人気スポットになるかも♡ガウディの初期作品「カサ・ビセンス」が2017年秋に公開予定!

Pocket はてブ

建築家アントニ・ガウディといえば、バルセロナのサグラダファミリアやグエル公園が有名。実は彼の作品の中には、2005年にユネスコの世界遺産に登録された「カサ・ビセンス」という建築物があります。

この度、この作品が2017年秋に一般公開されることが明らかになりました!

 

「カサ・ビセンス」って?


ガウディが初めて設計した「カサ・ビセンス」は、レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンス氏のための邸宅だそう。建物の至るところに、タイルを見ることができます。

2005年には、ユネスコの世界遺産に登録。

2014年にアンドラの銀行「モラバンク」がカサ・ビセンスを購入し、2015年から一般公開に向けて準備が進められていました。

 

どこにあるの?


カサ・ビセンスが建てられたのは、バルセロナのグラシア地区。地下鉄のフォンタナ駅から歩いて2分ほどのところに位置しています。

 

気になる中身は?

イスラム教の建築様式とキリスト教の建築様式が融合した「ムデハル様式」の影響を受けているのだとか。

カラフルなタイルや細かく鮮やかなデザインに、夢中になること間違いなし♡

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
阿部サキソフォン
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

旅に行きたくなるニュースやリリース情報