英語の文法

偏差値40代からTOEIC730点!英語の文法を効率的に学習する7つのコツ

英語の文法
Pocket はてブ

「英語が話せるといいだろうなあ」、海外旅行に行くと誰しもそう思うはず。しかし、英語が話せるようになるには英文法を勉強しなくてはなりません。そこで、今回は英語の偏差値40代(高校)からTOEIC730点を取得した筆者が実際に行った英文法の勉強方法をお伝えします。

 

1. 文法書はコンパクトな物を選び繰り返す

s_ashilasさん(@s_ashilas)が投稿した写真 – 2016 4月 25 5:02午前 PDT


まずは文法書を購入するために本屋に行きましょう。本屋に行くと英文法に関する本がズラッと並んでいます。受験勉強をするわけではないので、基本を押さえたコンパクトな文法書を選ぶのがコツ。コンパクトな文法書を何回も繰り返すことが大切です。

 

2. 文法書は1ヶ月でやり切る


英語だけでなく日本語にも言えますが、それぞれの文法は関連付けられています。あまりダラダラやっていると、前に勉強したことを忘れる可能性があります。そこで、文法書はなるべく超速で終わらせましょう。

目標は遅くとも1ヶ月。まずはやり切る。そして、あやふやな箇所は後で見直せばいいのです。

 

3. 例文は20回音読、音読こそが語学学習の肝


英文法の勉強のみならず、語学学習において音読は極めて重要です。読めない文章を聞くことはできません。英文法の本には必ず例文が掲載されていますから、学習を終えた後で例文を最低20回は音読しましょう。

スキットがあるタイプでしたら、スキットを音読するのも効果的。CDで覆いかぶさるように話す訓練(シャドーイング)はリスニングの強化にもつながります。

 

4. 単語は文章で覚えるのがコツ

海月さん(@1623_study)が投稿した写真 – 2016 11月 28 6:26午前 PST


英文法と英単語の勉強を密接に結びついています。英単語を覚える際は必ず文章で覚えましょう。文章で覚えることで、その単語が文章上、どのような役割、使われ方をしているのか理解することができます。

また、動詞を覚える場合は意味だけでなく、動詞の後に名詞が必要か(他動詞)必要でないか(自動詞)をチェックすることも大切です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

勉強法