「中国の航空会社って怖くないの?」偏見たっぷりな私が改心した7つの理由

Pocket はてブ

航空券を探すとき、私には必ず心に決めていることがありました。それは「日本」、または「欧州」の航空会社を利用すること。

そして、「中国」やアジア諸国の航空会社は避けること。

なぜかと言うとこれはもう完全に偏見で、前者の航空会社は安全で、後者は「危険」という勝手な思い込みが根付いていたからなんです。

今回は、偏見たっぷりな私が中国国際航空を例に、中国の航空会社を利用して改心した理由を7つご紹介します。

 

往復15万円のフランスに7万円で行ける!

shutterstock_299400071

photo by shutterstock

憧れのヨーロッパ行きでまず苦戦するのが、航空券の値段ではないでしょうか。人気と距離があることから往復12万〜15万円なんてザラですが、それは直行便を選択してしまうから。

 
筆者が今年のGWに4泊5日でフランス行きを決意したとき、スカイスキャナーで見つけたのが中国(北京)経由の往復7万円のチケットでした。即決で申し込んだのは言うまでもありません。

お金で安全を買う人もいるけれど、「中国」だから危ないと決めつけてしまうのは、もったいない気がしませんか?

 

客室乗務員が美人で制服も可愛い!

shutterstock_103272470

photo by shutterstock

本当に失礼な話なのですが、中国人の女性はつり目で目が小さく、どこかキツい印象を持っていました。ですが実際は物腰がやわらかく、すらっとした長い足がとても綺麗。
 

台湾美人は有名ですが、中国の方も負けないくらい肌のツヤがよく、朱色の制服に映えたその透明感に思わず目を奪われたのを覚えています。

 

インターネットの噂より愛想がいい

よく口コミで見かけるのが、「ブランケットを頼んだら嫌な顔をされた」や「声をかけたら“あ?”と言われた」などです。筆者もその口コミを見てから搭乗したので、だいぶ身構えていました。

ですが中国人の老夫婦にモニターの使い方を根気よく教えていたり、前回頼んだ飲み物を覚えていてくれたりなど丁寧な一面も。

 

機内食のバリエーションが意外と多い

中華料理しかないんだろうな…と思っていると大間違い!一般的にイメージする油多めの中華料理とはちょっと内容が違いました。

FullSizeRender (8)

photo by tomomikita

ちなみにこちらの写真の機内食は、一見シチューのようですが黄色い部分はお米ではなくお芋をふやかしたもので、舌触りのよさが新感覚でとても美味しかったです!

FullSizeRender (9)

photo by tomomikita

こちらは「え、中華料理?なに?」と意表をつかれた一品です。お米もタイ米のように細長かったので、タイ料理かもしれません。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

旅行の不安や悩みを解決する