バックパッカー初心者へ。空港〜宿のチェックインまでの完全マニュアル

Pocket はてブ

バックパッカーの旅に関する記事はいろいろとありますが、意外と旅の初日を詳しく紹介している記事は少ないと感じています。でも初めてのバックパッカーにとって、初日の動きってすごく気になりませんか?

飛行機ってどうやって乗るの?飛行機の乗り継ぎが心配…現地空港からゲストハウスまでどうやって移動しようか?などなど、初日の動きって結構忙しいし重要なことばかり。

そこで皆さんの参考になればと思い、バックパックを担いで東南アジアを13日間で旅をしてきました。その旅での初日の動きを、皆さんにご紹介したいと思います。

 

空港に着いたらどうするか?

DSCN7246
photo by Yasuki Hashiba

国内外を問わず、基本的にどこの空港でも流れは同じですが、今回は「成田空港 → バンコクで乗り継ぎ → プノンペン」に飛ぶことを例にご紹介します。

 

空港に到着したら出発ロビーに向かう

まず最初にするのが、どのチェックインカウンターに行くか?の確認。

どの空港も出発ロビーに入ってすぐの場所に、航空会社や便名、時間などが表示されたモニターがあります。その中から自分が乗る便名を探し、どのチェックインカウンターに行けばよいか確認します。

 

チェックインカウンターに着いたら

パスポートとeチケットを提示し、バックパックを預けます。

すると、乗り継ぎがある場合は係員が「成田からバンコク」、「バンコクからプノンペン」の搭乗券(ボーディングパス)と荷物の預り証(クレームタグ)をくれるので、それを受け取ったらチェックイン終了です。時間にして10分程度の手続きです。

 

預け荷物は最終目的地(今回はプノンペン)で受け取るのが一般的。乗継空港(今回はバンコク)で受け取りませんが、念のため確認しておきましょう。

なお搭乗券2枚を受け取りますが、成田空港では「バンコクからプノンペン」の搭乗券は使わないので、なくさないようにバッグにしまいましょう。

 

両替が必要な場合はチェックイン後に両替所へ

アメリカドルとユーロに関しては、日本で両替するのがレートが良いので、日本を出発する前に両替をしておきましょう。その他の通貨に関しては、基本的に目的地に着いてから両替した方がレートが良いので、日本で両替をする必要はないかと思います。

今回はカンボジアで使う通貨がアメリカドルなので、成田空港で全額両替しておきました。

 

飛行機に乗るまでの流れ

DSCN7214
photo by Yasuki Hashiba

チェックインが終わったら「出発 (Departure)」 の表示に向かって進み、セキュリティーチェックを通ります。そして今度は出国審査場へ。審査官にパスポートと搭乗券を渡し、出国のスタンプを押してもらって出国完了です。

 

搭乗口へ行く

出国が済んだら、免税店が並ぶフロアに出てきます。搭乗券に記載されている搭乗時間まで随分と時間があるとしても、とりあえず搭乗口へ行って場所と搭乗カウンターの電光掲示板を確認しておくことをおすすめします。

日本ではまず無いですが、海外の空港ではまれに搭乗時間の変更など、重要な変更事項が掲示されていることがあるからです。

 

飛行機へ搭乗する

搭乗時間の少し前には搭乗口で待機。搭乗が始まったらパスポートと搭乗券を手にして並び、飛行機に乗ります。
ここで一つアドバイス。飛行機に乗ったら、すぐに時計を到着地(乗り継ぎ空港)の時間に直すことをおすすめします。機内では日本の時間を忘れ、現地の時間を見ながら寝る、寝ないの調整をすることで時差ぼけ対策になるからです。

 

乗り継ぎ空港(バンコク)に到着→飛行機を乗り換える

DSCN7319
photo by Yasuki Hashiba

飛行機を降りたら案内表示板を探し、「Transfer」を目指します。これはどの空港でも同じです。

ただバンコク(スワンナプーム)は少し分かりにくく「Transfer Counter」がWESTとEASTで2つあるので、どちらの「Transfer Counter」に行けばよいか確認する必要があります。

同時に、次に乗る飛行機がどのゲートから出発するかも確認しましょう。ゲートがわかったらすぐに移動開始です。

 

Transfer Counterに到着

成田空港でチェックインした時に受け取った「バンコクからプノンペン」の搭乗券を係員に見せて中に入り、セキュリティーチェックを通ります。

ここを通過したら、案内表示にしたがって飛行機が出発するゲートへ向かい、搭乗開始になったら内へ。

 

飛行機に乗ったら入国書類を記入

DSCN7341
photo by Yasuki Hashiba

プノンペン行きの機内で配られたのが、写真に写る3つの書類(出入国カード、税関申告書、ビザ申請用紙)。バンコクを出発すると1時間程度でプノンペンに着いてしまうので、機内で配られたらすぐに記入します。

 

プノンペン国際空港に到着!

飛行機を降りてイミグレーション(入国審査場)に向かいますが、イミグレーションに並ぶ前にすぐ隣にある「visa application(ビザ申請所)」に並び、機内で記入したビザ申請用紙と顔写真、申請料30ドルを渡し、ビザを取得。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

橋場泰樹
海外旅行情報サイト『トラベラーズカフェ ワールドギャラリー』代表。海外渡航回数は120回以上、旅の総延長距離は世界67周以上の実績を持つ旅のプロフェッショナル。世界5大陸 56ヶ国・570都市以上…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ひとり旅

FEATURED特集

特集一覧へ