セブ島旅行ならアイランドホッピング!準備から行き先までまとめ

Pocket はてブ

 

カオハガン島

カオハガン島

photo by pixta

この「カオハガン島」は、なんと!「何もなくて豊かな島」の著者である崎山克彦さんが有する、日本人オーナーの島です。島には雰囲気の良いコテージがあり、そこでは美味しい海鮮料理をいただくことができるそう。

また崎山さんは、カオハガン島に住む島民のために、キルトという新しい産業を提供しました。島民が作ったキルト織物の作品は、実際に島で販売されています。

 

オランゴ島

あおさん(@ao8020)が投稿した写真 – 2016 3月 24 5:29午後 PDT

「オランゴ島」は、セブのマクタンの港から、ボートで約20分ほどで訪れることのできる小さな島です。

珊瑚礁に囲まれている「オランゴ島」は、島の全域が保護区となっています。また島の東部にはマングローブ湿地が、南にはラグーンがあります。手付かずの豊かな自然の中で、ゆっくりとした時を過ごすことができます。

 

もっともっと、リゾート気分を味わおう!

フィリピンのリゾートとして知られるセブ島。しかしながら、セブ島だけでなく、その周辺にもとても魅力的な島々がたくさんありますね。

島の美しさをじっくりと堪能しながら、仲間や家族とバーベキューやシュノーケリングを楽しむ…まさに最高の時間です!皆さんも、ぜひアイランドホッピングに挑戦して、素敵な思い出を作ってくださいね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ビーチ・海・海水浴