別名“月の世界”…インド最後の秘境「レー」がまるで異世界だった

Pocket はてブ

インドの北、ヒマラヤ標高3000mに位置する街「レー」をご存知でしょうか?

ここはインドにも関わらず、住民のほとんどがチベット族の人々。インド定番のリクシャーもなければウザい勧誘もない。あるのは、仏教を熱心に信仰するチベットの人々の暮らしのみ。

デリーからレーに降り立った僕は、世界のあまりの変化に本当にびっくりしました。

そんな「レー」ですが、定番の観光の一つに”ゴンパ”と呼ばれるチベット仏教のお寺巡りがあります。

実はこのゴンパ、まさに”秘境”と呼ぶにふさわしいお寺なんです…!数百年の歴史を持つ壁画、仏教美術、そして今でも修行が行われている寺内の空間。

遥か昔から使われてきた状態そのものが残る、まさに”生きた美術館”の世界がそこにはありました。

今回はそんな”ゴンパ巡り”の魅力について紹介していきます!

 

レーとは?

地図上ではこんな所にあります。

インドの中でもほぼ最北端に位置し、レーのあるラダック地方はパキスタン・中国との国境に接しています。そのため、至る所に軍の基地などを見かけます。

チベット仏教の中心地であり、小チベットと称されることもあるそうです。チベットといえば中国内のチベット自治区が有名ですが、この地域は破壊や侵略を受けなかったため古い文化や美術品が残っているそう。

 

ゴンパとは?

チベット仏教のお寺は総じてゴンパと呼ばれています。地域によって色んなゴンパがある中、レーのゴンパは保存状態がよく宗教的・美術的に価値が高いと有名。

レー周辺にはいくつもゴンパが点在しており、それを効率よく回るために各旅行会社やタクシーの運転手がゴンパ巡りツアーなるものを組んでいます。

ゴンパ一つ一つが車で数時間離れているものもあり、自力で回るのは厳しいです。値段も統一されていないので、是非数社しっかり比較してから値下げ交渉を行ってベストなツアーを選んでください。

 

月の世界と呼ばれる絶景

photo by Yuichi

ゴンパ巡りの一番の見所は、もちろんゴンパです。

しかし、その道中も実は大絶景が広がっています。ヒマラヤ山脈の標高3000mに広がる世界は荒々しく、あまりに広大なため「月の世界」と称されるほど。

photo by Yuichi

僕はちょうど冬の時期に行ったため、緑が全くない岩肌むき出しの荒々しい地形に出会えました。

photo by Yuichi

インダス川も流れており、コバルトブルーがとっても綺麗。

photo by Yuichi

あまりの寒さに滝も凍っていました。

 

ティクセゴンパ

photo by Yuichi

レーの近くにあるゴンパ。時間がない日でも来ることが可能です。

このように、多くのゴンパは丘の上に立っています。

photo by Yuichi

外観はこんな感じです。

photo by Yuichi

中ではお坊さんが修行の真っ最中。

photo by Yuichi

日本のお寺の仏像と似ていますが、色使いなどがこちらの方が派手です。

古くから残る装飾も保存状態がよく、実際に目の前にするととても神秘的な気持ちにさせられます。

photo by Yuichi

ゴンパの装飾は非常にカラフルなので写真映えもバッチリです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

岩間悠一
キーエンス営業→タオ島ダイバー@Ban's
上智大学経営学科/カリフォルニア大学/元キーエンス株式会社 現在はタイのタオ島に滞在。ダイビングインストラクターとして、世界最大のダイビングリゾートBan'sで働いています。 http://w…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

インドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧