停電も水不足も頻繁に起こる「キューバ」に私が惹かれる理由

Pocket はてブ

昨年アメリカとの国交が半世紀ぶりに回復し、今年に入ってアメリカ・オバマ大統領訪問、ローリングストーンズのコンサート開催、シャネルのファッションショー開催と、止まっていた時計の針が一気に動き出した国・キューバ。

4657882478_df026149d2_b

photo by b+c+c+f

そんなキューバを昨年5月に訪れてキューバの虜になった筆者が、さらにキューバを知るためにキューバに留学経験のある、日本人ラテンシンガーでダンスのインストラクターもされているAya Sagarra(アヤ サガーラ)さんに話を聞いてきました。

Ayaさん(写真左)は、2011年1月から2013年5月までの2年5か月、音楽とダンスの勉強のためにキューバ・ハバナに留学し、今は夫であり、キューバ音楽デュオ「Ex corde」のパートナーであるキューバ人のYaxell(ジャセル)さんと子どもの3人で日本で暮らしています。そんなAyaさんにキューバに住んだ日本人だからこそわかる、キューバの魅力を語ってもらいました。
あや2

photo by Aya Sagarra

 

地球の裏側で起こったことまで心配するキューバ人

――ずばり、留学してみて分かったキューバの魅力とは何でしょうか?

Aya Sagarraさん(以下 Aya):人が温かいことですね。私が留学したばかりの2011年3月、キューバにいる時に日本では東日本大震災が起きました。キューバ人にとっては地球の反対側での出来事のはずなのに、私が日本人だとわかると「家族は大丈夫?」「日本は大変だね」とみんながすごく心配してくれたんです。留学中、困っていると幾度となく助けてくれたキューバの人たちですが、そんなところにも人の温かさを感じました。

 

――確かに人が温かいことは、筆者がキューバに行った時にもとても印象的でした。他にも「人」にまつわる印象的なエピソードはありますか?

Aya:キューバで長距離バスに乗った時のことです。ハバナからサンティアゴ・デ・クーバの移動で現地の人しか乗らない長距離バスに乗ったのですが、バスは中国製のバスで、車内は赤ちゃんからお年寄りまで乗って満員。

そんなバスで約16時間移動したのですが、途中で1歳にも満たない赤ちゃんが泣きだしてしまうんです。新米ママは満員の車内でどうすることもできず、あたふたしていると、周りの人たちが協力して赤ちゃんを泣き止まそうとしたのです。

男性が子供を笑わそうとしたり、離れた席からおばさんが出てきて子供をあやしたりして、みんなの力で子供が泣き止むと車内が歓声に包まれました。新米ママのピンチに、みんなで助け合う姿が非常に印象的でした。

そんな助け合いが根付いているキューバでは「子供は国の宝」という考えが浸透し、みんなで育てる習慣があるそうです。

 

時間が止まったからこそ生まれた「奇跡の街並み」

pixta_17989843_S

photo by pixta

――そんなキューバの見所はなんでしょう?

Aya:スペイン統治時代に建てられたスペイン調の建物が立ち並び、レトロなアメ車が今も走る「街並み」ですね。半世紀以上前から時間が止まっていて、建物も車も色あせています。ですが、そこに暮らす人々は助け合いながら楽しく過ごしている。そのギャップも見所だと思います。

時間が止まったからこそ生まれた「奇跡の街並み」が、キューバにはあります。そんなキューバはアメリカとの国交正常化で変わりつつあります。この景色がこれからずっと見られるのかどうかはわかりませんね。

 

――キューバ音楽を聞くのにオススメのスポットはありますか?

aya6

photo by Aya Sagarra

Aya:私は留学中、キューバ第2の都市・サンティアゴ・デ・クーバにも滞在していたのですが、その街のライブハウス、カサ・デ・ラ・トローバ(Casa de La Trova)というライブハウスが一番おすすめです。サンティアゴ・デ・クーバはソンというサルサの元になったジャンルが生まれた土地です。カサ・デ・ラ・トローバでは毎日日替わりで地元のミュージシャンが演奏し、昼間から深夜まで営業しています。

ちなみに、毎年3月サンティアゴ・デ・クーバでは、フェスティバル・デ・ラ・トローバ(トローバ国際音楽祭)が開催されます。ソンやトローバを聞きに行くなら、絶対に行った方がいいです。このフェスティバルには、地元だけでなく海外で活躍しているミュージシャンも集まり、街中が音楽で盛り上がります。

 

キューバに行くときに注意すべきこと

Havana Cuba

photo by pixta

――キューバに女性一人で行ってみて、治安はどうでしたか?

Aya:決して良いということはありませんが、悪くもないと思います。なるべく危ない場所には行かないように用心していたこともあり、怖い思いもしませんでした。ただ、騙されて悔しい思いをしたことがあります。

キューバの生活が慣れ始めた頃、街行く人に「ライブの情報を教えてあげる」と英語で話しかけられ、喫茶店で話を聞くことになったのですが、いつまで経っても情報をくれず、挙げ句の果てに通常の10倍もの値段のモヒートを奢らされるという体験をしました。その経験から、英語で話しかけてくる優しいキューバ人には警戒するようになりましたね(笑)

 

――これだけは気をつけた方が良いことはありますか?

1 2
Pocket はてブ

WRITER

リーマントラベラー東松
リーマントラベラー東松
東松 寛文(とうまつ ひろふみ)1987年岐阜県生まれ。平日は激務の広告代理店に勤務する傍ら、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは575点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

キューバのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ