毎日を”なんとなく”過ごしている学生に読んで欲しい、TABIPPO学生スタッフで学んだこと。

Pocket はてブ

はじめまして。旅する医大生で、お酒と辛いものは苦手なきみやです。

半年ほどTABIPPOの学生スタッフとして、全国9都市とタイで開催される日本最大級の旅イベント“BackpackFESTA”の企画運営を経験しました。

本記事を通して、TABIPPO学生スタッフを学生のみなさんにおすすめさせていただきます。読み終わったときにひとりでも多くの方が学生支部や、BackpackFESTAというイベントに興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

居酒屋でTABIPPO代表の清水直哉と出会う

プロフィール:“きみや”1994年生まれ、小学生の時から硬式テニスにハマり全国大会にも出場。一年間の浪人生活を経て都内医学部医学科に入学。熱くなれるものを見つけられず、周りの医大生と違う経験を学生のうちにしたいと考え、学業の合間に旅に出る。

 

これから週6回の病棟実習が始まろうとしていたあるとき。東京の居酒屋でTABIPPO代表の清水直哉と出会い、学生支部に参加することを決意しました。

活動のキックオフから約三ヶ月遅れの2017年9月より世界一周コンテスト「DREAM」の運営メンバーや、また集客統括(イベント当日の会場の満席を目指すリーダー)を勤めました。

 

学生支部に参加したきっかけは?

参加した理由はズバリ、日本中に同世代の友達ができると聞いたからです。一つの活動をしていく中で、日本中に共通の趣味を持つ友達ができるってそんなことありますか!?

サッカーとか、テニスならなんとなくありそう。でも、「旅好きの友達」が全国に300人もできるなんて思ってもいませんでした。実際、僕はTABIPPO学生支部が活動する全国9都市に、いつ訪れても泊めてくれるような友達がたくさんできました。

 

活動内容について

具体的には 「世界一周コンテストDREAM」という学生限定のプレゼンコンテストの運営をしていました。最初はよくあるプレゼンコンテストと考えていましたが、僕の短い人生を振り返ってみてこんなに素晴らしい企画とよく出会えたなと思っています。

このコンテストは全国で1,800人もの学生からの応募があります。世界一周への熱い想いをプレゼンで語ってもらい、優勝者は世界一周に行けるという、タイトル通り夢のコンテストです。

 

参加者一人一人の熱量に冗談抜きで、胸を打たれました。面接中には参加者の強い思いを聞いていて涙を流すことも多々ありました。

99%の参加者が23歳の僕より年下ですが、これからその身一つで世界に出ていく彼らの等身大の想いと向き合う中で、少し若くなったような気もしました。笑

次の審査に進むプレゼンターは、進めなかったライバルたちの想いを背負って、『夢』のみならず人生そのものを7分の発表に凝縮して2,000人の大観衆に解き放ちます。

『夢の力』

を、人生においてこれほど強く感じられる時間は無かったです。彼らのプレゼンテーションのブラッシュアップなどのサポートに全力で取り組みましたが、発表当日に一番楽しんでいたのは観客よりもDREAMの運営スタッフだったかもしれません(人生で一番緊張もしました)。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

江袋仁哉
江袋仁哉
“きみや”1994年生まれ、小学生の時から硬式テニスにハマり全国大会にも出場。一年間の浪人生活を経て都内医学部医学科に入学。熱くなれるものを見つけられず、周りの医大生と違う経験を学生のうちにしたい…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

Backpack FESTA

FEATURED特集

特集一覧へ