20枚の大迫力の写真で紹介!NZの世界遺産「アオラキ・マウントクック国立公園」

Pocket はてブ

こんにちは。星景写真家の船橋 弘範です。

今回は、ニュージーランド南島の人気のトレッキングコースのうち、フッカー・バレー・トラッキングのトレッキングコースを実際に歩いた時の写真で、このコースの大自然の迫力や魅力をご紹介します。

ニュージーランドを訪れたのは、2015年12月6日。南半球の12月は真夏の季節にあたります。真夏の高地トレッキングはとても爽快です。

朝から快晴になり、ニュージーランド南島の約700Kmにも及ぶサザンアルプスの中心に位置する、世界自然遺産のマウントクック国立公園内の人気コースをトレッキングするということで、わくわくしていました。

 

プカキ湖畔から眺めたアオラキ・マウントクック

01

Photo by  Funahashi Hironori

トレッキング前日にプカキ湖畔からのアオラキ・マウントクックです。(2015年12月5日午後5時11分撮影)「アオラキ」というのは先住民のマオリ語で、「雲を突き抜ける山」という意味だそうです。

北向きに撮影しており、左からの夕陽に照らされています。

 

タスマン海から吹く風により、マウントクックの上に雲ができ、この雲はいつまでも同じ場所にとどまっていました。

マウントクック周辺の氷河が削った岩の粉(ロックフラワー)が流れ込んだプカキ湖の水の色は、光によって変化します。奥の光が当たっている部分は綺麗なターコイズブルーになっています。

 

いよいよスタートです!

02

Photo by  Funahashi Hironori

午前10時30分、フッカー・バレー・ロードの終点にある駐車場(マウントクックキャンプ場)から歩くこと少しで、ミューラー湖が見えて来ます。高い山はセフトン山です。

 

午前10時40分

04

Photo by  Funahashi Hironori

第一吊り橋が見えています。

午前10時41分に撮影したミューラー氷河湖展望台からのパノラマ風景写真は、こちらにあります。iPhone6のパノラマ撮影機能、なかなか使えます。大昔には、この展望台付近も氷河で覆われていたそうです。

 

午前11時00分

05

Photo by  Funahashi Hironori

ミューラー湖の横にやって来ました。氷河に削られた山肌や氷河が運んだたくさんの石が堆積したモレーンには歴史を感じます。正面の雪を被った山は、セフトン山です。

 

午前11時05分

06

Photo by  Funahashi Hironori

壮大なモレーンを横に見ながら一路右方向に向かいます。

 

午前11時35分

07

Photo by  Funahashi Hironori

第一吊り橋を渡ります。少し揺れますが、大丈夫です!最大20名までが同時に渡れるそうです。

 

午前11時39分

08

Photo by  Funahashi Hironori

フッカーバレーの先に、憧れのマウントクックが見えて来ました。

 

午前11時42分に撮影したマウントクックが見える休憩所でのパノラマ写真は、こちらにあります。みなさん、のんびりと爽やかな風景を楽しんでいます。

 

午後0時3分

11

Photo by  Funahashi Hironori

振り返ると、セフトン山から続く稜線や中腹には万年雪があり、ブルーアイスになっています。ときどき雪崩が発生し、「ど~ん」という音がフッカーバレーに響きます。

 

午後0時17分

Movie by  Funahashi Hironori

ここらで小休止して、 iPhone6で撮影したビデオをご覧ください。フッカー川の水の流れる音を聴いてください。ゆらゆらと揺れていますので、ご注意ください。

 

午後0時20分

12

Photo by  Funahashi Hironori

いよいよ、マウントクックの右側の稜線が見えてきました!その威容を見せてくれます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

星景写真(星のある風景写真)や風景写真を撮影しています。 特にニュージーランドのテカポやマウントクック国立公園周辺の星空や風景が大好きです。 facebookページ 星のきれいな村 - Lak…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ニュージーランドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ