台湾の「虹の村(彩虹眷村)」が世界一カラフルでかわいい♡

Pocket はてブ

台湾で話題の虹の村ってご存知でしょうか。台湾旅行?台北?九份?ちょっとうんざりなあなたに虹の村「彩虹眷村」はいかがでしょうか。

 

「彩虹眷村」(さいこうけんそん、cai3 hong2 juan4 cun1)ってどんなとこ?

まず、住所は、台中市南屯区春安路56巷のあたりになります。「おもしろくない」という理由から黄永阜さん(黄じいさん)が86歳から絵を描き始めたのが始まり。

一本の筆から始まった絵がには、人物や動物などがカラフルに描かれ、今では多くの観光客の注目が寄せられている場所です。

その世界はまるで童話のようで、毎年50万人ほどの観光客が訪れているそうです。

黄じいさんの寝床?

ここは「黄じいさん」こと黄永阜さんのお宅なのでしょうか?黄永阜さんは若いころ、国民党軍に志願して台湾にやってきたそうで、元軍人です。

ここの郵便受けに書いてある「25号 老兵在」とは、「老兵が(この25番地の住所に)います」という意味になります。

 

週末は多くの観光客でにぎわう「虹の村」

週末には、多くの観光客でにぎわうそうです。特に、写真愛好家たちにとって最高の場所なのでしょう。

カップルで訪れて、彼女を被写体に写真を撮る様子、ただ純粋に童話のようなカラフルに色づいた世界を撮影する様子。もし混雑を避けたいのであれば、やはり平日でしょうか。

 

カラフルな童話の世界には再開発の危機が!?

この「虹の村」には以前、再開発の計画もあったそうですが、「虹の村を救おう」というネットでの活動が台中市を動かし、残すことが約束されたという過去もあるこの「虹の村」!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

kopakopa0207
kopakopa0207
はじめまして。三重県在住のkobaです。趣味は中国語、旅行、天体観測で、2010年10月より中国語を始めました。海外旅行は今までに8か国。特にアジア地域、中国が好きで、中国は約35都市を訪れました…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館

FEATURED特集

特集一覧へ