「ジョバティカル」を利用して、パソコン1つで私たちはどこでも働ける

Pocket はてブ

「ジョバティカル」を利用して、パソコン1つで私たちはどこでも働ける皆さんは異国の地で暮らしながら、旅をしたいと思ったことはありませんか?海外で働くなんて難しそう。現地の言葉が話せないから無理…など、海外で働きたいけどハードルが高くて挑戦できないと感じている人も多いはず。

そんな中で、現在世界30ヶ国以上のスタートアップの短期仕事が見つかる「Jobbatical(ジョバティカル)」というウェブサイトが注目を集めています。

このウェブサイトを使えば、働きながら旅したいという願望を叶えることも夢ではないかもしれませんよ?

 

次世代の働き方かも!?

jobbatical

Photo by jobbatical.com

テクノロジーが発達した現在、「ある会社に新卒で入社し、定年まで働く」という働き方は、もはやただの選択肢の1つとなりました。インターネットを駆使すれば、世界のどこでも働ける時代です。旅をしながら働く人も少なくありません。

かくいう私も、フリーランスで働く人間の1人。そんな私が大注目しているウェブサイトが、ジョバティカルです。

 

どこでだって働ける

スクリーンショット 2016-04-22 18.39.31

Photo by jobbatical.com

このジョバティカルは、海外で募集されている短期の仕事が簡単に見つけられる求人サイトです。求人募集をしているのはアジア諸国が多く、その中でも特にシンガポールに多くの仕事が集中しているようです。

ジョバティカルで検索すると、写真のように、「Product Manager(プロダクトマネージャー)、Malaysia(マレーシア)」など、募集している職種と国が記載されています。採用されれば、現地に出向いてそこで仕事をすることになります。登録されている仕事は3~12カ月という短期のものが多いです。

 

しかしながら、短期といっても、普通に現地を旅行するよりはだいぶ長い期間ですよね。仕事をして住んでみてこそ、その国の本当の魅力がわかるのではないでしょうか?

 

仕事はIT系が中心

募集されている職種の多くはIT系です。ソフトウェアエンジニアが半数を占めるそうで、その他に、マーケティングやUX/UIエンジニアなどの職種も募集されています。

IT業界における人材競争は、ますますグローバル化しています。上記で、募集しているのはアジア企業が多いと述べましたが、反対にジョバティカルに登録している人々はアメリカやブラジル、北欧出身の人が多いそうです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

旅と就職・仕事

FEATURED特集

特集一覧へ