【世界一周インタビュー/特別編】 休学と世界一周が流行っていることは好機か危機か。

Pocket はてブ

今回は、休学を推す団体「休活ブログ」と、旅を推す団体「TABIPPO」による対談インタビュー。それぞれの団体から、在学中に休学して世界一周した2人が、休学と世界一周の本質について語り合ってもらった。
 
logo2
win-logo
 

写真1
左:松永隆之(TABIPPO)、右:白井耕平(休活ブログ)

休学って、どうなの!?

 

休学する前の自分たち

【白井】
松永さん、休学する前はどんな学生だったんすか?

【松永】
俺は、特に意志のない、ふつーの大学生だった。
バーベキューしたい、スノボーしたいって遊んで、麻雀して飲み会に行って。
就活を手前にしても、何がしたいか分からないみたいな。

【白井】
あー、僕は当時はあんまり大学を楽しめなかったっすね。ラッパーみたいなダボダボな服を着てて、キャンパスに居るのがつらかったから、イヤホンを耳に入れて、下を向いて歩いているような学生でした。こんな俺の所属は、文学部ヨーロッパ文化学科と、ふわふわした感じの子が多くて。全く周りに馴染めなかったんです。

世界に飛び出すまで

【白井】
海外に興味を持ったきっかけは何すか?

【松永】
社会人に「学生のうちに何したら良いんですか」って聞いたら、よくある話だけど「学生のうちしかやれないことをやると良いよ」って言われて。何となく旅してみたいとは思っていたから、思い切ってベトナムとカンボジアへ行ってみた。そしたら、とにかく楽しかったし、心の中で色んな感情がぶつかっり合って。
その2カ国でこんなに衝撃を受けたんだから、じゃあもっと多くの国に行ったら、どんなけ人生変わるんだし!!そのとき1つ1つの国に行くよりも、まとめて行った方が効率良いじゃんと思って、世界一周することに決めた。

【白井】
なるほど。俺の話をすると、たまたま家に深夜特急(注)があって、それを1巻から読んだんですよ。
そしたら、震えた!!もうこれは行くしかないって。
だから夏休みに、香港とマカオに行きました。深夜特急の1巻が、その2国だったんで。
マカオでは沢木耕太郎と同じようにカジノでギャンブルやったんすけど、僅かながら順調に稼いでいました。でもディーラーに目をつけられたのか、いつの間にか手持ちが減っていったんすよ。怖えーと思って、抱えるようにして退散して。そのドキドキするような経験から、完全に旅の虜になりました。

(注)深夜特急:沢木耕太郎による紀行小説。1970年代に筆者自身が香港からロンドンまで旅した体験記となっており、その臨場感から多くの若者を旅へと向かわせてきた。

 

288012_201128346614731_2681297_o

【白井】
ってか、なんで世界一周にあたって松永さんは休学したんすか??

【松永】
普通に、休学しないと世界一周できないと思ったから。
たくさんの国に行こうってなった時に、往復まじ無駄だな、1回で行った方が効率良いなって。
長期休みにも収まりそうになかったから、じゃあ休学、みたいな。

【白井】
俺の場合、香港とマカオから帰ってきて後期が始まって。自分自身は教室にいるのに、心はもう旅に持ってかれてるみたいな。大学がつまらなすぎて、もう大学を辞めようと思ったんすよね。でも「辞めないで休学しなさい」ってお世話になってる教授から言われたから、ひとまず休学することにしました。大学1年の10月で休学届けを出してきました。深夜特急の続きを辿りたかったんです。

【松永】
1年の10月か。休学決めるの早いね!!
世界一周へと動かしたのは、深夜特急だけ??

【白井】
そうなんすよ。実は世界一周するまで、世界一周ブログの存在すら知りませんでした。

攻めの休学、逃げの休学

【白井】
たぶん松永さんは世界一周したかったから、休学しましたよね。でも俺は、大学から逃げたかったから、休学して世界一周したんすよ。動機が、俺の場合は逃げが強いと思います。

休活ブログに集まってくるのは、みんな向上心の強いライターで。「やりたいことがあるから休学する」人で。だけど休学には実はもう1種類あると思っていて。「やりたいことが分からないから休学する」人もいるんすよ。

【松永】
なるほどね。大学生の休学って、身分が保証されているのに、自由に使える1年間があることだから。その間に好きなことを探して、何でも出来るのが、魅力なんだよね。

【白井】
いや、何かをやるための休学もあれば、何もやらないための休学もあるんです。単純に自分で考える時間が欲しいとか、学校を休んでまで何もやりたくないとか。だって日本の多くの人が大学に通っているけど、進学に明確な根拠は持っていないと思うんですよ。だからそのエスカレーターを1度止めるんです。
そういう休学について、松永さんはどう思いますか?

【松永】
いや、ぶっちゃけ別にどっちでも良いと思う。その人次第というか。
何もしたくないから休学する人も、結局はまた動くために、ひとまず休んでるんじゃん。
どちらにせよ、休学は当人にとってプラスなんでしょ?

291576_201111369949762_3089221_o

こういう休学は控えるべき

【白井】
じゃあ逆に松永さんが、これは違うんじゃないかって思う休学って何すか?

【松永】
うーん、周りが休学してるから自分もとりあえずっていうのは違うな。
休学はあくまでも自分の選択であって、自分で考えないと意味がないと思ってて。

【白井】
休学する上でもひとまず単位を大切にすべきだと俺は思います。
復学しましたけど、大学2年の前期で26単位しかなくて、今大変ですもん。

 

世界一周って、どうなの!?

 

そもそも世界一周とは?

【白井】
松永さんにとって、世界一周の定義って何ですか??
別にロンドンとニューヨークに行けば、それで世界一周になりますよね。

【松永】
別に世界一周と旅は一緒だと思ってて。出国と帰国が、単に東からか西からか違うだけ。
世界一周といっても、人によって全く違うんだよね。例えば知り合いの社会人は、1000日間で世界一周してるし。逆に休学なしで1~2ヶ月間で世界一周する大学生もいて。

【白井】
俺の世界一周を振り返ってみても、ぜんぜん時間が足りなかったんすよ。お金や時間の制約から、行きたい国を相当削りましたし。1周したけど満足してないですね。

【松永】あー俺も。むしろもう世界をもう1周するために生きているのかもなって思ったりもする。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

世界一周インタビュー