ニューヨークに行くならブルックリンへ!おしゃれな若者を虜にするアートの街とは

Pocket はてブ

こんにちは。生まれ変わったら生粋のNewYorkerになりたい、日本人ライターの五月女です。

嘘じゃないです。割と本気です。どうやったらなれるのか日々模索中です。とりあえず、1日の始まりにスターバックスラテのグランデサイズを飲むことから始めています。

そんな来世のNewYorker(仮)がオススメするのが、ニューヨークのブルックリン地区です。このブルックリン地区、今、おしゃれな若者に注目されている地区なのです。その魅力を徹底解説します。

ブルックリン地区って?

ブルックリン地区は、ブロードウェイなどで有名なマンハッタン島の対岸、南東に位置するエリアです。ニューヨーク自体移民が多い場所ですが、ブルックリン地区はポーランド人街やヒスパニック街など多数の移民コミュニティが存在しています。

ブルックリンブームのきっかけとなったと言われているのは、ブルックリンの北西部のWilliamsburg(ウィリアムズバーグ)と呼ばれる地域。

安い賃貸物件を求めて1990年代から若者が住むようになり、再開発が進んで、活気がある地域となったのです(ブルックリン初となるアップルストアもこの地域に出来たそうです)。

とにかくフォトジェニックな街並みがつづく。

photo by 五月女菜穂

ブルックリン地区の街並みは、赤茶色の建物が続いています。特にブルックリン北部のFort Greene(フォート・グリーン)地域はまさにアメリカ映画に出てくるような街並みです。

また、ブルックリン地区はとにかくたくさんの壁アートがあります。どれもこれもレベルが高く、とてもフォトジェニック。Instagram映えするような風景ばかり。お気に入りを探してのアート散策も楽しいです。

photo by 五月女菜穂

photo by 五月女菜穂

 

オシャレなカフェや雑貨店が集結している。

photo by 五月女菜穂

photo by 五月女菜穂

古くは職人の街だったブルックリン。機械に頼りすぎず、こだわり抜いたものを手作業で生産するものづくりの姿勢は若い世代にも息づいていて、オシャレで個性的なカフェやレストラン、セレクトショップが多いのです。

日本にも上陸して話題となった「ブルーボトルコーヒー」などサードウェーブ系のコーヒーショップはいつも賑わっていますし、カラフルかつシンプルなデザインで人気急上昇中のバッグブランド「Baggu(バッグ)」もブルックリンを拠点に活動しています。

■詳細情報
・名称:Blue Bottle Coffee
・住所:160 Berry St.Brooklyn
・アクセス:地下鉄L線Bedford Av駅から徒歩4分
・営業時間:7:00~19:00
・定休日:なし
・電話番号:1-718-387-4160
・公式サイトURL:https://bluebottlecoffee.com

 

■詳細情報
・名称:Baggu
・住所:242 Wythe Ave.Brooklyn
・アクセス:地下鉄L線Bedford Av駅から徒歩8分
・営業時間:11:00~19:00
・定休日:なし
・電話番号:1-800-605-0759
・公式サイトURL:https://baggu.com
1 2
Pocket はてブ

WRITER

五月女菜穂
五月女菜穂
新聞記者からフリーライターになりました。2017年に2か月の弾丸世界一周をしてきました。好きな街はニューヨークとコペンハーゲンとホーチミン。猛烈にアイルランドに行きたいです。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ