フィジーの治安は?物価は?フィジー旅行の基本情報まとめ

Pocket はてブ

フィジーは、南太平洋に浮かぶ夢のリゾートアイランド!女子旅、カップル旅行、そしてハネムーンにもピッタリなこの島に「一度は訪れてみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか?

様々なマリンスポーツやビーチアクティビティが満喫できるうえに、フィジーは330もの島に分かれており、アイランドホッピングで手付かずの自然に触れることも可能です。

とはいえ、「よく名前は聞くけれど、実際に行ったという人がまわりにいない」代表リゾートがフィジー。

今回は、気になる2017年現在のフィジーの治安と物価について様々な角度からリサーチした結果をお伝えします!
 

2017年現在のフィジーの治安

photo by pixabay

実はフィジーは過去20年間で4度のクーデターが発生しており、直近2006年のクーデター時にも、非常事態宣言がでたことがあるのです。4度とも無血クーデターとして集結していますが、外国人観光客にとっては出獄することもかなわず大混乱に陥りました。

のどかなフィジーも、その内情は先住民政策や、財政問題などの問題を抱えており、今後も旅行中の情報収集は怠らないようにしたいものです。

また、観光客が多く集まるエリアの常として、フィジーもスリやひったくり、置き引きといった一般犯罪が多く発生しています。

外務省ホームページの情報によれば、「ケーンナイフ(サトウキビを刈るための大型のなた)を用いた強盗傷害事件や麻薬犯罪及び組織的な強盗等の犯罪が発生しているとありますから、人気のない場所や夜間の行動は絶対に避けましょう。

狂犬病やジカウイルスなどの感染症リスクがあり、動物に触らない、生水は絶対に飲まないなど、衛生維持には十分注意が必要です。
 

2017年現在のフィジーの物価

2017年前半のフィジーリエルの対円レートは、1フィジードル=45円程度で推移しています。

島国であるフィジーは、輸入に頼る食べ物やミネラルウォータなどはかなり割高になります。そして、外国人が集まる観光エリアや都市部では、明確に現地フィジー人価格と観光客価格があり、レストランやカフェでの飲食代は日本と同じかそれ以上に感じることも多くなります。

しかし、フィジー産のフルーツやシーフードは驚くほど豊富で安い!ぜひフィジーステイの際には、旅費節約も兼ねて楽しんでくださいね。
 

フィジーで絶対注意したい行動指針とは?

photo by pixabay

危険なエリアには近づかない!

ナンディ近くのデナラウ地区、ナンディ沖の離島、コーラルコーストその他の高級リゾート地では、セキュリティが充実していることもあり、まず治安は良好です。市場や観光地など人が多く集まる場所での貴重品携帯、そして夜間の行動には十分注意が必要です。

また、治安上危険というほかにも、日本ほど安全管理が行き届いているとは言えない国です。道路の整備も悪いうえに、建築ラッシュで工事現場があちこちにありますが、自己のリスクを考えるとあまり近づかないようにしたいですね。

なれなれしく近寄ってくる人は相手にしない!

外国人観光客のセールストークはどの国でも見られる光景ですが、ここフィジーは前述の通り賭博詐欺に巻き込まれるケースが非常に多いところが厄介です。

夕食を取るレストランの席でやたらと話しかけられる場合は要注意。怒らせないように注意しながら、距離を置くのが無難です。

カード利用には注意!

2015年12月以降、フィジー国内各地でクレジットカードのスキミング被害が相次いで確認されています。

スキミングとは、「スキマー」と呼ばれるカード情報を読み取る特殊な装置で情報を抜き取り、偽造カードを作成する犯罪行為を指します。このスキマーが非常に小さくできていて、容易に見つからない場所に巧妙に仕掛けることができるのです。

さらに、非接触型と呼ばれる最新スキマーは、カードに近づけるだけで情報を読み取ることが可能になっています。暗証番号を定期的に変更する、ICカード(IC(集積回路)チップを組み込んだ)に変更するなどの予防策が必要です。

なお、スキミング被害にあったことが発覚した場合は、速やかにカード会社に連絡しましょう。保険適用によって被害金額を取り戻せる可能性があります。

犬や動物には触らないこと!

フィジーの中でも地方を旅すると、アジアのほかの国々同様に犬の数の多さが目につきます。狂犬病の予防接種をしていない犬たちが放し飼いにされている状態です。犬好きであったとしても、彼らには近づかないようにしましょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

lotus
子供の頃から海外生活が長く、現在も休みのたびに旅に出る日々を送っています。現在は東欧、アジアの国々に夢中です。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

オセアニアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ