ビッグベン4年間の沈黙へ!大晦日などは鐘を聞けるかも?

Pocket はてブ

過去157年間ほとんど休むことなく時を告げてきた、ロンドンの観光名所として知られる国会議事堂の大時計。大規模な補修工事の為21日から4年間、鐘を鳴らすのを停止することになりました。

 

ビッグベンは正式名称ではない?!

実は、時計台の正式名称は、「エリザベス・タワー」です。ビッグベンとは英国国会議事堂に付属する時計台の「鐘」の愛称なのです。

 

世界中の人達が集まる名所を綺麗に保つために…

時計の美しいフェースを保つため、5年ごとにスペシャリスト達によって掃除が行われています。時計台は高さ約96m、時計の文字盤は地上約55mの高さ。文字盤には、直径7mの鉄枠があり、312個のガラスがステンドガラスのようにはめ込まれています。

 

4年間は鐘の音が聞けない

英議会は21日正午を最後に2021年までの約4年間、鐘を鳴らすのを停止すると発表しました。塔の大規模な補修工事に伴う措置で、作業員の聴力を守るため鐘は鳴らさないそうです。ただ、大みそかや戦没者追悼の日などは特別に鳴らす予定とのことです。

ロンドンへ旅行の計画を立てている方は年末年始を狙って、ビッグベンへ!!運が良ければ鐘の音が聞けるかも⁈

参照元:http://jijiweb.jiji.com/london.html

Pocket はてブ

WRITER

半澤里奈
半澤里奈
TABIPPO専属ライター/福島県出身、夏生まれ。ファミチキが大好きなリナチキです。ボストンへ1年間留学していた経験もあり、学生時代はフリーハグやヒッチハイクしたりと思い立ったらまず行動派。将来は…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

旅に行きたくなるニュースやリリース情報

FEATURED特集

特集一覧へ