ダークツーリズムとは、繰り返してはいけない悲劇を巡る旅

Pocket はてブ

世界に飛び出したのなら、心を動かされる絶景を見るのもいいけど、歴史の重みを胸に刻むことも必要。

近年では「ダークツーリズム」というものが話題になっています。ダークツーリズムとは、歴史的な悲劇の起きた場所を訪れ、亡くなった方を悼み、そこから学びを得る旅のこと。

臭いものには蓋をしたくなる。でも、それでは未来は変わっていかない。ちょっと重い内容になりますが、歴史が残した負の遺産たちを紹介します。

 

奴隷貿易の島、ゴレ島(セネガル)

goree

photo by Rachel T. Ribas

セネガルにあるゴレ島は、奴隷貿易の島。ここから送られた奴隷は2000万人とも言われています。上の写真の「奴隷の家」では、150人~200人ほどの奴隷たちが性別や年齢などに分けられて狭い部屋に押し込まれ、鎖で繋がれ、焼き印を押されて家族の元を去っていったそう。

船にもぎゅうぎゅうに押し込まれ、当時の航海では無事新大陸につけた人はほんの一部。そして、死んだ人は鮫の餌にされていたそうです。

 

一夜にして出来上がり、25年の間人々を隔てたベルリンの壁(ドイツ)

一晩にして突如出来上がったベルリンの壁は、約25年もの間人々を隔てていました。急に家族と離れ離れになった人たちが沢山いて、命がけで壁を超える人々もいたそうです。

壁が崩壊された時の穴も、生々しく残されています。また、ベルリンには、様々な負の歴史を伝えるものが残されており、ユダヤ人大量虐殺の犠牲者モニュメントも必見です。

 

150万人のユダヤ人が虐殺されたアウシュビッツ(ポーランド)

Auschwitz

photo by PolandMFA

多くの人が耳にしたことのある、ナチス政権によるホロコースト。そのナチス政権時代最大のユダヤ人強制収容所がここアウシュビッツにありました。大量殺害のためのガス室や、人体実験の行われていた場所などその惨さに言葉を失ってしまいます。

 

ヤヌコビッチ元大統領の豪華な私邸(ウクライナ)

yanu

photo by karval2

市民を大量虐殺した容疑で現在国際指名手配されているヤヌコビッチ元大統領。彼は、国中が貧困に悩まされている中、放漫な金遣いで敷地内にものすごい豪華な建物を建てまくっていました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

あしか
芦立香織
一級建築士の建築女子旅
2015年2月に脱OLして、世界の建築が生み出す素晴らしい空間に会いにいく為にヨーロッパ一周中。それまでは、組織設計事務所でお仕事してました。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

歴史

FEATURED特集

特集一覧へ