語学の習得が難しい3つの要因と、簡単に習得する6つの方法

Pocket はてブ

語学の習得を新たに始めたものの思うように成長しないなんてことありませんか。心配しないでください。あなただけではありません。母国語に加えて、他言語の習得に対して必要に応じて成長する、スーパーフレキシブルな脳を持つ子供に比べて、大人にとって語学の習得は難しいでしょう。

しかし、そもそもなぜそんなに外国語を学ぶことは難しいのでしょうか?単純に考えると、頭の中(脳は新たな認知フレームワーク建てる必要があります)と時間(一貫した練習を継続させることを求められる)を両立させなければならない点に難しさを感じるのでしょう。

しかし、さらに考えられる点があります。この記事では、語学が難しい3つの主な要因を探求していくと同時に、語学の習得が軽快に進む為により簡単に習得が可能な6つの方法をお伝えします。

 

脳の働き

世界には、なぜスペイン語の習得が早い人と、かろうじて”オラ”をボソボソと言える人がいるのだろうと考えたことはありませんか?そう、脳のユニークな働きによって言語習得の方向性を前持って決めることができます。

McGill大学の調査からすると、参加者を12週間フランス語のコースを受けてもらい、コースを受ける前と後ろでどのような違いがわかるかの脳を徹底的に調べました。結果、スピーキングとリーディングに関わる脳中枢の間で起こる強い繋がりが、高い実績の参加者に見られました。

これは、何人かは、語学に備える力があるということを示しています。しかし、だからと言ってその他の人は挑戦すらするべきではない、という意味ではありません。

 

学習方法

夜間のクラスに参加したり、語学留学したり、アプリを使ったり、外国人と話したり、海外インターンシップ、徹底した語学コースなど語学を習得できる手段は様々です。しかし、大人にとって、子供のように毎日教育されながら”潜在して”学ぶことは難しいということは明らかです。残念ながら洗練されてきた大人の脳が学習を妨げるのは間違いありません。

大人は単語を蓄積して学習する傾向にあります。しかし、どのようにそれぞれの単語を文法的に正しい形として作り上げることを知りません。

MITの研究者は、外国語の微妙なニュアンスをピックアップする能力を妨げる要因を綿密な分析で大人の傾向を指摘しています。そして、過度にストレスを持つことは、最良の結果をもたらさないとされています。

 

Voxyのケイティ・ニールソンは”オブジェクトとしての言語の考え”の中で苦言しています。”歴史のクラスでは年代順に学び、各年に何が起こったか学んで行きます。それが、語学に適した学び方とは限りません”と彼は言います。”暗記不可能な言葉のルールに対して、会話力を期待してしまいます。”

そして、その結果、”オブジェクトとしての言語の考え”の知識が増えていきます。覚えた単語を説明できるものの使い方を知りません。

彼女は、”スキルの向上”のプロセスを考える方が楽かもしれませんと言及しています。改善が必要か?まず完璧を求めることはしないでください。アプリや、授業、旅行などどんな手段でも利用して間違いを恐れずに学び続けましょう。間違いをむしろ楽しみ、自分の愚かさを感じることに気づかされるでしょう。

 

言語間の類似

実に共感!母国語よりもむしろはるかに異なる他の言語を学ぶことは、簡単ではないです(考えてみてください。英語を話す人は、韓国語の習得に苦しみませんか。タイのネイティブはアラビア語に格闘することなく、習得できるでしょうか)。

これらの難しさがわかる学習は、挑戦することへの個人的な反感があるためではありません。しかしむしろ、神経学的な優先傾向を示唆して、Donder研究所の研究者と心理言語学のMax Plank研究所は、私達の脳は、言語間の類似する部分に対して無頓着ではないと指摘しています。

さらに、私達の脳は、似ている形の外国語を捉えるために母国語の文法や文字を助けるはずです。心理言語学教授のヌリア・サガーラは、大きく異なる言語の学習者には、その先の大きな挑戦があります。”母国語が外国語と似ているなら(例えば、母国語が形態学を持っていたり、ロシア人がスペイン語を学ぶように異なる豊富な形態学を習得しています)、苦労はしないでしょう。”

 

旅を楽なものにする方法

語学を習得している時は、価値が何もないと感じるほど、100%楽とは言えないと同時に、継続すれば楽しさと、成功が待っているはずです。さあ、あなたはどうしますか?

 

自分自身とゴールを知ろう

あなたは、なぜこの言語を学ぼうと思いましたか?専門的な理由?それとも楽しいから?家族をコミュニケーションをとるため?頭の中にあるゴールで、積極的に学習に必要なもの、やらなくていいものをを取り除く機会を探りましょう(例えば、仕事で使う単語は、長旅で北米を案内する為に必要な言語と非常に異なります)。

全て学習した先のゴールに接点を当てることは、燃え尽きずにまっすぐ突き進む手助けをしてくれます。

 

子供らしい楽しみ方を見つけよう

私達の脳は子供の脳のように、フレキシブルに対応しないと同時に好奇心は旺盛なはずです。熱中して遊ぶことキーアイテムとなります。

そして、大人にとって最良のアプローチは、その国の言語を使って授業を受けること(フランスで、フランスの料理を学んだり、スペイン語でサルサを踊ったりなどです)、旅行や文化に浸ることに加えて、勉強が一緒になった留学プログラムに参加することにあります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

勉強法

FEATURED特集

特集一覧へ