DSCF6219コピー

先入観が180度変わる国。イスラエル観光で訪れたい人気4都市の魅力まとめ

DSCF6219コピー
Pocket はてブ

あまり多くの人が訪れない中東の中でも、観光名所の多い国イスラエル。

イスラエルと聞くと”危ない”や”怖い”などのイメージを持つ人が多いと思います。しかし実際に訪れてみると、観光名所がたくさんあり、宗教と歴史が混ざり合い、親切な人々に囲まれた素敵な国なことが分かります!

そんなイスラエルに行ってみて分かった、魅力溢れる4都市の魅力を紹介します!

 

空港のある首都テルアビブ

DSCF6305コピー

Photo by Ayumi Hara

空路で入る場合、スタートは首都のテルアビブになります。

首都なだけあり、高層ビルが並びとても都会!おしゃれなレストランやカフェが並ぶ地区もあり、観光のスタートにぴったりです。

 

ぜひ食べてもらいたいイスラエルのB級グルメ”ファラフェル”を売っているお店も多くあります。

ファラフェルはひよこ豆のコロッケで、ファストフード感覚でピタパンに野菜とポテトとファラフェルを挟んで、ハンバーガーのように食べることができます!

かなり高カロリーですが、とても美味しいのでぜひ!

 

必ず訪れたいエルサレム

DSCF6219コピーPhoto by Ayumi Hara

DSCF6259コピー

Photo by Ayumi Hara

首都テルアビブからはバスで1時間ほど、隣国ヨルダンとの国境からも行きやすいエルサレム。

三大宗教である”キリスト教”、”ユダヤ教”、”イスラム教”の聖地でもあり、旧市街は世界遺産にも登録されているとても歴史的で神聖な都市です。

古い民家や街並みの広がる旧市街に対して、城壁の外にある新市街はヨーロッパとも見間違うほど、新しく綺麗な街並みが広がっています。

市内を路面電車やバスが走り、おしゃれなカフェや洋服屋さんが並びます。同じ都市とは思えないほどのギャップが街歩きを楽しくさせてくれます!

 

三大宗教を知れるエルサレム旧市街

DSCF6230コピー

Photo by Ayumi Hara

先ほど書いた三大宗教それぞれの重要な遺跡があるのが、城跡に囲まれたエルサレム旧市街です。

キリスト教徒にとっての聖墳墓教会(Holy Sepulchre Church)は、イエスが処刑された場所として今でもたくさんの信者がお祈りに訪れます。

 

ユダヤ教にとっての聖地は私たちも知っている嘆きの壁(Western Wall)です。たくさんのユダヤ教徒が壁に額をつけてお祈りをしています。

ユダヤ教には超正統派や正統派、伝統派など違いがあり、それぞれ身に着けているものも違います。

超正統派は大きな黒い帽子に長いヒゲともみあげがあるのに対し、正統派は頭にキッパと呼ばれる小皿のような形の小さい帽子をかぶっていたり・・

 

そして、金色の屋根が目立つ岩のドーム(Temple Mount)は、ムハンマドが一夜で昇天を体験した場所に建てられた建物としてイスラム教徒の聖地となっています。

ただし観光客が入れるのは基本的に午前中だけなので要注意!

宗教にはうとい私たちにはとても興味深く、考えさせられることの多い都市です。

1 2
Pocket はてブ

Writer

五感の向くままに旅をする
はじめまして。ワーホリやバックパッカー、世界一周含めて4年間ふらーっとしている歩未です。ニックネームは、呼び間違いからYummy(ヤミー=美味しいの意味)です!18歳のとき高橋歩さんの「世界一周しちゃえば?」を読んでから旅病にかかり、ずーっと無計画に、気の向くままに、深く考えず直感で旅をしています。口コミで行き先を決めることもあれば、バスターミナルで惹かれた地名に行くことも。去年世界一周をして、長期の陸路旅だからこそ、文化や街並みや人の顔つきが徐々に変わっていくのを見れて、世界はオモシロイ!と改めて感じました。これからも旅を続けていきます。よろしくお願いします!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

イスラエルのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧