お酒最弱の2人が「ビアポン対決」に挑戦!ゲーム後に動けなくなったのは…

Pocket はてブ

1ヶ月に渡り、キャンピングカーでアメリカ横断していたTABIPPO編集部。「アメリカ横断でやりたい66のこと」と題して様々な企画を実施してきましたが、その中でも誰の得にもならない謎の企画がありました。

編集長の前田塁とプランナーの長沼茂希は「お酒が全く飲めない」のですが(氷結2本を飲みきれない弱さです)、なぜかこの2人がある勝負をすることになったのです。

ある勝負とは……

「ビアポン対決」のことです!!!!!(アメリカらしくバドワイザーで勝負しますよ)

 

「ビアポン」って?

まずルールについて、Wikipedia先生で確認しましょう。

ビアポン(Beer Pong)は、テーブルの両端に置かれた水もしくはビールが入ったカップに、ピンポン玉をテーブルの両端から投げ入れあう競技である。(出典:wikipedia

ふむふむ。相手の前に並ぶビールのカップめがけて、ピンポン玉を投げるということ。正式なスポーツとしてはビールを飲み干す必要はないようですが、どうやら今回はビールを飲んでいく方式で勝負するようです。なぜお酒弱い2人がこの勝負をするのか、何度も言いますが完全に謎です。

カップには1〜2センチほどのビールしか入れていないので、まあ普通の人がやったら楽勝すぎるゲームです。

一丁前にビール持ってキメ顔ですが、全然お酒が飲めない2人。

お互いの前に6個ずつカップを配置。テーブルの下にすでにこぼしたような跡が見えますが、気にしないでください。

ピンポン玉を用意して、いざゲームスタート!

 

いよいよビアポン対決!

さあ、前田が先攻でゲームスタート。狙いを定めて、カップをめがけてピンポン玉を投げると……

入りましたーーー!見事ゴールイン!入れられた長沼は、このカップのビールを飲みほさなくてはなりません(めっちゃ少量ですけどね)。

「マジで?早速すぎない?」とちょっと驚いた様子の長沼。つべこべ言ってもダメですよー!早く飲んでー!

ほんの少量なのに、なぜか辛そうに見えるのはなぜでしょうか……。1杯目、よく頑張りました。

 

長沼の反撃なるか?

お次は後攻の長沼の番。この日は風が強かったんですが、うまくカップに入れられるかな……。元バスケ部の長沼がカップを狙ってピンポン玉を投げます。

なんと、長沼も見事ゴール!そして前田、飲むのが早い!いい飲みっぷりですね、実はお酒少し強くなったりしました?

前田「ウエッ」

あ、いや、そんなことは決してなさそうです。気を取り直してゲームを進めていきましょう。

(風が強かったせいで何度もカップが倒れたり、なかなかカップに命中しなかったり大変だったのですが、記事ではダラダラと長くなるので割愛)

 

続けていくうちに辛そうな表情に……

またもや前田が投げたピンポン玉が長沼のカップにイン!なぜか長沼が強がってピースをして、ビールを飲むために気合を入れているところです。

前田も飲む回数を重ねていきます。もう苦笑いだもの。インスタライブの配信をしていた伊達ちゃんも、もう飽きている顔してるもの。

前田が投げたピンポン玉は〜〜〜……(この時点で前田の残りのカップは3つ)

はい、ハズレでした〜〜〜!(長沼は残り4つなので一歩リード)

あれ、また前田がグビッといっている。また長沼が見事ゴールインさせたようです。

残りのカップが2つになってしまった前田。さあ、これから巻き返しなるか……?

 

絶体絶命の前田

あれーーー!いつの間に残り1つにぃぃぃ!さっき投げたやつ外しちゃったの?インできなかったの?あと1回カップに入れられたら、そこでゲーム終了。長沼の勝利となりますが、長沼が投げたピンポン玉は……

ハズレた〜〜〜!危ない!間一髪!ほら、このチャンス生かしてここから逆転を狙わないと!\(^o^)/フレーフレー前田\(^o^)/!

入った?入ってない?どっちどっち?

残念ながら入らず……。見て、この長沼の余裕の表情。もう勝利を確信してるもん。「わざわざ1個手間に出してあげたのに入れられないの?」って顔してるもん。

そして長沼が投げた一球は……

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部まなみ
阿部まなみ
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

#旅する編集部 がアメリカ横断でやりたい66のこと

FEATURED特集

特集一覧へ