ブラジルの世界遺産

2016年夏季オリンピックの開催地!「ブラジル」の世界遺産まとめ

ブラジルの世界遺産
Pocket はてブ

ブラジルでは、2014年にサッカーワールドカップ、2016年にオリンピックが開催され、世界的に注目が集まっています。南アメリカ大陸で夏季オリンピックが開催されるのは初めてです。

ワールドカップ観に行ったよ!オリンピックは絶対に観に行く!という方もたくさんいらっしゃると思いますが、ブラジルの魅力はそれだけではありません。

そこで今回は、南米で最も多く18ヶ所もあるブラジルの世界遺産を全てご紹介します。

 

イグアス国立公園(ブラジル側)

イグアス国立公園(ブラジル側)

photo by SF Brit

イグアス国立公園(ブラジル側)

photo by mark goble

イグアス国立公園(ブラジル側)

photo by Gabriel Rosa

世界3大瀑布の一つに数えられるイグアスの滝。公園内にはオセロット、ジャガー、アメリカバク、アリクイなど絶滅危惧種を含む動物達が生息しており、五種類の森林と生態系が同居する世界的にも珍しい場所とされています。

滝がまたがっているアルゼンチンのイグアス国立公園と共に、1986年に世界自然遺産に登録されました。

 

パンタナル保全地域

パンタナル保全地域

photo by Tambako The Jaguar

パンタナル保全地域

photo by Tambako The Jaguar

南米で野生動物が最も集中している地域で世界最大級の熱帯性湿地であるこの一帯には、川にはカイマンワニ、アナコンダ、鳥類ではスミレコウゴウインコ、哺乳類ではカピバラ、タテガミオオカミなど多岐に渡る動物が生息しています。

12種類もの生態系が確認されており、生態学において重要な意味をなすことが評価され、2001年に世界自然遺産に登録されました。

 

サンクリストヴァンのサンフランシスコ広場

サンクリストヴァンのサンフランシスコ広場

photo by Ministério da Cultura

サンクリストヴァンのサンフランシスコ広場

photo by Ministério da Cultura

かつて州都であったサン・クリストヴァンを象徴する建造物群が並ぶサン・フランシスコ広場。フランシスコ会の修道院、慈悲修道女会の施療院と聖堂、旧州知事公邸など、政治と宗教権力の中心地であったことが覗えます。

広場には私邸もあり、歴史地区には約1750人が、世界遺産対象エリアには40人が住んでいます。2010年に世界文化遺産に登録されました。

 

ディスカヴァリー・コースト大西洋岸森林保護区群

ディスカヴァリー・コースト大西洋岸森林保護区群

photo by mauroguanandi

アマゾンと並ぶ世界屈指の植物相の多様性を持つ保護区で、ゴールデンタイオンタマリンを代表とする絶滅危惧種が多く生息しています。

とりわけ樹木に関しては密集度が高く、1万平方メートルに約460種類もの木が生えています。ブラジルの国名の由来となったことでも知られています。1999年に世界自然遺産に登録されました。

 

フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群

フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群

photo by Ricardo Polisel Alves

フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群

photo by Fred Schinke

フェルナンド・デ・ノローニャ島を中心とした20の火山島の島々です。これらの島々と一帯の海域は国立海洋公園となっており、島の周囲には美しい環礁が見られます。

年間の平均水温が24度と暖かく、海底山脈による複雑な地形のために多くのプランクトンが生息しており、それを求める魚類が多く生息しています。2001年に世界自然遺産に登録されました。

 

サルヴァドール・デ・バイア歴史地区

サルヴァドール・デ・バイア歴史地区

photo by Dr Tr

サルヴァドール・デ・バイア歴史地区

photo by Mario Carvajal

ポルトガルの植民地であった16世紀後半から200年の間、ブラジルの首都であったサルバドール・デ・バイア。金や砂糖の交易で繁栄した頃に建てられた教会や邸宅が現在も数多く残されています。

南米の先住民、植民地時代に連れてこられたアフリカ黒人奴隷、ヨーロッパ移民の文化が融合し、多彩な文化を持っています。1985年、世界文化遺産に登録されました。

 

サン・ルイス歴史地区

サン・ルイス歴史地区

photo by UnB Agência

ブラジルで唯一、フランスの植民地となったサン・ルイス。17世紀初めにフランスが築いた新古典様式のレオエス宮殿は、現在州政府の庁舎となっており、周りは石造りの城壁によって囲まれています。

しかし、3年後にポルトガルに征服され、町にはアズレージョと呼ばれるポルトガル様式の建築物が並ぶようになりました。タイルで覆われた美しい歴史地区は、1997年より世界文化遺産に登録されています。

 

古都オウロ・プレト

古都オウロ・プレト

photo by Leandro Neumann Ciuffo

1693年にこの地の川床で金の原石が発見され、ゴールドラッシュが始まったオウロプレトでは40年ほどの間に高原から10万人規模の大都市へと発展を遂げました。

ポルトガルの植民地時代に建設された、コロニアル様式のボン・ゼズス・マトジンニョ教会やサン・フランシスコ・ジ・アシス教会などが残っています。1980年に世界文化遺産に登録されました。

 

ブラジリア

ブラジリア

photo by José Eduardo Deboni

ブラジリア

photo by Moisés Nazário

ブラジルの首都であるブラジルは、人工湖であるパラノア湖に造られた計各都市です。飛行機の形をした人工都市の機首部分に国会議事堂、行政庁舎、最高裁判所が並び、いずれも未来を連想させるモダニズムなデザインで造られています。

建設後40年未満の都市が世界遺産に登録されたのは異例ですが、1987年に世界文化遺産に登録されました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ブラジルのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ