現代ヒッピーが愛するインドの村「ハンピ」!現地人も羨む遺跡群を巡ってきた

Pocket はてブ

インドにある「ハンピ」と言う村をご存知でしょうか?実はこの村、一般的にはあまり知られていませんが、インド旅行者なら必ずといって良いほど耳にした事のある村なんです。

そしてインド旅行者の間では「とにかく最高だった」、「一番好きな場所」として非常に知られています。

どんな村なのか?何がそんなに良いのか?どこにあるのか?まとめてご紹介しちゃいます!

ハンピとは?

ハンピとはインド南西部のカルナータカ州に位置する村です。ただの村ではなく、なんと16世紀前後に実在したヴィジャヤナガル王国の首都だった村なんです!しかし、その後別の王国との戦争により廃墟と化す。

そして現在では当時の一部の遺跡や当時の建造物が残っており、2006年までは世界遺産としても登録されていた歴史ある村なんです。

インド人の間でも多くの綺麗なお寺がある村として知られており、インド人と話すと「ハンピは一度も行った事がないんだけど僕も行きたいよ。お寺に行ってこいよ!」と羨ましがられる様な村でもあります。

お寺や遺跡群

そして前評判通り、村の各地に大きな遺跡やお寺などが残っています。

photo by Yuichi

インドの中でも非常に美しいと言われているお寺や遺跡群だそうです。

photo by Yuichi

遺跡周りにこんな猿もいます。

photo by Yuichi

またお寺にお参りする際に、この額の赤いペイントを突然塗られます。そして突然請求されます…。

非常に安い金額だった気がするのですが、請求されたくない人は要注意です。

川の”こっち側”と”あっち側”

ハンピに大きな川が流れており、実はこの川を隔てて雰囲気が全く違う別世界が広がっているんです。

photo by Yuichi

ちょうどこの写真はは”こっち側”から写真を撮っている場面です。

photo by Yuichi

こんな桟橋から小さな船で2分ほどかけて渡る小さな川です。ちょうどこの川を境に、”こっち側”、”あっち側”に分かれています。

“こっち側”、”あっち側”と呼ばれる理由としては、有名な日本人宿があったり日本人観光客が主に滞在しているのが”こっち側”な為、必然的に逆側を”あっち側”と呼ぶ事が多いです。

“こっち側”にはガイドブックに載っている様な遺跡群やゲストハウス、お寺があったりします。雰囲気も落ち着いており、日本人や少し年配の白人なども見かけました。

逆にあっち側に渡ると景色が一変。ゲストハウスやレストランも所謂”ヒッピー風”の作りになっている物が目立ちます…!

photo by Yuichi

そして滞在者もほとんどがヨーロッパからのヒッピー風若者。滞在している日本人は一人も見かけませんでした。僕は最初は”こっち側”に滞在していたのですが、好奇心からあっち側に途中で滞在を変えてみました。

好き嫌いあると思いますが、個人的には”あっち側”を断然おすすめします…!絶景ポイントや自然が多かったり、何よりレンタルバイク一つで広大な土地を駆け回れる爽快感が最高です。

冒険好きの人には”あっち側”を強くお勧めします。

photo by Yuichi

こんなバイクをレンタルして

photo by Yuichi

田んぼと岩に囲まれた大自然を好き放題冒険できるのが魅力的です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

岩間悠一
キーエンス営業→タオ島ダイブマスター@Ban's Diving
上智大学経営学科/カリフォルニア大学/元キーエンス株式会社 現在はタイのタオ島に滞在。ダイビングインストラクターを目指しています。趣味は旅行。 世界最大のダイビングリゾートBan'sで働いてい…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

インドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧