【旅人必見】人気上昇中のキューバ!訪れる前に確認したい、オドロキの3つの常識

Pocket はてブ

先日、オバマ大統領が首都ハバナを訪問し、犬猿の仲だったアメリカと接近中のキューバ。

さらに英ロックバンドのローリングストーンズがハバナでコンサートを開催し、話題になりました。キューバへの資本流入がますます進みそうです。

社会主義国家特有のキューバの雰囲気が変わってしまうかも!?

ということで、最近は駆け込みキューバ旅行ブームが到来中です。

ただし、キューバは社会主義国であることもあり、普通の旅行と勝手が違うこともあります。そこで実際に現地を訪れる際に、キューバで注意すべき3つのポイントを紹介します。

 

カードが使えない上に、通貨が2種類ある!

shutterstock_3351786

まずは、お金に関することから。

「通貨が2種類あって、両替で慌てた!カードが使えるお店もほとんどないです。」

旅行でお金に困ったときに登場する救世主といえば、クレジットカード。ですが、キューバではほとんどの店でクレジットカードが使えません。ただしVISAカードのみ、市内のATMでキャッシングすることができます。

なので、基本的には現金で買い物をするのですが、なんとキューバでは2種類の通貨が流通しているのです!

 

キューバの通貨・ペソは、観光外国人用の兌換ペソCUC(クック)と、現地人用のCUP(ペソクバーノ)に分かれています。兌換ペソCUCはドルと同じレートとなっており、基本は1CUC=25CUPとなっています。

両替方法ですが、ドルだと高額の手数料をとられるので、日本円から両替しましょう。(1CUC113円、1CUP4円 2016/03/26現在)街中にある両替所CADECA(カデカ)で行うのが安心です。

 

まず日本円をCUCに両替します。

5、10、20CUCなど細かい紙幣に替えると使い勝手がよいでしょう。次にそのうちの10CUCを、250CUP(約1,000円)に替えてもらいましょう。キューバ人の平均月収が500CUPなので、十分足ります。

shutterstock_92190526

なんのために2種類にしているかというと、使える場所や買えるものを、外国人と国民の間で区別するためです。

例えば、カサ(CASA、民宿)と呼ばれるホテルやお土産やさん、小綺麗なレストランなどで、観光客が使うと想定されているのが兌換ペソCUC。一方、現地の人々が使う飲み屋や食堂では、ペソクバーノCUPでの支払いです。

余談ですが、CUPで払う大衆食堂の料理のほうが、観光客向けの料理より美味しいという噂です。キューバ人のリアルな生活に触れたい方にはオススメ。穴場をみつけてみてください。

スクリーンショット 2016-04-01 20.51.36

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Iku
都内大学3年生。メキシコに1年間留学してました。 旅した国: メキシコ・アルゼンチン・ウルグアイ・カナダ・アメリカ・韓国・タイ・オーストラリア・シンガポール・インドネシア・イギリス・スペイン…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

スペイン語留学