今しか見られない絶景⁉︎アメリカの「ジョシュアツリー国立公園」が別の惑星すぎた

Pocket はてブ

アメリカといえばグランドキャニオン国立公園やヨセミテ国立公園等がとっても有名ですよね。実はもう一つ気軽に行けてしまう国立公園があります。それが、今回ご紹介するジョシュアツリー国立公園です。

多くの国立公園はアクセスが大変で、日本からの旅行でもその公園中心にスケジュールを組まないといけません。

ですが、ジョシュアツリーならロサンゼルスから数時間のドライブでアクセス可能なため、1日空きがあれば十分行けてしまいます。

今回は、そんなジョシュアツリーについてご紹介します。
 

ジョシュアツリー国立公園とは

ロサンゼルスから車で約2時間半の内陸に位置するアメリカの国立公園です。公園の名前にもなっているジョシュアツリーという名の木(分類的には草)がたくさん生えている事から、この名前がついたそうです。

ただ実際に一番印象に残る光景は、他の惑星に降り立ったかのような大きな岩の山かと思います。この岩が形成する独特の地形から、ハイキングやロッククライミング、キャンプまで様々なアクティビティが楽しめます。
 

ジョシュアツリーとは

photo by Yuichi

この曲がりくねったサボテンのような植物が、ジョシュアツリーです。

photo by Yuichi

広大な公園敷地内にたくさん生えています。

実はこの植物、気候変動の影響で絶滅の危機に瀕しているんだとか。今では生息域はこの公園内にほぼ止まる範囲まで減少しているとの事。

世界的にも貴重なこの光景、本当に地球からなくなってしまう前に是非一度見てみてください。
 

まるで別の惑星のような絶景!

photo by Yuichi

公園内には大きな岩がゴロゴロしています。そしてその岩が集まって小高い丘を形成しているので、そこに登って遊んだりします。

この大きな岩は、一億年以上前にマグマが冷えて固まった物だそう。

photo by Yuichi

岩の森の中にも、このように水がたまるオアシスのような場所も存在します。
 

砂漠ならではの植物

photo by Yuichi

ジョシュアツリーはもちろんですが、砂漠地帯ならではのサボテンがたくさん自生しています。

photo by Yuichi

特に日本だとなかなかサボテンが自生している環境を見る機会はありません。是非行った際には観察してみましょう。
 

アクセス

車でのアクセスが基本になります。カリフォルニア外からの旅行の場合、レンタカーが必須。LAXの空港でレンタルが可能です。

そこから車で約2時間半ひたすら走ると到着です。道中は砂漠のような何もない光景が続きます。公園の入り口自体には簡単なゲートのような物と看板がありますので、それが見えたら到着だと思ってください。

また、公園内には水を買える場所がないので注意!予備の物も含めた水と食料を準備して車に積んでおきましょう。
 

■詳細情報
・名称:ジョシュアツリー国立公園
・住所:74485 National Park Drive
Twentynine Palms, CA 92277-3597
・アクセス:LAXから車で約2時間半
・営業時間:一日中
・定休日:なし
・料金:Entrance Fee $25
・所要時間:半日〜数日間
・オススメの時期:夏は暑すぎるのでお勧めしません
・公式サイトURL:https://www.nps.gov/jotr/index.htm

 

まとめ

いかがでしたか?なかなか日本では知名度が低いジョシュアツリー国立公園ですが、そのアクセスの良さと独特の地形からアメリカではとっても人気があります。

ハイキング以外にもキャンプやロッククライミングまで遊び方もたくさん。是非一度遊びに行ってみてください!

Pocket はてブ

WRITER

岩間悠一
キーエンス営業→タオ島ダイバー@Ban's
上智大学経営学科/カリフォルニア大学/元キーエンス株式会社 現在はタイのタオ島に滞在。ダイビングインストラクターとして、世界最大のダイビングリゾートBan'sで働いています。 http://w…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

北米のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧