ボストン

ボストンのおすすめ観光スポット14選

ボストン
Pocket はてブ

ボストンはアメリカで最も歴史が深い街のひとつで、『自由の揺りかご』とも呼ばれる独立戦争発端の地。アメリカ最初の大学であるハーバード大学もこの地にあります。

生活水準が高く治安が良いと言われるボストンで、アメリカのルーツを感じる旅をしてみませんか?
見どころいっぱいのボストンですが、特に外せない14個の観光スポットをご紹介します!

 

これで迷子にならない!ボストンを巡る赤い道

ボストンを巡る赤い道

photo by shutterstock

ボストンを巡る赤い道

photo by shutterstock

ボストンの中心部には、道路に赤い線が引かれています。場所によってペンキが塗られていたり、レンガで作られていたりするのですが、これを辿ると、市内の主な観光地を巡ることができるのです!

旅先で地図とにらめっこしているうちに観光時間がどんどん減っていく・・・そんな経験はありませんか?

 

私も典型的な地図が読めないタイプ。この赤い線の存在を知った時「これなら初めてでも迷子にならない!なんてグッドアイディア!ボストンすごい」と思いました。

ただし、実際は途中で線が消えていたり、工事で迂回しなければならなかったりすることもあります。

 

この赤い線は『フリーダムトレイル』と呼ばれ、ボストンコモンからバンカーヒル記念塔までの全長約4km。イギリスからの独立を目指した当時の人々の軌跡を辿る、歴史の道でもあります。

リスのいる公園を抜けたり趣ある小道を覗いたりと、街歩きとしても楽しいので、ボストンを訪れたらまず歩いてみてください。

■詳細情報
・名称:フリーダムトレイル(Freedom Trail)
・住所:Greater Boston Visitor Center: 147 Tremont Street, Boston, MA 02109
・公式サイトURL:http://www.thefreedomtrail.org

 

収蔵品は50万点!全米トップクラスのボストン美術館

1

photo by museum.escubes

2

photo by museum.escubes

ボストンには全米でもトップクラスの『ボストン美術館』があります。

エジプトの出土品から、フランス印象派絵画、アメリカのモダンアートまで収蔵品は50万点を超え、その質の高さは世界レベル。ここを目当てにボストンを訪れる観光客も多いほどです。

この美術館のすごい点は、王室や大富豪のコレクションがもとになったのではなく、地元の有志によってゼロから歩み出されたことです。

開館はアメリカ独立100周年にあたる1876年。民間の人たちの熱い想いが込められた美術館なのです。

 

■詳細情報
・名称:ボストン美術館(Museum of Fine Arts, Boston)
・住所:Avenue of the Arts, 465 Huntington Avenue, Boston, MA 02115
・アクセス:地下鉄グリーンラインE支線『Museum of Fine Arts駅』下車 / オレンジライン『Ruggles駅』下車
・営業時間:
月火土日 / 10:00~16:45
水~金 / 10:00~21:45
※木金の本館は10:00~16:45、楽器展示室は11:00~16:00、日本庭園は春~初秋10:00~16:00(雨天閉園)
・定休日:4月第3月曜、7/4、11月第4木曜、12/25、1/1
・電話番号:(617)267-9300(テープによる案内)
・料金:
大人 / $18
学生・シニア / $16
7~17歳 / $6.5
・所要時間:3時間
・公式サイトURL:http://www.mfa.org

 

ハーバード大学のキャンパスライフを疑似体験

3

photo by onaneet

4

photo by easteregg

言わずと知れた世界最高峰の教育機関であるハーバード大学は、1636年に創立されたアメリカ最古の大学でもあります。

これまでに8人のアメリカ合衆国大統領、100人以上のノーベル賞受賞者を輩出してきました。
オバマ大統領やナタリー・ポートマンもこの大学の卒業生ですね。

 

残念ながら校舎や図書館は大学関係者以外立ち入り禁止になっていますが、敷地内は基本的にオープンで、学生ガイドによる無料キャンパスツアー(英語)も行われています。

独立戦争の時にジョージ・ワシントンが司令部を置いた『ワッズワースハウス』や、南北戦争の戦死者を祈念して建てられた『メモリアルホール』など複数の美術館もあります。

 

ちなみにハーバード大学の学食は、映画『ハリー・ポッター』に出てくるホグワーツの食堂のモデルになったともいわれています。

学生たちに混じって芝生の庭を歩いたり、サイエンスセンター1階のカフェテリアでランチをしたりと
ハーバードのキャンパスライフを疑似体験してみるのはいかがですか?

■詳細情報
・名称:ハーバード大学(Harvard University)
・住所:1350 Massachusetts Avenue, Cambridge
・アクセス:地下鉄レッドライン『Harvard Square駅』下車
・公式サイトURL:http://www.harvard.edu

 

最古の近代的図書館「ボストン公共図書館」

5

photo by graphicarts

公衆に無料開放された史上初の公立図書館である「ボストン公共図書館」は、ルネッサンス復古調の旧館と、フィリップ・ジョンソンが設計した近代的な新館。
ふたつのかけ離れた建築様式が同居しているのは、アメリカでは非常に珍しいことなのです。

特に旧館は美術館のように美しく、カメラを向ける観光客が後を絶ちません。
注目は階段上のライオン像でこの像には尻尾に触ると賢くなれるという、知る人ぞ知るジンクスがあるのです。

フィルムライブラリーでは定期的に新作はもちろん、旧作映画も上映されているので映画好きの方もぜひ立ち寄ってみてください。

■詳細情報
・名称:ボストン公共図書館(Boston Public Library)
・住所:700 Boylston St., Boston
・アクセス:地下鉄グリーンライン『Copley駅』下車徒歩1分
・営業時間:
月~木 / 9:00~21:00
金土 / 9:00~17:00
日 / 13:00~17:00
・公式サイトURL:http://www.bpl.org

 

ボストンに来たからには楽しみたい、クラシックコンサート

シンフォニーホール
photo by Rich Moffitt

アメリカ5大オーケストラのひとつとされる『ボストン交響楽団』。
その本拠地とされる『シンフォニーホール』でクラシックコンサートを楽しむのもおすすめです。

『ボストン交響楽団』は、1973~2002年まで小澤征爾氏が音楽監督を務めたことでも有名です。
日本に比べて安くチケットを購入できるのも魅力なので、思い立ったらぜひ足を運んでみてください。

 

『シンフォニーホール』には創建当時の椅子も並んでおり、今も専属の椅子職人によってメンテナンスが行われています。シーズン中はボランティアガイドによる見学ツアーも行われているので、ぜひバックステージも覗いてみてください。

■詳細情報
・名称:シンフォニーホール(Symphony Hall)
・住所:301 Massachusetts Ave. (& Huntington Ave.)
・アクセス:地下鉄グリーンライン(E) 『Symphony駅』下車
・営業時間:月~金 / 10:00~17:00
・電話番号:(617)266-1492
・公式サイトURL:https://www.bso.org

 

使い勝手が良くないのにファン多数!全米最古の球場「フェンウェイ・パーク」

6

photo by tedsarmy

ボストンには『全米最古』の建物がたくさんありますが、『フェンウェイ・パーク』もそのひとつ。
1912年に建設された全米最古の球場で、『MLBボストン・レッドソックス』の本拠地でもあります。

名物は手動式のスコアボードと、左翼にそそり立つ『グリーンモンスター』と呼ばれる緑色の壁です。
限られた空き地を利用して建てられたため、本塁から左翼までの距離が短く、本塁打が出やすい形状の『フェンウェイ・パーク』。
そこに立ちはだかるのが、この『グリーンモンスター』なのです。メジャーリーグで最もチケット入手が難しいと言われるのがこの球場。
老朽化やキャパシティの小ささから新球場の建設が何度も提案されつつも、ファンの強い要望で現役であり続けているのです。

もしチケットが取れなくても、球場内を見学するツアーが催行されているので、ぜひメジャーリーグの息吹を肌で感じてみてください。

■詳細情報
・名称:フェンウェイ・パークツアー(Fenway Park Tour)
・営業時間:毎日9:00~16:00の毎正時発 ※試合開催日は3時間前が最終ツアー
・電話番号:(617)226-6666
・料金:
大人 / $12
シニア / $11
子供(3~15歳) / $10
・所要時間:約1時間

 

ケネディ大統領の生家

7
photo by dreamsdocometrue

アメリカ国内で人気のある大統領のひとり、ジョン・F・ケネディの生家は、ボストン郊外のブルックライン市にあります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ