水上飛行機でフィジーの「天国」へ!ハードすぎるKEIのゴープロキャンプ奮闘記

Pocket はてブ

こんにちは!旅するクリエイターのKEIです。世界中で撮った絶景はInstagramにて公開中です!

GoProファミリーが厳選!旅に欠かせない4つのアクセサリーと、抜群のアクション【知らなきゃ損!】旅先でGoProを使いこなす5つの使い方 の記事で書いている通り、僕は日本に20人ほど・世界に600人と言われているアクションカメラ・GoProのオフィシャルファミリー(アンバサダー)としても活動しています。年に数回、ゴープロファミリーとしての活動があるのですが…

 

アクションカメラ・GoProを片手に楽しむゴープロファミリーのキャンプは、毎度毎度スケジュールがタイトで、しかもGopro映えする「アクティビティ」が豊富なので、体力と精神力の戦いです。それに加え、毎回イベント中にベストフォト、ベストムービーといったハイレベルなGoProでのショットで競い合うコンテンツが用意されています。

今回は、人生初の海外でのGoProイベント参加!日本から召集されたファミリーは僕を合わせて5人!そんな5人のフィジーでの奮闘記をシェアします!GoProショットのコツも説明していくので、そんなノウハウも一緒に楽しんでくださいね!

 

人生初の水上飛行機でパラダイスコーブへ

皆さんは「水上飛行機」に乗ったことはありますか?文字通り飛行場からではなく、水上から離陸する飛行機です。イメージはインディージョーンズが慌てて乗り込む小さな飛行機。アレです。

GoProジャパンのスタッフに「Mr.自撮り」と呼ばれている僕…。今回も、水上飛行機の前でバッチリ自撮りをして来ました。

 

Photo by Kazuki Kiyosawa

GoPro自撮りの究極のポイントは「タイムラプス1枚/0.5秒」設定でショットすること。たくさん撮って、あとで良いものを選びましょう!

もちろん着陸するのも海面で、なかなか貴重な経験をすることが出来ました!飛行機って小さい機体ほど揺れるんですね。いつかプライベートジェットにも乗ってみたいなぁなんて、まだまだそんな贅沢しなくとも楽しめるのが旅人ですよね。

Photo by Kazuki Kiyosawa

到着したのは、フィジー・ナンディから1時間のところにあるアイランドリゾート「パラダイスコーブ」!見てくださいこの透き通った海!世界中の海を見て来たけど、こんなに美しい海は本当に初めて。

ちなみにこれはGoPro Hero5を取り付けたドローン「Karma」で撮影!こんなに綺麗な海でドローンを飛ばせるなんて、めちゃくちゃ気持ちが良かったです!

 

ゆっくりしている暇もなくご来光を浴びにNaviti アイランドへ

Photo by Kazuki Kiyosawa

ココナッツ片手にハンモックでゆらゆら〜。人々はここ「パラダイスコープ」のことを「天国」と呼びます。このPOVショットはGoPro HERO6でショット。最近、こういった1人称目線のものがトレンドになっていますが、差別化をはかるためにも僕は必ず、その場所にあるものを持ちます。

ということで、今回はココナッツを片手に持っているわけですね。「はぁ、ここは本当に天国」とゆっくりしているのもつかの間。

 

Photo by Kazuki Kiyosawa

翌朝AM4:00にはパラダイスコープから船で40分ほど。Naviti アイランドで約4kmのご来光トレッキング。その前夜にも、カヌーやシュノーケルとタイトなアクティビティーが続いてからの4時からのトレッキング。さすがゴープロファミリーと言うべきか…。

ハードなスケジュールにもアクションカメラ片手に、楽しんでいました。山頂からは、島を一望!相変わらずGoProは夕日や朝日の色を美しく捉えてくれます。また、小さくてこのようなスポーツシーンにも荷物にならない!Hero6のHDRモードを使えば、加工せずともこのような迫力のあるシーンをショットしてくれます!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

清澤一輝
学生時代にバックパックひとつで、世界を西回りにぐるりと一周。日本にいた頃は英語も喋れず、今まで”ひとり旅”もしたことがなく「世界一周」がはじめてのひとり旅。人生において1番大切なことは「行動」し、…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アウトドア・キャンプ

FEATURED特集

特集一覧へ