28201300652_9a39925954_b

オーストラリアのワーホリ88日間で100万円貯金!まだ僕が続ける理由

28201300652_9a39925954_b
Pocket はてブ

オーストラリアにきて半年以上。現在もワーホリ(ワーキングホリデー)を利用し、田舎町でファームジョブをしています。

今回はオーストラリアのワーホリ ファームジョブの基本的な情報と僕たちが実際にファームジョブを経験して感じたことをまとめました。

これからオーストラリアでのワーホリを考えている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

そもそも「ファームジョブ」って何するの?

27689812703_2487ace024_b

photo by NO TRAVEL NO Life

オーストラリアでのワーホリの仕事は様々ありますが、主にレストランや清掃の仕事をする「シティジョブ」と畑で野菜や果物の収穫などを行う「ファームジョブ」の2つに分けられます。

ただ、「ファームジョブ」と一言で言ってもその仕事内容は様々で、野菜や果物の種類、シーズン、地域によって大きく異なります。

僕たちがこの半年間で経験したものだけでも

収穫(ピンキング)はマンゴー、トマト、きゅうり、ズッキーニ、バナナ、かぼちゃ、パパイヤ、ビーン(豆)。

苗植え(プランティング)はきゅうり、ズッキーニ、カプシカン、チリ、オニオン、ガーリック。

そのほか、草抜き(ウィーディング)、間引き(シーニング)、箱詰め(パッキング)などなど本当に様々です。

 

実際にやってみて

28102053510_700b06a966_b

photo by NO TRAVEL NO Life

オーストラリアに来る前、「ファームジョブ=畑仕事のお手伝い」というイメージだったので、自然に囲まれて毎日楽しそうと考えていました。しかし、実際は結構大変です!

まず、ファームジョブは基本的に朝が早いです。

まだ朝日が昇る前から作業を開始することもあります。いま働かせてもらっているファームは朝7時から始まるため毎日5時半に起きています。

また、パッキング等の室内作業以外はもちろん外なので、暑い日もあれば寒い日も、雨の日だってあります。

家に帰ったらシャワーを浴びて、夕御飯を食べて夜10時には寝ています。

 

そして、オーストラリアの畑はとにかく広いです!

例えば、上の写真は1日中ガーリックの球根を植え続けた場所の写真です。

2人で約2万個の球根を植えました。1日10時間しゃがんだままで同じ作業を続けるので精神的にも肉体的にも大変でした。

10日後にはガーリックの周りに生えてきた雑草をひたすら抜くという作業を行いました。

 

じゃあ、なんで「ファームジョブ」をするの?

2709364519_47c95e9089_o

photo by martinhoward

オーストラリアのワーホリの特徴として、3ヶ月(88日間)オーストラリア政府が認める労働をすることで、ワーホリの期間をさらに1年延長できる「セカンドビザ」という制度があります。

この政府が認める仕事にレストランなどで働くシティジョブは含まれておりません。

そのため、多くの人が「セカンドビザ」の権利を得るために最低3ヶ月(88日間)ファームジョブをしています。

また、一般的にシティジョブよりもファームジョブの方が給料が高いと言われています。

オーストラリアは物価が高い国ですが、その分給料も高いです。

僕たちがいま働かせてもらっているファームは時給22オーストラリアドルなので日本円にして1,700円くらいです。

 

ちゃんと働いていれば、海外で生活しながら貯金もできてしまいます。

1 2
Pocket はてブ

Writer

「新婚旅行で世界一周!」
〜 NO TRAVEL NO Life 〜 2人の夢であった「新婚旅行で世界一周!」を実現するため超節約生活を乗り越え、2015年6月末から夫婦で世界一周の旅をスタートさせる。期限も行き先も未定⁉︎ 今を大切にし、感じたままに旅をする。 お互いのやりたいことを応援し実現しながら、夫婦の絆を深めていく旅を目指す。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

オーストラリアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧