国内線の機内持ち込みで注意しておきたいアイテムを紹介

Pocket はてブ

飛行機に乗る際、気になるのが機内へ持ち込めないアイテムではないでしょうか? 国際線ほど厳しくありませんが、国内線でも注意しておきたいアイテムが存在します。それでは、早速見ていきましょう。

 

1. 先の尖ったもの(ハサミ、爪切り、ヒゲソリ)

shutterstock_100139084

一番悩まれるのは先の尖ったものではないでしょうか?国内線では化粧品に使われる小さなハサミ(刃の長さ4cm以下)であれば持ち込み可能です。また、爪切りも持ち込むことができます。

ヒゲソリは一般的なT字型のヒゲソリ、電気カミソリは持ち込みOKです。

 

2. 喫煙用ライター

喫煙用ライターの持ち込みルールは少々、複雑です。喫煙用で10cm未満のライターに限り、持ち込み可能です。その際、自分の体に身に付けておく必要があります。

喫煙用ライターと安全マッチをセットにして持ち込むことはできませんので、ご注意ください。

 

3. 飲料水

shutterstock_359872097

国際線では何かと制限の多い飲料水ですが、国内線では基本的に持ち込むことができます。ただし、アルコールの場合は注意が必要です。アルコール度数24%~70%のお酒を持っている場合、1人につき5Lまでとなります。

また、アルコールの場合は検査で中身を確認することがあります。

 

4. 化粧品、香水、医薬品

飲料水と同様に基本的に機内へ持ち込むことができます。ただし、1容器あたり0.5kg、もしくは0.5L以下、1人あたり2kg、もしくは2L以下となりますのでご注意ください。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

持ち物

FEATURED特集

特集一覧へ