【完全保存版】ウユニ塩湖旅行に必要なすべての情報まとめ(行き方・ツアー選び・持ち物など)

Pocket はてブ

ウユニ塩湖を全力で楽しむために持っていきたいものは?いつがベストシーズンなの?泊まる場所や食べ物は?などいろいろな疑問が出てきますよね。

そこで今回はウユニ塩湖に計3回、今年は雨季に50日以上をウユニで過ごした経験から、これさえ見れば欲しい情報が全て分かるウユニ塩湖完全攻略法をご紹介します!

 

 

そもそもウユニ塩湖って?

pixta_12435141_S

photo by pixta

ウユニ塩湖は南米ボリビアのアンデス山脈に広がる塩の大地です。標高は3,700m、南北100km、東西250kmの世界最大の塩湖です。

遥か昔、海底だった場所が長い時間をかけて隆起し、大量の海水だけが山野上に残されて、できあがった場所だそうです。

 

そして、広大な塩の大地に雨が降り、湖面に薄く水が貼ると、その水面は鏡となって、空を完璧に反射します。一歩、塩湖に足を踏み入れると足下まで360度に広がる空。その光景は、多くの旅人から世界一の「奇跡」と呼ばれています。以前より訪れやすくなったとはいえ、旅行雑誌などではまだまだ情報が少ないのも事実。

 

 

ウユニ塩湖はどんな場所?

shutterstock_485312650

photo by shutterstock

そもそもウユニ塩湖ってどんな場所なのでしょうか。写真だけ見て海?と聞かれることが多いのですが、実は塩でできた平原で、なんとその広さは10,582㎢にもなります。

約一万年前にアンデス山脈と一緒に隆起した海水が乾いてできた、世界で最も大きな大塩原がウユニ塩湖になりました。塩の平原なので普段は真っ白な世界なのですが、雨季にいくつかの条件が揃うと「天空の水鏡」とも呼ばれる奇跡の絶景が姿を現します。

 

ウユニ村までの行き方

pixta_15503482_S

photo by pixta

ウユニ塩湖観光の起点になるウユニ村はボリビア西部にある小さな村で、塩湖までは車で約1時間の場所にあります。まずはこのウユニ村を目指しましょう。

日本からだと、まずはアメリカやメキシコ、チリなどを経由してボリビアの首都ラパスへ向かいます。

ラパスからはバスで約10時間の道のりで昔は寝れないほどの悪路でしたが、今は道も整備されているのでそれほど気にしなくても良さそうです。

 

また、ラパスからウユニまで飛行機で行くことも可能。BOA航空やアマゾナス航空などが1日3便ほど定期便を飛ばしており、約1時間で移動することができるので社会人など時間が限られた旅をしている人にはオススメです。

ただ大人気の雨季シーズンの便はすぐに席が埋まってしまうので、予定が決まったら早めに予約した方が良さそうです。

 

ウユニ村からウユニ塩湖へ行く方法は?

shutterstock_391320058

photo by shutterstock

日本からのパッケージツアー以外でウユニ塩湖を目指す場合、ウユニ村からの現地ツアーに参加するのが一般的で、村の中にはいくつもの旅行会社があります。

ツアーの種類も日帰りのものから1泊するもの、さらにはチリへ抜けるツアーなど幅広くあるので、自分のスケジュールに合ったものを選びましょう。

 

一番多くの人が参加する日帰りツアーは、4WDで塩湖を巡るチャーターツアーで所用時間は6時間程度。1台7人まで乗ることができ、定員7人が集まればツアー料金は一人約1,300円になります。

 

「天空の水鏡」を見るのに必要な条件とは?

shutterstock_485637175

photo by shutterstock

奇跡とも言われるウユニ塩湖の水鏡ですが、綺麗に見るにはいくつかの条件があります。その条件とは…

①雨が降って、水が溜まっていること
②風が吹いていないこと
③水が多すぎないこと
④降った雨が強すぎないこと

 

もちろん、雨が溜まっていないとお話にならないのですが、風があってても水鏡にはなりません。また、降った雨が強すぎたり多すぎたりすると泡や塵が浮いてしまいます。

さらに、日中では映り込む雲があった方が綺麗ですし、星空は雲があっては見れません。天候の問題なので完全に運次第なのですが、だからこそ絶対に見てみたい絶景ですよね。

 

ウユニエンコのベストシーズンは2月

shutterstock_442171261

photo by shutterstock

ウユニ塩湖といえば水鏡ですよね。奇跡の絶景と言われるだけあって、水鏡を見るにはいくつかの厳しい条件があります。

その一つに雨が降ることがあるのですが、ウユニでは1年のうち1月〜3月までの雨季にまとまって雨が降るので、このシーズンが狙い目です。特に雨がしっかりとたまる2月がベストシーズン!

ただ2月でも全く雨が降らないシーズンもあるので、あとは自分の運の良さを信じましょう!

 

日本人に慣れたツアー会社を選ぼう

shutterstock_484727836

photo by shutterstock

世界中から旅行客が訪れるウユニなので、村には本当にたくさんの旅行会社があります。

それぞれ料金やツアー内容が違ってくるので迷ってしまいますが、僕がおすすめしたいのは「穂高ツアー」と「ブリサツアー」の2つ。

 

この2つは多くの日本人が利用しています。日本人に慣れているので、もしウユニ塩湖が全面鏡張りでなくても、水のある場所を探して連れて行ってくれる可能性が高いのです。

日本人には大人気の水鏡ですが、欧米人に人気なのは乾期のような乾いたウユニ塩湖。もし欧米人に慣れている旅行会社だと、雨季でも乾いた場所に行ってしまうかもしれません。

 

短い時間でも楽しめる!おすすめはチャーターツアー

shutterstock_423761632 (1)

photo by shutterstock

先ほどご紹介した穂高ツアーやブリサツアーで人気なのは、チャーター車で行く6時間ほどの日帰りツアー。

この日帰りツアーにはディツアー、サンセットツアー、スターライトツアー、サンライズツアーの4つがあります。チャーター車なので、出発時間や帰ってくる時間を自分の好きなようにアレンジできるのも人気の理由の一つ。

 

チャーターツアーの中でも特におすすめしたいのがサンセットツアーです。

これは夕方にウユニ塩湖へ行き、夜帰ってくるツアーで、日が沈む前の青空から日が傾き、どんどん色を変えていくウユニ塩湖、そして運が良ければ星空まで様々な姿を一気に見ることも可能です。

 

まるで宇宙?ここでしか見れない星空

shutterstock_316102448

photo by shutterstock

雲や青空の映るウユニ塩湖も人気ですが、もう一つ世界中でここでしか見れない絶景がウユニの星空。近くに村の光もなく、標高が高いので日本では見ることができないほどの満天の星空が広がっています。

その数え切れないほどの星々や天の川、流れ星も綺麗に水鏡に映し出され、まるで宇宙にいるように上下左右全方面が星に囲まれます。

 

そんな星空を見たいのなら新月を狙いましょう。月明かりがなければより多くの星と出会うことができます。例えば、2017年2月なら26日が新月です。

また新月に合わせていくことができないのであれば、月が沈んだ後の時間に行くのもおすすめ。時間が限られてしまいますが、十分に楽しむことができるはずです。

 

昼間より夜の方が風が強くなったり雲が出やすかったり、通常よりもさらに見れる条件は厳しくなりますが、一生の宝物になる絶景です!

 

風が緩やかなのは朝

shutterstock_485572669

photo by shutterstock

水鏡を見る条件で雨の次に出てくるのは風です。もし雨が降って水が溜まっても風が吹いていると綺麗に映りこみません。

急に吹き出すこともあり、読みづらい風ですが、日中よりも明け方は風が吹かないことが多いので狙い目です。

 

せっかくなら塩のホテルに泊まってみよう

pixta_24583575_S

photo by pixta

ウユニ村にももちろん宿はありますが、せっかくなら塩でできたホテルに泊まってみてはいかがでしょうか。

ウユニ塩湖のすぐ側にはルナ・サラダ、パラシオ・デ・サル、クリスタルサマーニャの3つの塩のホテルがあり、壁からベッドや机まで全て塩で作られています。

 

どのホテルもきれいで設備が整っており、絶景を目の前に快適に過ごせること間違いありません。世界の泊まりたいホテル100選に選ばれているホテルもあるので、できるだけ早めに予約した方がいいでしょう。

村からは離れていますが、もちろんホテルまでウユニ塩湖ツアーのピックアップをしてもらうこともできます。

乾期もいい!

水鏡ばかりが注目されていますが、乾期の絶景もすごいのがウユニ塩湖です。どこまでも広がる壮大な白い大地はまるで地球じゃないような景色で、これもウユニ塩湖でしか見られないもの。

また、雨季には行くことができない魚の島と呼ばれる丘の上からはウユニを一望することもできます。一面真っ白な世界だからできる、トリック写真も楽しむことができますよ!

 

何を持って行ったらいいの?

shutterstock_425996818

photo by shutterstock

絶対に行きたいウユニ塩湖ですが、何を持って行ったらいいのでしょうか。

標高約3,700mにあり、日陰もなく、日差しも強いので紫外線対策に日焼け止めとサングラス、帽子は絶対に忘れないようにしましょう。

また日中は30度を超える日もあるので、水も必要です。逆に夜や明け方は0度近くまで気温が下がるので防寒着やホッカイロがあれば安心です。僕はヒートテックやダウンなども着込んでいました。

 

もし荷物に余裕があれば持って行きたいのが長靴です。ツアーでレンタルすることも可能ですが、穴が空いているものもあるので、日本から持って行っていけばより快適に楽しむことができるでしょう。

ウユニ旅行の注意点

shutterstock_470188448

photo by shutterstock

今では多くの人が旅行をしているウユニですが、旅をするにあたっていくつか注意する必要があります。まずは、持ち物でも注意した通りに日焼け対策。

 

次に大切なのが高山病対策です。ウユニ塩湖は標高約3,700mで富士山の頂上と同じくらいあります。高山病になってしまってはせっかくの絶景も楽しむことができません。

暴飲暴食は控え、しっかりと水分補給して予防しましょう。もし不安な人は日本からダイナモックスなどの高山病の薬を飲んできてもいいかもしれません。

 

また、近年、ウユニの村のATMでスキミング被害が多発しているそうです。それほど長期の旅行でなければある程度は現地通貨を持っていくなどの対策しておけばより安全です。

 

できれば余裕を持った日程を

shutterstock_115549870

photo by shutterstock

社会人になればまとまった休みは取りにくいかもしれませんが、できれば余裕のある日程を組むことをおすすめします。単純にウユニ塩湖に行ける日数が増えればそれだけ水鏡に出会える可能性も高くなります。

また現地到着後1日はゆっくりと過ごして体を高地に慣らしておけば、高山病の可能性もぐっと低くなります。

 

お土産の定番といえば??

pixta_683909_S

photo by pixta

ウユニ塩湖定番のお土産といえばやはりウユニの塩。友達にウケるお土産になること間違いありません!

またボリビアの伝統的な織物アワヨのテーブルクロスや、ボリビアパンツなども人気です。

ウユニ村のホテル、レストラン事情

pixta_16397460_S (1)

photo by pixta

ウユニは塩と観光で成り立っている村なので、バックパッカー用に格安のホステルから中級ホテルまでありますが、やはり2月は混み合っています。

また南米を旅している人たちは慣れているかもしれませんが、安いホステルだと断水することも多くシャワーの時間も限られていたり少し不便に感じる人もいるかもしれません。

 

レストランもたくさんあり、ボリビア料理だけでなく、ピザやパスタなどの洋食も食べることができます。もちろん安く済ませたい旅人には、現地人が利用している定食屋もおすすめです。

 

せっかくならウユニと合わせていきたい!

shutterstock_200252258

photo by shutterstock

ウユニの近くには他にもたくさんの絶景や世界遺産があります。世界で最もきれいな星空とも言われているアタカマ砂漠やペルーのマチュピチュ遺跡など、どれもウユニ塩湖に負けない絶景!

時間に余裕があれば合わせて行ってみてはいかがでしょうか?

 

やばすぎるウユニ塩湖の写真をまとめました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo By Haruka Tajima

Exif_JPEG_PICTURE

Photo By Reiji Kobayashi

青空00

Photo By shiminao

青空01_須沢

Photo By Yu Suzawa

青空02_川手

Photo By Akitsugu Kawate

Exif_JPEG_PICTURE

Photo By Taku Otsuka

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo By Kaori Hasegawa

変化01_坂本しおり

Photo By Shiori Sakamoto

変化02_川手

Photo By Akitsugu Kawate

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo By Kyohei Okada

夕焼け01_まきまい

Photo By Mai maki

夕焼け02

清水_ウユニ_010

Photo By shiminao

 

星空01_川手

Photo By Akitsugu Kawate

 

まとめ

いつかは行きたいと思っていたウユニ塩湖が、少し近くに感じませんか?世界一の絶景とも呼ばれるウユニ塩湖にぜひ行って見てください!

ちなみに僕が今年、50日ほどウユニで過ごして撮影した写真をホームページで見ることができます。ウユニにより行きたくなること間違いない写真ばかり、なのでぜひ見てみてくだい!

http://yukiueda0225.wixsite.com/photographyportfol/salar-de-uyuni

 

ウユニ塩湖について調べている方に人気の商品はこちらです

 

 

Pocket はてブ

WRITER

上田優紀
上田優紀
絶景大好き!旅大好き!!なフォトグラファー。1年以上をかけて世界一周し、約40カ国を訪問。フリーフォトグラファーとして皆さんが旅したい!という気持ちになるような写真と記事をお届けできるよう頑張りま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ウユニ塩湖のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ