Hebraea

イスラエル旅行で役に立つヘブライ語フレーズ10選

Hebraea
Pocket はてブ

「ヘブライ語」は、イスラエルに住むユダヤ人が主に使用している言語で、ヘブライ語のことをヘブライ語では「イヴリート」と言います。

古代にパレスチナに住んでいたユダヤ人が母語として使用していたましたが、約2千年前にユダヤ人が世界拡散した頃から、研究、儀式、祈りなどのみに使われ、日常語としては使われなくなりました。

 

しかし、19世紀ごろからユダヤ人のシオニズムの流れとともに復活し始め、現在はイスラエルの公用語として話されるようになったのです。

つまり、日常語として使われなくなった古代語が再び復活して話されるようになったという興味深いエピソードを持っています。

 

1. まずはあいさつ Shalom!(シャローム!)「こんにちは!」

israel-162325_1280
photo by pixabay

英語で「Hello!!」と同じ意味の挨拶です。お店やレストランの店員さん、人に声をかけてみたい時など、まずは「シャローム」と挨拶してみましょう! 時間に関係なく朝でも夜でも使えます。

イスラエルでは、金曜日の日没から土曜日の日没までが「安息日(シャバット)」とされていて、シャバットになると「シャバットシャローム」とあいさつします。

「Shalom(シャローム)」は、あいさつだけでなく「平和」と言う意味も持っています。

 

2. 感謝を伝えよう Toda(トダー)「ありがとう」

thank-18624_640
photo by pixabay

人に感謝を伝えたいとき、現地の言葉で伝えてみましょう。感謝の気持ちはより伝わりやすくなります。丁寧に言いたいときには「Toda raba(トダ ラバー)」、「Toda(トダー)」と言われた時には「Bevakasha(ベバカシャ)(=どういたしまして)」と答えます。

 

3. Le-chaim!(レハイム!)「乾杯!」

hefeweizen-455578_1280

photo by pixabay 

町なかのBarやレストラン、現地の人と現地の言葉でLe-chaim(乾杯)してみましょう! お酒も楽しくなりそうですね。

ちなみに、イスラエルでよく飲まれているビールは「GOLDSTAR(ゴールドスター)」というイスラエル産のビールです。

1 2
Pocket はてブ

Writer

バックパッカー、ワーホリ、一人旅、働きながら旅をし、旅をしながら暮らしてきました。昨年、結婚し、現在は夫婦で暮らしながら旅をしています。 料理とお酒と音楽が大好物!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

イスラエルのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧