「東京すら遠い…」地方出身者が感じる海外旅行あるある99連発!

Pocket はてブ

鹿児島県出身のTABIPPOライター・もぐらのぞみです。東京や大阪などの大都市で生まれ育ったみなさん、いますぐウィンドウの左上の「←」をクリックしてください。あなたたちに鼻で笑われるために、わたしはこの記事を書いたのではないのです。

地方出身で生まれ育ったみなさん、よくこの記事にたどりついてくれました…!あなたと「地方出身だからこそ」の思いを共有する場をTABIPPO.NETさんが与えてくれたことを深く感謝します。

地方出身のわたしが、自分の経験に基づいて海外旅行あるあるを99こ選びました。頷きながら読んでください。

 

海外への憧れがスゴイ

01 海外が遠すぎて夢物語感ある。
02 海外というか東京すら遠い。
03 高校生だとまず都会に出るハードルが高くて海外が夢のまた夢に感じる。
04 社会人だと国内の移動で貴重な休みの1日分が削られてしまうの歯がゆい。
05 大学生になったら留学とかするのかなって漠然と思っている。
06 留学しなかったとしても、さすがに大学の卒業旅行は海外でしょ、と思っている。
07 卒業旅行行かなかったとしても、新婚旅行はハワイとか海外行くでしょ、と思っている。
08 とにかく具体的な予定はないものの、絶対いつか海外旅行したいと思っている。
09 旅行代理店の年末年始セールとかは欠かさずチェック。
10 大抵の出発地が都会からなのでしょんぼりする。
11 地元から出発のやつだとヨーロッパとかでクソ高い。
12 こんなん行けるかっ!と思いながらも、行ったらココは外せないよな、とか妄想が止まらない。
13 飲み屋に行くとトイレでピースボートのチラシを食い入るように見てしまって、「トイレ長いね、飲みすぎた?」って心配される。
14 こんな地方のちんまりした居酒屋なのにピースボートのチラシが貼ってあるのすごい。
15 ここからでも世界一周に旅立っている人がいるんだって励みになる。

 

地方の空港あるある

16 地元の空港の国際線の本数が少ない。
17 国際線の選択肢がほとんどない。
18 搭乗口にいるのは大体、隠居生活を楽しんでいそうなご老人カップル。
19 海外行くときは乗り換え便の予約必須
20 もしくは違う県の空港を利用して直行便で行く。
21 ついでに国内旅行ができてちょっと嬉しい。
22 都会に住んでいる友達が宿を提供してくれて頭があがらない。
23 帰りは旅疲れ+地元に帰るまでの道なりでゲンナリする。
24 それでも、一晩寝たらまた旅にでたくなってしまう不思議。

 

地方在住で旅好きの私の家族

25 海外では荷物増やしたくなくて、空港利用した県のお土産を買って実家に帰る。
26 そして「あんた、どこ行ってきたの」とお母さんに聞かれる。
27 お母さんに行った都市の話をするけど大体名前を間違えて覚えちゃう。
28 お父さんは海外で怖いニュースがあるたびにLINEしてくるのちょっとめんどくさい。
29 旅の間、ヨーロッパであったニュースを送ってきて、「お前、大丈夫か!?」ってアジアにいる私を心配する。
30 いつか大人になって自立したら両親を海外旅行に連れて行ってあげたい。

 

地方在住の旅好きな私

31 周りにあまり海外旅行に行く人がいない。
32 だから、ちょっと得意げ。
33 皆もっと海外行けばいいのにって思う。
34 海外旅行中はめっちゃSNS更新するから割とウザがられてるんじゃないかなって思う。
35 たぶん、長期休暇のときとかツイッターをミュートされてると思う(笑)。
36 「いいな!行きたい!」ってコメントくれた人とは、一緒に旅するならどこかなって勝手に妄想する。
37 バックパック背負って地元の駅にいると目線が集まる。
38 寝坊して慌てていて、学校へ間違ってバックパックで行ってしまっい、友達に「どこへ行ってきたの」と聞かれる。
39 旅ブロガーが紹介してるグッズとか地元で買えないからアマゾンのヘビーユーザー。
40 勿論、プライム会員になっている。
41 「あなたにおすすめの商品」はほとんどが旅の関連グッズ。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

もぐらのぞみ
もぐらのぞみ
TABIPPO専属ライター・ブロガー。鹿児島県出身。学生時代は家族と哲学について学び、卒業後はセブ留学へ。Webメディアへの寄稿を経て、帰国後は文字媒体の仕事をしていくことを決意。現在はTABIP…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

旅人・バックパッカーたちの想い