ハワイでおすすめのダイビングスポット8選

Pocket はてブ

皆さんはハワイでダイビングをしたことがありますか?ハワイといえば綺麗な海を連想しますが、ビーチ止まりでなかなかダイビングまでしたことがある方は少ないのではないでしょうか。

今回は、ハワイでダイビングをする際におすすめの8つのスポットをご紹介します!

 

まだ誰も知らないハワイを探しに行こう

この記事では、TABIPPOのモノづくりブランド「PAS-POL」より発売された「365日ハワイ一周絶景の旅」のスポットを抜粋しています。

「こんな景色がハワイにあったんだ」
「次はどこに行こうかな」
それぞれの島が異なる表情を見せてくれる楽園、ハワイ。

何度訪れても知り尽くすことができないその本当の姿を伝えたくて。
ハワイ各地から365ヵ所の絶景を集めた、一冊の本をつくりました。

 

コナの海

photo by John A. Anderson/Shutterstock.com

ハワイ島の西側、コナの海。シュノーケリングをすれば、さんご礁の間をスイスイと泳ぐ魚の多さに驚かされる。色鮮やかな魚が目の前を通り過ぎていく。もちろん海の透明度も抜群。海の中の視界も良好だ。

ベストスポットに行きたい場合は、ダイビングやシュノーケリングツアーに参加するのがベター。運が良ければ野生のイルカにも出会えるかも!?

■詳細情報
・名称:コナの海
・アクセス:コナツアーは主要ホテルから送迎あり

 

マウナルア ベイ ビーチ

photo by Leigh Anne Meeks/Shutterstock.com

浅瀬が続く地形を活かしたマリンスポーツの盛んな小さなビーチで、日本のテレビ番組にもよく登場している。カヌーをはじめ、パラセイリングやジェットスキー、パドルサーフィン。

普段日本の海では見るだけだったスポーツも、最高の天気の下で人々が楽しむ姿を眺めているうちに、思わず挑戦したくなってしまう。ダイビングをすれば、カラフルな魚を見ることができる。さぁ何をして楽しもう。

■詳細情報
・名称:マウナルア ベイ ビーチ
・住所:Honolulu, HI 96825
・アクセス:ワイキキ中心地からバスで50分。Kawaihae St + Opp May Way
下車、徒歩5分

 

ホノコハウ ハーバー

photo by Rintaro Kaneko

コナ空港とカイルア コナの町の間に位置する静かな港。250隻を超える小型クルーザーが整列し、ダイビングや冬にはホエールウォッチングなどに出かける船がここから出航する。

海に出なくても港で釣りに興じる人々も多く、日本では見かけないトロピカルなカラーの魚を釣ることができる。時にはウミガメが現れたり、マグロが釣れることも。

■詳細情報
・名称:ホノコハウ ハーバー
・住所:Kealakehe Parkway Kailua Kona
・アクセス:コナから車で10分

 

ケプヒ ビーチ

photo by Eric Broder Van Dyke/Shutterstock.com

以前はカルアコイ リゾート宿泊者向けのプライベートビーチだった場所だが、現在はパブリックビーチになっている。通年波は高めで、夏にはサーフィンやダイビング、ボディーボードを楽しむ人々で賑わう。

この場所から見るサンセットは見事な美しさで、太平洋の海岸線に沈んでいく太陽を眺めるには、島随一のポイントといえるだろう。

■詳細情報
・名称:ケプヒ ビーチ
・住所:end Kaluakoi Road, in front of Kaluakoi Hotel, Maunaloa, Molokai, HI 96770
・アクセス:カウナカカイから車で30分

 

カヘ ポイント ビーチ

photo by Kazuyo Hachiya

近くに発電所があることからエレクトリック ビーチというニックネームを持つ。発電所で使ったお湯を海に流しているため排出口付近の水温が上昇し、たくさんの魚が集まってきているという面白い特徴がある。

シュノーケリングやダイビングのスポットとしても知られており、絶えず波が押し寄せてくるのでボディーボードの練習の場としてもぴったりだ。

■詳細情報
・名称:カヘ ポイント ビーチ
・住所:92-301 Farrington Hwy, Kapolei, HI 96707 アメリカ合衆国
・アクセス:ワイキキ中心地から車で40分。バスでもアクセス可

 

マラ埠頭

photo by Jeanna Thacker/Shutterstock.com

ラハイナから北へ10分ほど歩いた場所にあるマラ埠頭。小型の運搬船や捕鯨活動、兵士の陸揚げに利用されていた場所。1992年、ハリケーンによって埠頭が崩壊したことにより、海の生き物が住み着きはじめた。

今では数多くの魚が見られるスキューバダイビングの人気スポットとして、多くのダイバーが集まっている。近くには浄土宗のお寺もあり、時々聞こえる鐘の音がなんとも趣深い雰囲気を演出してくれる場所だ。

■詳細情報
・名称:マラ埠頭
・アクセス:ラハイナ中心地から徒歩10分

 

ラハイナ ハーバー

photo by Joe West/Shutterstock.com

マリンアクティビティの拠点となるラハイナ ハーバーからは、シュノーケリングやダイビング、時期によってはホエールウォッチングなどに向かう船が数多く集まっており、海の冒険への出発地点となっている。

近くの芝生で横になりくつろぐ人も多く、穏やかな空気が流れている。港の背後に大きく構える西マウイの山々は、温かくわたしたちを見守ってくれているようだ。

■詳細情報
・名称:ラハイナ ハーバー
・住所:Lahaina maui Hawaii
・アクセス:ラハイナ中心地から徒歩10分

 

スピッティング ケーブ

photo by Jordan Tan/Shutterstock.com

直訳すると「つばを吐く」という意味のスピッティング。入江の横穴に海の水が流れ込んでは噴き出る様を見れば、その名前に納得だ。足場の悪い道を進んだ先にあるオアフ島東端の断崖絶壁は、火山性の地層が幾重にも重なった絶景スポット。

冬になればなるほど波は荒くなり、その迫力が増していく。波が速く上級者向きのダイビングスポットでもあるが、腕に自信のある人はぜひ潜って大自然を体いっぱいに感じてほしい。

■詳細情報
・名称:スピッティング ケーブ
・住所:Lumahai St., Honolulu, Oahu, HI
・アクセス:ワイキキ中心地からバスで1時間半。Lunalilo Home Rd + Kalanianaole Hwy下車、徒歩30分。駐車場がないので車でのアクセスはNG

 

まとめ

ハワイといえば綺麗なビーチに美しいサンセット。その絶景を浜辺から眺めるのもいいですが、思い切って透き通る海中に飛び込んでみれば、また違った見たこともないような美しい世界が広がっていますよ。

ぜひ、ハワイの海を余すところなく楽しんでみてくださいね!

Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

スキューバダイビング・シュノーケル

FEATURED特集

特集一覧へ