海も遺跡も楽しめるカリブ海の楽園!ベリーズのおすすめ観光スポット11選

Pocket はてブ

ベリーズは中央アメリカにある小さな国。きれいなビーチはもちろんのこと、熱帯雨林のエコツアーやマヤ遺跡観光など、たくさんの見どころがあるベリーズ。人とは違ったリゾートへ行ってみたいと思っているあなたに、ベリーズのおすすめを紹介します。

 

ベリーズの基本情報

ベリーズは亜熱帯気候で、年間平均気温は26℃です。湿度は87%ですが、夕方になるとさわやかな風が吹き、過ごしやすいです。

東にカリブ海が広がり、マリンスポーツを楽しむことができます。内陸部の亜熱帯森林には数々の動物が生息し、動物園やエコツアーで珍しい動物たちに出会えます。また、かつてマヤ文明の中心となったこともあり、ベリーズにはマヤ遺跡が20以上あります。

ベリーズの名物料理と言えば、何といってもシーフード!ロブスターのグリルや貝のスープなど新鮮な魚介料理を楽しむことができます。また、メキシコが近いのでタコスもおいしいですよ。

 

ブルーホール

photo by shutterstock

カリブ海の広大な海の真ん中に、ひときわ深い青色の穴が空いたような場所があります。これが世界的に有名なブルーホールであり、世界中の旅人にとって憧れの場所です。周辺を美しい珊瑚礁に囲まれ、深さ130mの海にはイルカをはじめ、数々の魚たちが生息しています。

ダイビングはもちろんのこと、シュノーケリングでも十分楽しむことができます。また、セスナツアーもおすすめです。空から見る絶景は、一生忘れられない景色となるでしょう。

■詳細情報
・名称:ブルーホール
・アクセス:ツアーで行くのが一般的。サン・ペドロから1日ツアーでUS$125~。
ベリーズ・シティからセスナ遊覧飛行ツアーでUS$276~。
・オススメの時期:11~4月

 

アルトゥン・ハ遺跡

photo by shutterstock

旅行者に人気があるベリーズを代表する遺跡で、国産ビールのベリキンにも描かれています。5つの広大なピラミッドと、翡翠でできた太陽神頭部像もあります。ピラミッドの頂上からは壮大な森林が目の前に広がります。

暑い中登るのは大変ですが、見渡すかぎりの素晴らしい景色は必見です。水分補給は忘れずに、熱中症には気をつけてくださいね。

■詳細情報
・名称:アルトゥン・ハ遺跡
・アクセス:ツアーで行くのが一般的
・営業時間:8:00~17:00
・料金:US$10
・オススメの時期:11~4月

 

カラコル遺跡

photo by shutterstock

マヤ語で天の神殿という意味のピラミッド、Caana(カーナ)がある大きな規模の遺跡。規模の大きさからも、マヤ地域の中心的な式典を行う都市であったことは間違いないでしょう。マヤ文字のレリーフがきれいに復元されていて、マヤ文化を存分に感じられる場所です。

個人でのアクセスは難しいので、ツアーに参加することをおすすめします。ツアー代金はUS$100~。料金には往復の交通費、遺跡入場料、ガイド、昼食代が含まれています。

■詳細情報
・名称:カラコル遺跡
・アクセス:ツアーで行くのが一般的
・営業時間:8:00~16:00
・定休日:なし
・料金:US$15
・オススメの時期:11~4月

 

シュナントゥニッチ(Xunantunich)遺跡

photo by shutterstock

ベリーズを代表する遺跡のひとつであり、ベリーズ・ドル紙幣の裏側にも描かれています。森林に覆われた丘の上にあるマヤ遺跡で、エル・カスティージョという高さ40mのピラミッドには比較的保存状態の良い壁画の装飾が残っています。

神や踊る人、貝殻などが描かれていて、マヤの世界観を感じることができます。

■詳細情報
・名称:シュナントゥニッチ遺跡
・アクセス:遺跡の入口まではサン・イグナシオからバスで約20分
・営業時間:7:30~16:00
・料金:US$7.5
・オススメの時期:11~4月

 

ラマナイ遺跡

photo by pixta

国内最大級のマヤ遺跡のひとつで、周囲には広大な森林が広がっています。有名なのは巨大な石の人面像があるマスク寺院。遺跡の敷地内ではベリーズの国鳥であるトゥカンや国花ブラック・オーキッドなどが見られます。

また、ラマナイは高さもある遺跡なので、上からジャングルを見渡すことができます。遺跡と共に最高の景色が楽しめることでしょう。

■詳細情報
・名称:ラマナイ遺跡
・アクセス:オレンジ・ウォークからツアーあり(US$70~)ベリーズ・シティの旅行会社からもツアーが出ている
・営業時間:8:00~17:00
・定休日:無休
・料金:US$10
・オススメの時期:11~4月

 

カハル・ペッチ遺跡

photo by shutterstock

町の中心から徒歩でも行くことができる遺跡。「時を刻む場所」という意味をもち、最大の魅力は持ち上がり式のマヤ・アーチ。小さいながらも複数残っていて、創建当時そのままの形をとどめています。一見の価値ありです。

■詳細情報
・アクセス:サン・イグナシオの町から徒歩20分
・営業時間:6:00~18:00
・定休日:なし
・料金:US$5
・オススメの時期:11~4月
1 2
Pocket はてブ

WRITER

池辺風子
池辺風子
旅行大好きフリーライターです。絶景・グルメ・神社仏閣大好き女子です。旅行は毎月。鉄道も好きな完全旅行マニアです。素敵な場所は皆さんに伝えたい。「ああ、行ってみたいなあ」を共有できるようなコンテンツ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

中南米のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ