中国・広東地方の代表的な料理とスイーツ13選

Pocket はてブ

広東料理は、その名の通り中国の広東地方で食されている料理です。広東地方とは、広東省を中心に福建省、湖南省、江西省などの地域を指します。

四大中華料理と言われているほどバラエティー豊富で人気の広東料理。特に日本で食べる中華は広東料理が多い為、日本人にも馴染み深い料理がたくさんあります。

今回は、そんな広東地方の代表的な料理とスイーツを13選ご紹介いたします。

 

紅焼排翅(フカヒレの姿煮)

Yumitaroさん(@yumi_taro)がシェアした投稿 – 2016 11月 15 1:01午前 PST

高級食材であるフカヒレを蒸して温め、軽くとろみをつけたタレをかけていただく料理です。繊維が太くて長いフカヒレほど高級とされています。

 

広東炒麺(広東風煎り焼きあんかけ麺)

豚肉や海老など様々な具が入った餡を、香ばしい中華麺の上にかけて食べる料理です。パリッとした麺に絡まる餡はまさに絶妙!

 

蟹肉炒蛋(かに玉)

日本でもよく知られている、いわゆるかに玉です。野菜や蟹肉とともに全卵を炒め、中を半熟にふんわりと仕上げいただきます。

 

福建炒飯(あんかけチャーハン)

炒飯の上にエビ、イカなどの海鮮餡をかけた料理です。名前に福建とありますが、実はこの炒飯は福建省ではなく香港で食されているものだそう。

福建炒飯の名前の由来は、福建料理は餡かけ料理が多いから、または香港に住んでいた福建人が考えたメニューだから…といったものがあるようです。

 

焼売(シュウマイ)

NDKさん(@nekosakana)がシェアした投稿 – 2017 2月 18 12:17午前 PST

定番の点心といえば、焼売は外せませんよね。ぷりっとした海老の歯応え、ジューシーな肉汁など、具材によって様々なおいしさが楽しめる人気メニューです。

 

八宝菜

chicoppleさん(@chicopple)がシェアした投稿 – 2017 2月 17 5:09午前 PST

肉、海鮮、野菜など、様々な具材をともに炒めて塩味もしくは醤油味に調味し、片栗粉でとろみをつけた料理を指します。

元々は浙江、江蘇、安徽の料理で、八宝菜の「八」は8種類の具材という意味ではなく、「多くの」という意味なのだそうです。

 

蠔油牛肉(牛肉のオイスターソース炒め)

牛肉と野菜を炒めたものをオイスターソースで味付けした料理です。牛肉とオイスターソースは相性抜群で、まさに中華料理の深い味わいを楽しめる料理となっています。

 

咕老肉(酢豚)

petervoraさん(@petervora)がシェアした投稿 – 2016 12月 6 5:57午前 PST

日本でも人気の酢豚は、中国語では「咕老肉」という表記になります。角切りの豚肉を油で揚げて野菜とともに炒め、甘酢あんをからませた料理です。

 

お粥

一口にお粥といっても、実に様々な種類があります。鶏肉やシイタケ、ホタテや白身魚など、日本のお粥とはバラエティーの豊かさが大きく違うので、旅行に行った際はぜひ試してみてください。

 

蟹黄魚翅(蟹の卵入りフカヒレスープ)

Mizmicさん(@mizrinc)がシェアした投稿 – 2015 5月 3 6:45午前 PDT

蟹と蟹の卵が入ったフカヒレスープで、贅沢な一品として知られています。広東料理の中でも、特に有名なフカヒレスープ料理です。特別な時にいただきたいですね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

中国のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ