ヨーロッパを鉄道で旅行するときの4つのコツ

Pocket はてブ

 

食堂車は先手必勝

PA030827-e1473663577466

Photo by 新田浩之

日本では全滅した食堂車(クルーズ列車は除く)。ヨーロッパでも数は少なくなりましたが、まだまだ食堂車が頑張っています。「食堂車でランチを楽しみたい」そのような方もいるでしょう。

ヨーロッパの食堂車を利用する際に、頭に入れておきたいフレーズは「先手必勝」。つまり、お昼どきになると、既に人気メニューが売り切れの場合があるのです。コツとしては少し早めに食堂車に行くこと。ランチですと11時40分くらいに行けばいいでしょう。

 

切符の購入はお早めに

-e1452068969744

Photo by 新田浩之

予め乗車する列車と日取りが決まっている場合は、切符を買ってしまいましょう。国によりますが、飛行機のように「早割」を採用している場合が多いのです。

「駅の窓口に行けないよ!」という方もご安心を。ほとんどの国で国鉄のホームページから切符を購入することができます。切符は飛行機のようなEチケット。ぜひ早めに購入して、お得な鉄道旅行をお楽しみください。

 

窓口で購入する際はメモを用意しておこう

DSC_0035

Photo by 新田浩之

よっぽど語学力に自信がある方は別ですが、窓口で切符を購入される際はメモを作っておくことをオススメします。自分の番になれば、メモをスタッフに渡すだけでOK。一分以内で切符をゲットできます。

メモには、乗車日、乗車駅、降車駅、乗車時間、利用するクラス(一等か二等か)を書いておけばいいでしょう。

 

最後に

他にもコツはありますが、とりあえずこれだけ知っておけば何とかなります。現地で慌てるのと、前もって知っておくとでは大違い!時間をロスしないためにも、頭の片隅にヨーロッパの鉄道情報を入れておきましょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

電車・鉄道