朝ごはん

世界の朝食ベスト14!朝からご飯で元気いっぱいに♡

朝ごはん
Pocket はてブ

朝ごはんを食べることは、朝から快活に活動を行うための万国共通の方策だと言えるでしょう。朝ごはんをしっかり食べないと朝から元気に活動できないという方も多いのではないでしょうか。

日本で定番の朝ごはんがあるように、世界にも定番の朝ごはんは数多く存在しています。今回は日本、そして世界中のインスタグラムから、おいしそうな朝ごはんを14個ピックアップして紹介します。

おいしそう!と思ったら、ぜひご自分の朝の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

*編集部追記
2016年2月の記事に新たに4つの朝食を加筆しました。

 

日本の定番朝ごはん


これぞ日本の朝!といったところでしょうか。おむすびに味噌汁、そして卵焼きというなんともシンプルながら食欲をそそるラインナップが並んでいますね。

日本の伝統的な軽食、おむすびの魅力は、今後東京オリンピックを見据えてさらに世界へ発信していくべきなのではないでしょうか。

 

定番中の定番朝ごはん!目玉焼き


朝食の定番中の定番と言えば、やはり目玉焼きという方も多いでしょう。目玉焼きは日本だけでなく、世界中の定番メニューとしてまさに「朝食の王者」として君臨していますね。

目玉焼きの英訳で一般的なのは「サニーサイドアップ」ですが、これは実は焼き方をさした言葉であり、アメリカでは卵の片面だけを焼く場合にはサニーサイドアップと呼ばれ、両面を焼く場合にはターンオーバーと呼ばれています。

 

おしゃれにグラノーラで朝ごはん


近年日本でも朝食の定番として定着した感のあるグラノーラ。もともとは19世紀後半に原型が誕生している、大変歴史のある健康食品だと言えます。

1960年代、ヒッピームーブメントの最中にあったアメリカで、自然食、健康食志向が広まったことから絶大なる人気を誇っていました。現在でもアメリカを始め、世界各国で朝食の定番となっています。

 

お腹がすいたらスニッカーズ

朝から甘いものはきつい、という方も多いかと思いますが、日本に限らず様々な国でスニッカーズもまた朝食の定番メニューとして安定した人気を誇っています。

スニッカーズは1930年にアメリカで誕生し、小さいながらも1本で250キロカロリーほどの栄養を摂取できることから、アメリカ軍でも常用されているお菓子です。

 

軽食の定番、サンドイッチ


もはや国を超えた軽食の定番、サンドイッチは、挟むものの内容によってボリューム感を調節できるというところも魅力ですね。

ガッツリ行きたい方にはガッツリ目の、それほど胃に食べ物を入れたくない方はあっさりとしたものを挟んでいただきたいところです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

mery_72
mery_72
北海道札幌市在住。北海道を中心に国内旅行が好きでよく旅をしています。北海道は移動が大変な反面、素晴らしい景観や自然がそこかしこにあり、日がな車を走らせています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ

FEATURED特集

特集一覧へ