「ジャイサルメール」が私をインド好きにしてくれた

Pocket はてブ

こんにちは、ドイツ在住のはるぼぼです。「ゴールデンシティ」の異名をもつ、インドの西の果ての小さな街、ジャイサルメール。

この街は「インド疲れ」を起こした状態でたどり着いた私を温かく包み込み、旅の素晴らしさを思い出させてくれました。

そんな、ジャイサルメールで起こった出来事をお話しましょう。

 

「インド疲れ」を起こしてジャイサルメール到着

IMG_5201

Photo by Harubobo

ジャイサルメールに到着したとき、私はすっかりインドに委縮していました。一緒に旅をしていたドイツ人のパートナーが一足先に帰国し、一人旅がスタート。

しかも、その前に訪れたジョードプルで、異人種カップルである私たちは大勢のインド人に注目され、散々写真を撮られるという経験をして「インド疲れ」を起こしていました。

インドを旅する自信を失い、インドを旅することが憂鬱になりかけていたのです。

 

地元の人の純粋な親切に触れる

IMG_5216

Photo by Harubobo

警戒心から到着日はほとんど外に出ず、翌日から本格的に観光することに。旧市街を歩いていると、「ハヴェーリ」と呼ばれる繊細かつ豪華な装飾が施された邸宅を見つけました。

目の前にあるベンチに座ってハヴェーリを眺めていたら、微妙に距離をあけて一人のインド人男性が私の隣に座りました。距離を保って座ったのは、私を警戒させないようにという配慮だったのだと思います。

 

男性はハヴェーリについて説明してくれ、私がお礼を言って立ち去ろうとすると、男性はにこやかに見送ってくれました。

ガイド料を請求されたわけでもなく、セクハラをされたわけでもなく、純粋な親切でした。

 

客引きしないリクシャドライバーの衝撃

IMG_5234

Photo by Harubobo

目指すはジャイサルメール最大の見どころ、城塞。途中、何台かのリクシャ(三輪タクシー)に声をかけられます。

ドライバーに「ナマステー」と挨拶されたので、私も「ナマステー」と返します。普通ならここからセールストークが始まるのですが、ドライバーは紳士的に微笑んだだけ。

 

リクシャの強引な客引きが日常茶飯事のインドで、ドライバーににこやかに挨拶されただけで終わるなんて、信じられない気持ちでした。「なんだこの街は!」

この出来事から「この街なら大丈夫かもしれない」と、ジャイサルメールに対する警戒心はほどけていきました。

 

無料でチャイをごちそうになる

milk-92153_1280

Photo by Pixabay

ジャイサルメールの城塞は特別な場所。というのも、ジャイサルメールの城塞は今でも数千人の人が暮らす「生きた城塞」なのです。

城塞内には博物館や寺院、ホテル、レストラン、ショップなどがあり、一つの街になっています。

博物館に行った後、街をぶらぶらしていたら、とあるゲストハウスのスタッフに呼び止められました。「僕は日本人が好きで話がしたいから、お茶を飲んでいかない?お金はいいから」

 

本来ならば怪しさ満点のこのセリフ。しかしこの街の雰囲気と、ゲストハウス兼カフェという場所柄からしても、危険はないだろうと判断し、お邪魔することに。

無料でチャイをごちそうになるという出来事は、トルコならよくあることですが、「インドでもこんなことがあるのか!」と驚きました。この街は、本当に人情味に溢れています。

 

無一文から身を建てたゲストハウスのオーナー

DSCN2505

Photo by Harubobo

そうして出会ったのが、ゲストハウスのオーナー、シヴァでした。

1 2
Pocket はてブ

Writer

大学の卒業旅行を機に旅にハマり、休暇のたびに海外を旅していたサラリーマン時代。 旅先の長野でドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意し、退職。 長期旅行の夢を叶えるべく、東京~ドイツ間を5か月かけて横断し、2015年11月ドイツ生活をスタート。 ドイツ語や日本と正反対の食文化にとまどい、時に打ちのめされながらも日々奮闘中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

インドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧