隠れた芸術的な世界。アートまみれのトンネル「Graffiti tuunel」5選

Pocket はてブ

壁に描かれている「グラフィティアート」は、日本ではあまり見られませんが、海外には寛容な国が多く芸術的な塗装が多く見られます。

もちろんどこでも描いていいわけではないので、建物の壁面や地面、トンネル内をアーティストに提供している場所があります。

今回ご紹介するのはその中でもなかなか目にすることのない、アートにまみれたトンネル「Graffiti tunnel(グラフィティトンネル)」。

ただ、Graffiti tunnelと検索しても日本語ページが全くヒットしないほど日本においての知名度は低いため、探すのは困難かもしれません。

しかし、この芸術を知らずして海外の町歩きはもったいないの一言に尽きます。

地下部分以外は位置情報も掲載しますので、お近くに旅行した際は是非立ち寄ってみてください。

 

Krog Street Tunnel-アメリカ,アトランタ

15789554024_4864ffbc66_k

photo by Lee Coursey

ジョージア州アトランタの高級マーケットであるクロッグストリートマーケットのほど近く、鉄道の高架下にあるこのトンネルは地元アーティストに解放されており、グラフィティを用いてイベントの告知をするなど、掲示板としての役割も一部担っています。

 

Leake Street Tunnel-イギリス,ロンドン

14499468520_faebea5d12_k

photo by Norlando Pobre

グラフィティ界の巨匠であり正体不明の覆面アーティスト、バンクシー。

彼が集めた30人のアーティストと共に開催したアンダーグラウンドな伝説的グラフィティイベントThe CANS Festival。そのイベントの開催地こそがここLeake Street Tunnelです。

2008年に開催されたThe CANS Festival以降はアーティストが合法的に制作できる場として提供されています。

 

Sydney University-オーストラリア,シドニー

7999718549_1517a2b884_b

photo by Newtown graffiti

ここはなんとシドニー大学の校内。

このトンネル部分だけ落書きが許されており、オーストラリア最古の大学の落ち着いた校舎の雰囲気とは相反してカラフルな一角となっています。

ちなみにこのシドニー大学、ほかにも変わっていることが。それはなんと、校内にバーが二軒もあるんです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

幼少期は北朝鮮首都平壌で立ちションしながら育ち、21才で最速の独立を果たしたフリーランスの美容師、世界中のストリートで髪切ってたり切ってなかったり。常に面白いことを探しています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館

FEATURED特集

特集一覧へ