実はこんな祝い方!ヨーロッパ7ヶ国のクリスマスまとめ

Pocket はてブ

秋が終われば冬になり、一緒にやってくるのがクリスマスですよね!冬といえばクリスマスですが誰か素敵な人とデートをする人もいれば、家族と一緒に過ごす人もいます。

クリスマスの過ごし方は人それぞれですが、いつかきっと本場のクリスマスを素敵な人と一緒に体験してみたいはず!そこで今回はヨーロッパ各国の素敵なクリスマスをまとめてみました。

 

そもそもクリスマスってなんなの?

クリスマスの代名詞 クリスマスツリー

Photo by zaimoku_woodpile

イエスキリストの降誕祭を12月25日に祝っていましたが、ユリウス暦という暦を使用するものは1月7日にクリスマスが行われていました。そもそもイエス・キリストの誕生日ではないのです!

クリスマスツリーを飾ったりプレゼント交換などを行う文化は宗教的な意味はなく、ある一部の地域で始まった習わしが広まって今のような家族や大切な人とステキな時間を過ごすようなクリスマスへと変わっていきました。

 

ドイツのクリスマス“Advent”

photo by shutterstock

10月最終日曜日からドイツでは冬時間になり人々はこれから始まるクリスマスに向けて準備を始めます。ドイツの人々にとって一年で一番大事な行事、クリスマスの準備の期間のことをAdvent(アドベント)と呼んでいます。

クリスマスプレゼントはクリストキント(キリストの子)が持ってくるという言われがあり、ニュルンベルクで開かれるドイツ最大級のクリスマス市では町中の女の子の中からクリストキントが選ばれて綺麗な衣装を着てパレードに出ることが出来ます。ヨーロッパでクリスマスイベントが一番多く開かれているのがドイツのクリスマス。

あちこちの町で開催されるクリスマス市ではそれぞれの町で異なる文化を体験できます。特にケルン大聖堂の盛大なクリスマスイルミネーションは圧巻です。

 

フランスのクリスマス“Noël”

photo by shutterstock

キリストの降誕を祈るという意味でクリスマスになると家にベビーベットを置いてその中に土偶または木製の人形を入れるCrèche(クレッシュ)という風習があります。またフランスのクリスマスケーキといえばブッシュドノエルですよね!

昔は大きな薪を12月24日から1月1日まで燃やし続けるという風習があり、それにちなんで薪の形をしたブッシュドノエルが考えられたようです。フランスのカトリック「ノートルダム寺院」でのクリスマス・ミサなど様々な行事もあるフランスのクリスマス。パリの凱旋門からコンコルド広場まで伸びるシャンゼリゼ通りはクリスマスイルミネーションでとても綺麗に飾られます。

パリのショーウィンドウはすべてクリスマス仕様になり女の子にとってはたまらないのではないでしょうか。

またフランスには多くの世界遺産があり、クリスマスシーズンのみならずいつ訪れても楽しめる国です!こちらの記事でフランスの世界遺産をまとめて見ましたのでご覧ください!「フランスの世界遺産を美しく捉えた絶景写真・画像11選

 

オーストリアのクリスマス“Advent”

オーストリアもAdventを有する国の一つ。また新年の日には世界的に有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるクラシックコンサートNeuJahrsKonzert(ニューイヤーコンサート)が開かれます。

オーストリアにある音楽と芸術の町ウィーンの一番人気のクリスマスマーケットはウィーン市庁舎前で開かれていて、ホットワインなどを楽しむことが出来ます。音楽と芸術を楽しみながらクリスマスを過ごしたい人にオススメです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

田上大輝
田上大輝
朝ごはんはグラノーラ派です。
TABIPPOインターン生のじょにーです!大学ではコミュニケーション学を学びながら観光学も専攻。ワーキングホリデーから世界一周へと飛び立つ予定。将来の夢はアメリカ移住。多趣味で浪費癖はピカイチ。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

イベント

FEATURED特集

特集一覧へ