節約バックパッカーでも贅沢したい!メキシコのリゾート地「カンクン」滞在のすすめ

Pocket はてブ

こんにちは。TABBIPO世界一周ゼミ生で2017年6月1日より夫婦でハネムーン世界一周に出発している前田夫妻です。

アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米と旅は進み、8か月半を予定していた旅もついに残り3週間となって最後の大陸である北米に入りました。

今回は、北米大陸の中でも私たちが「世界一周を終える前に旅人らしく存分にのんびりする場所」として兼ねてから楽しみにしていた、メキシコのリゾート地「カンクン」について紹介します。

 

カンクンとは

photo by tetsuto maeda

カンクンとは、メキシコのユカタン半島北部に位置するメキシコ屈指のリゾート地で、ハワイやグアムのような日本で聞き慣れたリゾート地ではないものの、欧米人を中心として世界各国から観光客が訪れる土地です。

1年中海水浴を楽しむことができるほどの気温で、天気もよく年間の300日は晴れと言われるほど晴天率が高いのだとか。コバルトブルーで透明度の高い海が広がり、バカンスをおくるのにもってこいの場所です。

photo by tetsuto maeda

バックパッカーで世界各国を巡るとして、できるだけ節約をしたい方が多いと思いますが、なんといってもこのカンクンの魅力はリゾート地にもかかわらず物価が安いことでしょう!

350mlのビールが安いもので1本約50円。コカコーラの500mlがなんと約70円で買えてしまうので、日本の物価の半分から3分の2くらいを想像してもらうとちょうどよいと思います。

photo by tetsuto maeda

安いだけでなく食材のクオリティーも高く種類も豊富なので、リゾート気分を味わいながら安く滞在するバックパッカーにぴったりの場所ではないでしょうか。

それでは、これからカンクン滞在時のおすすめスポットやアクティビティをお伝えしていきます!

 

ビーチで体を焼きながらコロナビール!美しいドルフィンビーチ

photo by tetsuto maeda

カンクンのセントロから「R-1」と表記されたバスで約40分。

南北に長い不思議な形をしている道路沿いには美しいビーチがたくさん広がっていますが、そのほとんどはホテルの所有するプライベートビーチです。なので、カンクンでパブリックビーチに行くといえば、まずは「ドルフィンビーチ」でしょう。

photo by tetsuto maeda

散々と照りつける太陽がまぶしいくらいに反射する白い砂浜。コバルトブルーで遠浅な、海水浴にぴったりの海。美しいカリブ海の波で海水浴を楽しんだ後はのんびりと体を焼いて、冷えた体を温めましょう。

ビーチ沿いにはいくつかのバーがあったり売り子さんがいるので、キンキンに冷えたコロナをお供にすればそれだけでリゾート気分を味わうことができますよ!

photo by tetsuto maeda

また、カンクンのパブリックビーチの中にはサーフィンのできるビーチもあります。

1000円程度からサーフボードもレンタルすることができるので、サーフィンを普段からする方も、サーフィンに挑戦してみたい!という方も、海水浴だけでなく美しいカリブ海の海でサーフィンをしてみても良いかもしれませんね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

前田哲都
夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。 2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ふたりで世界を楽しみ尽くす! てつ&みんとのハネムーン世界一周の旅

FEATURED特集

特集一覧へ