蛇口からは茶色い水⁉︎ 冒険好きに「エンジェルフォール」がおすすめな5つの理由

Pocket はてブ

“旅”といっても様々なものがあります。美術館を巡る、その土地のグルメを楽しむ、歴史的な建物を見て感動する、等々、人それぞれ自分に合った楽しみ方があると思います。

今回はその中でも、冒険好き・ワクワクする事が好き!という方に、世界最大の落差を誇る、南米ベネズエラの「エンジェルフォール」への旅で体験出来る刺激的な冒険をご紹介します!

 

移動手段は、木のボート!

photo by pixta

エンジェルフォールやその他の滝は、それぞれ離れた場所にあります。このあたりには大きな道路がないため、移動手段はバスや車ではなく、常に木製のボート!約12人乗りで、一番後ろにはエンジンが付いています。

それを船長さんとアシスタントさん2人で操縦してくれます。流れが速い箇所ではお客さんを乗せることが危険すぎて出来ないため、島の方側でお客さんを降ろし、反対側でまた乗せてくれます。

 

この木製ボート、屋根や手すりは一切ありません!そのため、水しぶきや風を真正面から受けますがとても爽快で気持ちが良いです。

川を上ったり下ったりするのでもちろん揺れますが、コツを掴むと揺れが心地よく、移動中にウトウト…なんてこともあります。もちろんライフジャケットがあるので、必ず着用しましょう。

 

蛇口から茶色い水⁉︎

photo by pixta

私も初めて訪れた時にこれに一番驚きました。エンジェルフォールの地域では、蛇口を捻るとなんと茶色い水が出ます!滝の方からから流れてくる水は、雨林の中を通ることで、枯れ葉などから染み出した“タンニン”と呼ばれる成分を含みます。そのため、蛇口から出る水は茶色くなるという訳です。

蛇口だけでなく、トイレに溜まっている水や、シャワーの水まで全て茶色です!きつくはありませんが、若干匂いがします。エンジェルフォール滞在中は現地に倣って、この水でシャワーを浴びます、
大自然ならではの、普段見ることのできない光景・経験ですね。浄水器がロッジの各部屋に付いているわけではないので、飲み水だけではなく、うがいの際にもミネラルウォーターを使うようにしましょう。

 

川を泳がないと辿り着けない景色

エンジェルフォールに行く時に是非訪れたい場所の一つが、「カバックの滝」。ここへ行く道のりは、冒険好きには堪らないものです。まず観光客が泊まるロッジが集まる「カナイマ」から、小型飛行機で約1時間かけて「カバック村」へ行きます。

ここから「カバックの滝」を目指し、まずは開けた道を約20分くらい歩きます。最初は草と野花が生えている道が、次第に木陰が始まり、周りの景色が森に変わっていきます。

 

ここからがいよいよ、冒険のスタートです!歩く道が無くなり、目の前にあるのは川だけ。ここを渡って、泳いで滝を目指します。

最初にあるのは、川幅約10メートル、腰上くらいの深さの川です。川の上には両岸からロープが張ってあり、掴むことが出来るようになっているので、泳ぎが得意ではないという方もご安心ください。
この川を越えてからさらにアドベンチャー度が増していきます!しばらく川岸を歩くと、川岸の幅が狭くなり、川に入らないと先には進めなくなります。その長さ約15分、深さは足が付かないくらい。岩壁に張られたロープをつたって進みます。
そして辿り着いた先には、神秘的な「カバックの滝」の景色が待っています。なかなか他の旅では味わうことのできないアドベンチャーな経験になること間違いなしです!

 

部屋の中ではヤモリと一緒!?

photo by pixta

エンジェルフォール周辺の宿泊施設と言えば、自然の中に簡単な小部屋が並ぶ、ロッジタイプが一般的です。部屋の中もベッドとシャワールームとお手洗いのみ、という簡単なものが多いです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

SATOMI
SATOMI
小学生の頃のオーストラリア・NZへの家族旅行がきっかけとなり、海外へ出る事が好きになる。 大学在学中カナダへ留学し、出逢ったことのない景色や人と出会うワクワク・ギャップの虜に。世界の絶景に自分の足…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ベネズエラのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ