するメリットや横断中にやりたいことをご紹介します。

 

旅慣れた人がいるから安心

今回のアメリカ横断に参加するのはTABIPPO編集部のメンバー「前田塁」「長沼茂希」「阿部サキソフォン」「伊達瞳」の4人。全員旅が好きで、会社よりも旅に行く機会の方が多いメンバーです。4人集まることはとても珍しいです。

前田は世界二周しているので、なんでも頼れるお兄さん!二周ってよく考えると訳わからない。お酒は飲めない。

長沼は旅好きだけどそれよりも廃墟とハリボーが好きなメガネかけてる人、そして仏のように優しい。

阿部は今回のアメリカ横断の数日後にチリのプレスツアーに行くっていう旅行の大魔王

伊達はとにかくヘラヘラ笑ってれば大丈夫でしょって思ってる向日葵みたいな人!(本人曰く)

 

人生で二度とない経験ができる

アメリカ横断って、よく聞くけど実際にできるか?と聞かれれば、考えてしまいますよね。やりたいけど、いざやろうと思っても何かと企画が大変だったり。今回はすでに企画進んでいるので、あとはあなたの決意のみです!実際、私も参加するかどうか悩みました。

でも、人生で二度と訪れない機会だなと思い、参加することを決意しました!お金?ありません(笑)でも、お金とか関係なくないですか?絶対に、参加しなければ後悔すると思うので、自分の気持ちを優先しました!

 

愉快な仲間と旅をして仲良くなれる

今回参加するメンバー、めちゃめちゃ個性的なので、最初は驚くかもしれません。でも、旅をしているからかメンバーはフレンドリーで誰とでも仲良くなれる精神の持ち主!もし、初めて私たちと会うという方でも楽しんで旅をしてもらえるはず。むしろ、初めましての人の参加をとても楽しみにしています!

それに、TABIPPO創業メンバーもいるので、貴重な話や知り合いもきっと増えるはず!こんな素敵な機会、なかなかないと思います。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

#旅する編集部 がアメリカ横断でやりたい66のこと

FEATURED特集

特集一覧へ