バミューダ諸島の基本情報と観光スポットまとめ

Pocket はてブ

みなさんは、北大西洋カリブ海に浮かぶバミューダ(Bermuda)諸島を知っていますか?名前には馴染みがあるけれど、実際はどんな場所なのか知らない方も多いかもしれませんね。

バミューダは約150の珊瑚礁と岩礁に囲まれ、豊かな自然と歴史に恵まれた魅力的な観光地。2000年には世界遺産にも指定されているんですよ。

今回はそんなバミューダ諸島の基本情報と観光スポットをご紹介します。
 

バミューダってどんなところ?

YAWPa Rideさん(@yawaride)がシェアした投稿 – 2017 9月 12 8:02午前 PDT

バミューダ諸島は、面積約53.2 km²の小さな島々の集まり。イギリスの海外領土ですが、金融や観光での産業が盛んで、政治的・経済的には自立した権利を持ちます。 一人当たりのGDPが高く、タックス・ヘイヴン(租税回避地)が基本。セレブが訪れる観光地としても有名。

諸島内には、歴史的な要塞からピンク色の砂浜などがあり、観光で訪れる人を魅了する雰囲気にあふれた諸島です。 シュノーケルなどのマリンアクティビティも楽しめますよ。
 

バミューダの歴史

バミューダ諸島は、1500年代初期ヨーロッパ人によって発見されましたが、長らく無人の島でした。1609年、イギリスから北アメリカへの入植者をのせた船がバミューダ海域で難破し、乗組員130人がやむなくこの島に定住することになります。

その後は、イギリス人が入植し島の人口が増加していきます。1684年、ロバート・ロビンソンが総督に任命され、正式にイギリスの植民地となります。北アメリカに地理的に近いことから、ヴィクトリア朝時代には避寒リゾート地として栄え、観光産業が発展。

第二次世界大戦時代には、イギリス軍の海軍基地と空軍基地が建造されます。1995年、住民投票によりイギリスからの独立が可決し自治権を獲得、現在にいたります。
 

代表的なグルメ

フィッシュ・チャウダー(Fish Chowder)

バミューダの名物料理「フィッシュ・チャウダー」は、白身魚のアラでだしをとり、魚、たまねぎなどの野菜を加えて時間をかけて煮込んだシチュー。

特産のラム酒やカレースパイスを加えることも多く、独特の風味がおいしい料理です。街中のレストランでも定番メニューとなっています。
 

成田からのアクセス

日本からの直行便は運航していないので、アメリカ国内の都市、アトランタ・ニューヨーク・ロサンゼルスなどから乗り継ぎをして、バミューダ国際空港に到着することになります。イギリス・ロンドン経由や、オランダ・アムステルダム経由も利用可能です。
 

おすすめの観光スポット

ホースシュー・ベイ・ビーチ(Horseshoe Bay Beach)

Jin Daiさん(@jinnydai)がシェアした投稿 – 2017 7月 28 10:36午後 PDT

バミューダ諸島があるカリブ海といえば、透明度が高い海。多くのカリブの島の中でバミューダのビーチが特別なのは、砂浜の砂がうすいピンク色をしていること!現地では、ピンク・ビーチと呼ばれているのですが、バミューダ海域に生息するサンゴの色の影響なのだそう。

ホースシュー・ベイ・ビーチは、アメリカやヨーロッパから多くの観光客が訪れる、人気のピンクビーチです。

■詳細情報
・名称:ホースシュー・ベイ・ビーチ
・住所:Horseshoe Bay Beach, Southampton Parish, Bermuda
・アクセス:バミューダ国際空港から車で約40分
・公式サイトURL:http://www.bermuda.com/horseshoe-bay-beach/

 

クリスタルケイブス&ファンタシーケイブス(Crystal and Fantasy Caves)

❤️さん(@olyalejandra)がシェアした投稿 – 2017 3月 14 5:00午後 PDT

空港からほど近い場所にある「クリスタルケイブス&ファンタシーケイブス」。天井から垂れ下がる巨大な結晶を見ることができる鍾乳洞。海水が流れ込んでいるため、洞窟内の水は見ごとな透明度を保ったエメラルドグリーンです。

ガイドツアーでお話を聞きながら、古代から続く自然を堪能しましょう。

■詳細情報
・名称:クリスタルケイブス&ファンタシーケイブス
・住所:Crystal and Fantasy Caves, Hamilton Parish, Bermuda
・アクセス:バミューダ国際空港から車で約5分
・営業時間:9:00~17:00(最終受付けは16:30)
・電話番号: 441-293-0640
・料金:Crystal Cave $22、Fantasy Cave $22、同時購入の場合$30
・公式サイトURL:http://caves.bm/

 

St. Peter’s Church

St. Peter’s Churchは、セント・ジョージ・タウンにある1612年に建造された英国教会。内部は木造で建築されており、天井の梁などが見える様式。

素朴で小さな教会ですが、地元の人たちに大切にされている教会。教会内部と、昔から使われていた調度品なども見学できます。

■詳細情報
・名称:St. Peter’s Church
・住所:33 Duke of York Street,St George’s  GE 05,Bermuda
・アクセス:バミューダ国際空港から車で約10分
・営業時間:10:00~16:00
・定休日:日曜日
・電話番号:(441) 297 2459
・公式サイトURL:http://www.stpeters.bm/

 

Unfinished Cathedral

@tattooed_wallflowerがシェアした投稿 – 2017 9月 19 2:31午後 PDT

セント・ジョージの市街地からタバコビーチへの道のりにある、「Unfinished Cathedral」。石造りの教会の外枠のみが残る遺跡。坂道を登りきった丘の上にあるため、湾内を見渡せるビューポイントにもなっています。

■詳細情報
・名称:Unfinished Cathedral
・住所:Duke of Kent Street, St. George’s, Bermuda
・アクセス:バミューダ国際空港から車で約11分
・公式サイトURL:http://www.bermuda.com/
1 2
Pocket はてブ

WRITER

ゆんたく
ゆんたく
日本とアジアを旅したあと、沖縄に移住。現在は、台湾在住です。アジアの路地裏から日本の離島の自然まで、好きなものを求めて旅しています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

イギリスのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ