【ドイツ旅行が無料で行けるキャンペーンあり】イラストレーター五島夕夏が行く!メルヘンなお城を巡るドイツの旅

提供 : ドイツ観光局
Pocket はてブ

こんにちは、はじめまして。五島夕夏ともうします。

私は東京(の郊外)生まれ東京(の郊外)育ちの23歳で、趣味は絵本を読むこと・映画を観ること・猫を撫でること。

普段はフリーランスのイラストレーター・ライターとして活動しています。趣味から察する通り完全なインドア派で、海外旅行に関してはまったくの素人です。

 

そんな私が、なんと今回ドイツへ旅立つこととなりました。約10日間かけて、ミュンヘン〜ベルリンを巡ります。

慣れない土地への不安と期待が入り混じり、なんとも複雑な気持ち…。しかし、行くからには全力で楽しまないともったいない!

ということで、ある時は海外初心者、ある時は若い女性、またある時はイラストレーターとして、様々な目線からドイツの魅力をひも解いていきますよ〜!

 

今回のドイツの旅のルートはこんな感じ〜!

ミュンヘンからスタートし、シュツットゥガルト〜ドレスデン〜ベルリンと旅してきました!!
g-map

連載記事を一挙ご紹介! 旅してきたルート順になっています!
ダイジェスト版:【ドイツ旅行が無料で行けるキャンペーンあり】イラストレーター五島夕夏が行く!メルヘンなお城を巡るドイツの旅
第1話:ドイツの魅力がたっぷり!五島夕夏の宮殿やアートに触れるどきどきミュンヘンぶらり旅
第2話:女子旅の新定番!? シュトゥットガルト周辺が可愛い過ぎてシャッターが止まらない
第3話:ドイツには「世界一美しい牛乳屋さん」があった!女の子にオススメの街ドレスデンとは…
第4話:かわいいモノに溢れる街「ベルリン」でドイツの虜になった♡

 

長時間のフライトでも快適すぎる!空の旅

IMG_8625

いよいよ出発当日、ドキドキしながら成田空港に到着。

今回のフライトはターキッシュエアラインズさんを利用します。“ロープライスで快適な空の旅を楽しめる“と評判の航空会社さんです。

実際に、機内食が美味しいトルコ料理だったり、たくさんの新作映画をチェックできたり、長距離移動もこれなら苦じゃなーい!と大感動。アメニティが充実しているのも女性に嬉しいポイントですね。

IMG_8669

経由地であるイスタンブールの空港では、名物のトルコアイスを食べました。美味しいっ!

こうしてドイツだけじゃなくトルコも旅した気分になれるなんて、なんだかお得だなあ。

 

ミュンヘンにはじまるドイツ旅

IMG_8859

さて、無事ドイツに到着しました。わくわくな旅のはじまりでーす!まずは、ドイツで3番目に大きな都市であるミュンヘンからスタート。

赤いレンガ造りのお家、窓辺に咲いた花、永遠に続く石畳……どこを見ても、おとぎ話の世界そのもの。思わずスキップしたくなっちゃうなあ。

IMG_8759

奥に見える建物は、ニンフェンブルク宮殿。大きな庭園に囲まれたミュンヘンの観光名所です。静かな池に映る白い花と宮殿を見つめれば、のんびり優しい空気が流れます。

良い写真が撮れたので、お母さんに送ろうかな〜。

なんて時は、グローバルWiFiの出番!ドイツからもスイスイ連絡が可能です。旅先でもインターネットが使えるのは本当に助かる〜。

ちなみに今回使ったのは、TABIPPOさんとグローバルWiFiさんとのトラベラー向けのコラボプラン!業界的には相当安くレンタル出来るみたいだから、海外に行く人は使ってみてね♪

IMG_8945
もうひとつミュンヘンの観光スポットとして外せないのが、ピナコテーク(美術館)。アルテ・ピナコテークノイエ・ピナコテーク、モダン・ピナコテークの3つが隣接し、時代ごとに区分されています。

駆け出しイラストレーターとしては、どうしても訪れたかった場所のひとつです。

 

今回はノイエ・ピナコテークに入ったのですが、まずは広大な敷地にびっくり!しっかり見ようと思ったら、1日じゃ周りきれないかもしれません。ずらりと並ぶ絵画の中には、世界的に有名なゴッホやゴーギャンの作品も。

広い空間でゆっくり名画を眺める時間は、贅沢そのものですね。

 

\より詳しい様子は以下記事からどうぞ/

 

シュツットガルトと天空のお城

IMG_9161

3日目はジャーマンレイルパスを使って、天空の城とも呼ばれるホーエンツォレルン城を目指します。このパスは日本で手配できるので、現地でのチケット購入が不安な人には特にオススメです。

お城へ行くために、ヘッヒンゲンという小さな駅に降り立ちます。便利な大都市も良いけれど、現地の生活をのぞき見ることができるような可愛らしい田舎町も、また良いですなあ。

IMG_9042

肝心のお城はというと、それはもう言葉にならないほど圧巻の大迫力。間近で見ると、山の麓(ふもと)から眺めていた時には分からなかった威厳や歴史を感じ取ることができます。

たっぷりとお城の美しさを堪能した後は、ドイツを代表する工業都市であるシュツットガルトへ向かいます。たくさん歩き回ったので、ホテルに着いたらすぐに眠ってしまいました。

IMG_9351

1 2
Pocket はてブ

WRITER

五島夕夏
桑沢デザイン研究所卒業。学生時代ロシアの絵本に大きく影響を受け、絵本画家を志す。現在はフリーのイラストレーター・ライターとして活動。 2014年には同じくイラストレーターである父との…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

イラストレーター五島夕夏が行く!メルヘンなお城を巡るドイツの旅