JALとANAの違いって知ってる?ANAの航空会社コード「NH」に隠された秘密とは

Pocket はてブ

JALとANAって、どちらも同じ日本の航空会社だけど、どこに違いがあるのか疑問に思ったことはありませんか?実際のところ、航空券の料金などに違いはほとんどないようです。

では、どんな違いがあるのでしょうか?

 

外国人からの認知度に違いが!

photo by shutterstock

JAL=Japan Airlinesなので、外国人からは「ジャパン」=日本の航空会社だという認知度が高いそう。それに対して、ANA=All Nippon Airwaysなのですが、外国人にとって「ニッポン」と言う言葉はあまり浸透していないのです。

また、 JALは機体に鶴の絵が描かれているので、日本っぽいイメージが強いそう。ANAが目指しているのは世界で、外国人からの認知度が欲しいため、国際線にも力を入れているのです。

 

働く人たちにも違いがあった!

photo by shutterstock

JALは日本人らしく、おしとやかで丁寧。また、喋り方も柔らかさがあります。これは実際に働いている人たちを見たら気がつくと思います。年齢層も比較的高く、入れ替わりが少ないそうです。

それに対してANAはハキハキしていて元気があります。働いている年齢層も若くてフレッシュなイメージ。

 

ANAは2機のヘリコプターから始まった会社

photo by shutterstock

ANAはもともと、2機のヘリコプターから始まった「日本ヘリコプター」と言う会社でしたが、6年後に現在の「全日本空輪」に社名を変更しました。

最初は国内線が多かったANAですが、今は世界のリーディングエアライングループを目指し、国際線を多く扱っています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

奥山舞
奥山舞
古着と海が大好きな19歳。高校生の頃にダイビングのライセンスを取得したことをきっかけに沖縄にどっぷりハマり、高校卒業後は進学せずに沖縄へ。今年はラストティーンなのでたくさん旅に出ようと思います。将…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

飛行機