鹿児島県のおすすめ離島20選

Pocket はてブ

鹿児島県の離島というと、圧倒的に知名度が高いのが世界遺産の「屋久島」や、東洋のガラパゴスと呼ばれる「奄美大島」、そして鉄砲伝来の島「種子島」などですよね。

しかし、鹿児島県にはそのほかにも大小さまざまな離島が600島以上あることをご存知でしょうか。沖縄の海に負けないほど美しい海や、自然豊かで緑あふれる魅力的な島が多くあるんです。

今回は知られざる鹿児島県の離島の魅力を存分にお伝えします!

 

獅子島

島の概要・特徴

獅子島(ししじま)は有人の離島としては鹿児島県最北端にあり、かつ鹿児島県全体としても最北端の島。周囲は複雑なリアス式海岸になっていることから、その姿は「薩摩松島」と呼ばれ、雲仙天草国立公園の一部でもあります。

また「化石の島」という別名もあるほど化石が多く発掘される産地でもあり、首長竜やアンモナイトなどの化石が見つかっています。島の色々なところで化石を観賞することもできるので、恐竜ファンに必見です。そのほか柑橘系の農作物や水産も盛んな食の島でもあります。

一般的なアクセス方法は諸浦港(長島)から船で約20分、天草港または水俣港からは約30分です。

代表的なグルメ・特産品など

獅子島ではアオサという海藻類が特に名物として有名です。美しく綺麗な海で育まれたアオサは薫りがよく栄養満点!お味噌汁に入れたり天ぷらにしたり、美味しいアオサを味わいましょう。

そしてブリやタイの養殖も盛んであり、近海で獲れた新鮮な魚介類を堪能することができますよ。

おすすめの観光スポット:七郎山

七郎山は獅子島最高峰の山で標高は393m。山頂までの道路は舗装されているので徒歩でも車でも行くことができます。徒歩で登山する人が多いですが、途中に休憩所などはないので飲み物などは事前に準備していきましょう。

山頂からの景色はまさに絶景。360度の大パノラマからは眼下に港、海の向こうには天草諸島が望め最高の景色です。天気が良ければ遠くに雲仙普賢岳が見えることもあります。

■詳細情報
・名称:七郎山
・住所:鹿児島県出水郡長島町獅子島
・アクセス:片側港から徒歩で約90分
・電話番号:0996-86-1111(長島町企画財政課)
・料金:無料
・公式サイトURL:https://www.town.nagashima.lg.jp/shishijima/superb/

 

竹島

島の概要・特徴

竹島(たけしま)は九州本土に一番近い離島であり、名前の通り島全体が琉球竹(大名竹)で覆われていることからこの名前が付けられています。

島はなだらかで平坦な地形であり、牧草地が多く牛の放牧をよく見かけることができます。また島を囲む海岸線は断崖が多く、美しい海は絶好の釣り場やダイビングスポットとしても知られています。

竹島への一般的なアクセス方法は鹿児島港から船で約3時間です。

代表的なグルメ・特産品など

竹島と言えば島の名前になっている竹林からとれる大名筍!毎年5・6月ごろに行われる竹の子取りの風景は「竹の子に集う」として島の宝100景に選ばれています。

大名筍とはその昔大名にも献上されていたことからこの名前で呼ばれるようになり、旅亭などにも出荷される高級食材でもあります。アクが少なく上品で、生でも食べられるこの大名筍は「奇跡のタケノコ」とも呼ばれる特産品。ぜひ食べてみたいですね。

おすすめの観光スポット:籠港

断崖絶壁に囲まれた美しい港・籠(こもり)港。通常は使われていませんが、シケが起きた際は漁船がこの港に避難することがあります。港を上から眺めた景色は間違いなく圧巻の風景です。

400段の階段を下ると海岸に降りることができ、ここは竹島唯一の砂浜のビーチ。海の透明度は抜群です。周りの白い断崖絶壁に囲まれているので、海外の無人島にいるような気分になれるでしょう。

■詳細情報
・名称:籠港
・住所:長崎県長崎 多以良町1551-7
・アクセス:竹島港待合所から徒歩約10分
・電話番号:09913-2-2370(三島村観光案内所)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://mishimamura.org/kanko/guide/take/take.html

 

硫黄島

島の概要・特徴

硫黄島と聞くとハリウッド映画にもなった東京都の硫黄島を思い浮かべますが、その島とは異なるもう一つの硫黄島が鹿児島県にあります。ここは竹島の東に位置する火山島です。

島のシンボルは標高約704mの硫黄岳。常に白い噴煙をあげており、村のあちこちに約500年前の噴火で火口から飛んできた石が見られます。また、壇ノ浦の戦いで入水をした安徳天皇が生き延びて、硫黄島で66歳まで生きていたという伝説があり、それを示すお墓もあります。

火山あり、山あり、海あり、歴史ありのアクティブに楽しめる硫黄島への一般的なアクセス方法は、鹿児島港から船で約4時間です。

代表的なグルメ・特産品など

島には椿林が広くあり、椿の産地としては九州一の数字を誇る硫黄島。上質な椿油や石けん、シャンプー・リンスーが作られ、お土産として好評です。

また、竹島と同じく大名筍の生産もしており、硫黄島でも収穫がされています。

おすすめの観光スポット:東温泉

硫黄島には秘湯好きなら必ず入浴したい露天風呂があります。それが島の東海岸に位置する東温泉です。目の前は東シナ海、背景には硫黄岳という、こんなにも大自然を満喫できる温泉があるでしょうか?東温泉は「日本の秘湯100選」にも選ばれています。

更衣室がないことと、酸性度が高い温泉なので、洗顔などで目に温泉が入るとしみるので要注意です。しかしこんなに景色の良い露天風呂に一度は入浴してみたいですね。

■詳細情報
・名称:東温泉
・住所:鹿児島県鹿児島郡三島村硫黄島
・アクセス:硫黄島港から徒歩で約40分~1時間
・電話番号:09913-2-2370(三島村観光案内所)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://mishimamura.org/kanko/guide/iou/iou.html

 

黒島

島の概要・特徴

人より牛の数の方が多い沖縄県の黒島とはまた別の島である、鹿児島県の黒島。竹島、硫黄島、そしてこの黒島と併せて三島村は構成されますが、3島の中で一番大きい集落が黒島にあります。釣り人に人気の島です。

また、3島の中で一番森林の面積が広く、ミニ屋久島とも称えられる黒島は多くの動植物が生息しており、色々な生物を観賞することができるでしょう。そのため海岸線から山頂までは国の天然記念物「薩摩黒島の森林植物群落」に指定されています。

黒島への一般的なアクセス方法は鹿児島空港から船で約5時間10分です。

代表的なグルメ・特産品など


黒島と言えば黒島産のさつま芋から作られた焼酎「みしま村」。この焼酎は島内限定発売なので、希少価値が高い焼酎です。さつま芋のまろやかさが味わえます。

他には大名筍やしいたけ栽培が好評で、黒牛などの畜産も盛んです。

おすすめの観光スポット:櫓岳

ミニ屋久島と言われる黒島・最高峰の櫓岳(やぐらだけ)のトレッキングはいかがでしょうか。遊歩道が設置されており、手つかずの自然を楽しみながら登山ができます。

天気が良い日は山頂から素晴らしい大パノラマが望め、最高の景色ですよ!

■詳細情報
・名称:櫓岳
・住所:鹿児島県鹿児島郡三島村黒島
・電話番号:09913-3-2241
・参考サイトURL:http://www.nihon-kankou.or.jp/kagoshima/463035/detail/46303ab2010003269

 

屋久島

島の概要・特徴

photo by pixta

大隅諸島のひとつ屋久島。説明がいらないぐらい有名な島ですが、島の大半が森林であり、手つかずの自然がいまだ多く残る島です。日本で初めて世界遺産に登録されたのも屋久島はジブリ映画もののけ姫の森のモデルになった場所でもあります。

屋久島への一般的なアクセス方法は鹿児島港から船で約2時間、または鹿児島空港から飛行機で35分、福岡空港から約65分、大阪(伊丹)空港から約90分で行くことができます。

代表的なグルメ・特産品など

屋久島のソウルフードといえば「飛魚(とびうお)」。胸ビレを使って空を飛ぶことからその名前が付けられている魚です。実は鹿児島県は飛魚の漁獲量日本一。かつ屋久島周辺でその大半が漁獲されているんですよ。

飛魚って食べられるの?と思う人もいるかもしれませんが、これまた美味しいんです。唐揚げ、お刺身、燻製など加工品にして色々食べられます。宿泊先の夕食や飲食店で食べられるので屋久島を訪れた際はぜひ食べてみてください。

そのほか、たんかん・ぽんかんと言った柑橘系や焼酎なども有名です。

おすすめの観光スポット:縄文杉

photo by pixta

見どころは沢山ありますが、やはり一番有名なスポットは「縄文杉」へのトレッキングですよね。縄文杉は1966年に発見されてから屋久島のシンボルになりました。樹齢は2,000~7,200年とされている国内最大級の屋久杉です。

縄文杉への登山道は往復10時間以上のトレッキングになりますが、トロッコ道を通り小谷集落跡やハート型に見えるウィルソン株、樹齢3000年の大王杉など本当に魅力的な出会いばかりです。

■詳細情報
・名称:縄文杉
・住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町
・アクセス:路線バス「荒川登山口」下車すぐ、または車で安房から40分(3月~11月は一般車両の乗入規制のためマイカー不可。路線バスを利用)
・電話番号:0997-43-5900(屋久島町商工観光課)
・料金:入山協力金(任意)日帰り1.000円、山中宿泊者2.000円
・所要時間:荒川登山口登山から下山まで往復8~10時間
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/play/trek.html#joumon

 

種子島

島の概要・特徴

屋久島と同じく大隅諸島のひとつの種子島。県内の有人の島として最東であり、面積は奄美大島と屋久島に続いて3番目に大きい島です。鉄砲伝来の島として教科書に書かれていたのでご存知の人も多いはず。

種子島宇宙センターなど日本の宇宙開発の拠点としても有名です。島内にはロケットの打ち上げが肉眼で見える公園なども多数あり、打ち上げ時には多くの観光客が集まります。また、美しい海があることからマリンスポーツ好きにも人気の島です。

種子島への一般的なアクセス方法は鹿児島空港から飛行機で約35分、船の場合は鹿児島港から約95分、屋久島(宮之浦港まはた安房港)から50分です。

代表的なグルメ・特産品など

通常のさつま芋より糖度が高く、焼き芋にすると蜜が出る安納芋(あんのういも)。今や全国的にその名が広がっていますが、実は日本で栽培されていたのはここ種子島が始まりと言われています。ねっとりとした甘みのあるさつま芋をご当地で堪能しましょう。

また、これは豆知識ですが、国内でさつま芋自体の栽培に初めて成功したのもここ種子島なんですよ!そのおかげで今や美味しい焼き芋やスイーツが食べられるんですね。

おすすめの観光スポット:千座の岩屋

photo by pixta

美しい海が魅力的な種子島。夏は多くの海水浴客で賑わう東部の浜田海水浴場の近くに、波の浸食でできた洞窟「千座の岩屋」があります。

名前の由来は「千人が座れる洞窟」から付けられているそうです。干潮時には洞窟の中に入ることもでき、そこからの海の景色はとても神秘的ですよ!

■詳細情報
・名称:千座の岩屋
・住所:鹿児島県熊毛郡南種子町平山広田
・アクセス:種子島空港から車で約40分
・電話番号:0997-26-1111(南種子町企画課観光経済係)
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10775/

 

宝島

島の概要・特徴

トカラ列島に浮かぶ宝島(たからじま)。宝島はトカラ列島の中で有人島としては最南端に位置する島で、実際に海賊キャプテンキッドが財宝をこの島に隠したという言い伝えがあるそうです!

島にはその財宝が隠されたと言われる鍾乳洞があり、多くの賞金稼ぎがこの島に訪れた歴史もある何ともロマンがある島です。なお、島はサンゴ礁とエメラルドグリーンの海、白い砂浜に囲まれている美しい島なんですよ。

宝島への一般的なアクセス方法は鹿児島空港から船で約12時間20分です。

代表的なグルメ・特産品など

バナナの楽園とも称される宝島の島バナナは濃厚な甘みで有名です。栽培数も少ないので、かなり貴重な宝島の特産品ですよ。

その島バナナを加工した「島バナナコンフィチュール」シリーズが人気。鹿児島県新特産品コンクール2012で観光連盟賞受賞した一品です。見つけたらお土産に購入間違いなし!

おすすめの観光スポット:大籠海水浴場

大籠海水浴場は島で唯一の海水浴場。大籠漁港から車で約5分ぐらいの場所にあり、サンゴ礁の入り江を利用した白い砂浜のビーチです。

画像を見るだけでも高い透明度であることが伝わってきますよね。シャワーやトイレも完備しているので、エメラルドグリーンの海で思いっきり楽しむことができます。キャンプ場近くにあります。

■詳細情報
・名称:大籠海水浴場
・住所:鹿児島県鹿児島郡十島村宝島
・アクセス:前籠港から車で5分または徒歩20分
・営業時間:海水浴場は7月1日~8月31日10:00~17:00※キャンプ場は通年
・定休日:期間中なし
・電話番号:099-222-2101(十島村地域振興課)
・料金:200円(ビーチハウス)
・公式サイトURL:http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10632/

 

小宝島

島の概要・特徴

小宝島は宝島と同じくトカラ列島の島のひとつで、名前の通り周囲が約4kmの本当に小さい島です。コバルトブルーの海に囲まれたこの島は徒歩でも30分もあれば一周できてしまいます。

島にはハイビスカスが多く咲いており、亜熱帯な雰囲気があふれているでしょう。また海岸線には奇岩が多く、島全体が自然の彫刻美術館のようです。温泉もあるので、のんびりゆったり過ごすにはぴったり島です。

小宝島への一般的なアクセス方法は鹿児島港から船で11時間35分です。

代表的なグルメ・特産品など

小宝島の特産品といえば「子宝の温泉塩」。小宝島の海底から湧きでる温泉を使って作った小宝島独自の塩です。

温泉の源泉をくみ上げ手作業で製塩する、まさに自然の恵みがたっぷりつまったお塩です。なかなか手に入らないので、見つけたらぜひ購入しましょう!

おすすめの観光スポット:赤立神

奇岩の多い小宝島の中でも有名なのがこの「赤立神」。この三角形にとがっている岩はウネ神と並んで島のシンボルでもあります。

赤立神の近くは赤立神海水浴場となっています。砂浜がなく、岩場の中にありますが透明度は抜群です。浅いところでも魚が見られますよ。

■詳細情報
・名称:赤立神
・住所:鹿児島県鹿児島郡十島村小宝島20
・アクセス:赤立神海水浴場からすぐ
・電話番号:09912-4-2001(小宝島出張所)
・料金:見学無料
・公式サイトURL:http://www.tokara.jp/profile/kodakara.html#spot

 

悪石島

島の概要・特徴

悪石島(あくせきじま)って名前、ネーミングが凄いですよね。諸説ありますが、「平家の落人がこの島に辿り着き、追ってが来ないような名前を付けた」など言われています。

しかし実際には仮面神ボゼなどの神々を大切にし、島民たちが助け合いながら生活しているのどかな島で、日本最後の秘境とも言われています。また、温泉が豊富で、海が見える露天風呂や無料で入れる砂蒸し風呂も魅力的。温泉と海水が混ざり合う珍しい海中温泉もあります。

悪石島への一般的なアクセス方法は鹿児島港から船で約10時間20分です。

代表的なグルメ・特産品など

悪石島では脂ののった「さわら」が獲れます。獲れたての美味しいさわらはお刺身にしても良いし、燻製するのもまたひと味違った味で楽しめます。

悪石島ではさわらの燻製つくり体験などもできます。悪石島に訪れたのならさわらを食べるのを忘れずに!

おすすめの観光スポット:ボゼ祭り

悪石島でもっとも有名なのが「仮面神ボゼ」。この仮面神は鹿児島県無形文化財に登録されており、古くから島民に大事にされている神様です。一瞬、日本ではなく南の島にいるような気分になりますよね。

祭りではボゼ神が人々の穢れや悪霊を払うため、赤土を塗りに追いかけてきます。とても縁起が良い神様なのですが、小さい子供にはちょっと怖い存在です。

■詳細情報
・名称:ボゼ祭り
・場所:公民館など
・開催日:旧暦の7月16日
・電話番号:09912-3-2063(悪石島出張所)
・料金:見学無料
・公式サイトURL:http://www.tokara.jp/profile/akuseki.html#spot

 

口之島

島の概要・特徴


トカラ列島の有人島の最北端である口之島(くちのしま)はトカラ列島の玄関口。島の中央部に前岳があり、その南東には今も水蒸気を噴出している燃岳が広がる火山島になります。

また口之島に生息する固有種として、貴重な野生牛の口之島牛(黒毛和牛種)やタモトユリが有名です。口之島牛は日本で唯一の野生牛であり、タモトユリは鹿児島県の天然記念物。とても優美な花を咲かせます。

トカラ列島への一般的なアクセス方法は鹿児島県からフェリーで約6時間10分。トカラ列島の中で一番目に到着する島です。

代表的なグルメ・特産品など

釣り人の聖地とも言われる口之島。中でも美味しい島伊勢海老が獲れることで有名です。島伊勢海老はサンゴ礁に隠れており、漁師は素潜りをして網や手づかみで獲るのが一般的。

民宿の食事にも伊勢海老が出ることもあるんですよ。なんとも贅沢ですよね。そのほか、近隣の海で獲れた新鮮な魚やタラの芽などが有名です。

おすすめの観光スポット:フリイ岳展望台

口之島の絶景スポットであるフリイ岳展望台。漁港から車で約5分の場所にある、駐車場から遊歩道を約15~20分ほど登ったところにある展望台です。フリイ岳の山頂にあります。

山頂からの景色は見晴らしの良い360度の大パノラマ!西之浜漁港や前岳が一望でき、晴れた日は屋久島も見渡せることができます。

■詳細情報
・名称:フリイ岳展望台
・住所:鹿児島県鹿児島郡十島村口之島
・アクセス:口之島・西之浜漁港から車で約5分、そこから展望施設まで徒歩で約20分
・電話番号:09912-2-2229(口之島出張所)
・料金:見学無料
・公式サイトURL:http://www.kagoshima-kankou.com/guide/51242/

 

中之島

島の概要・特徴

「トカラ列島のなかほどの島」であることから名前が付けられた中之島。島の面積および人口はトカラの中では最大で、中心的な役割を担っている島です。

島の北西部にはトカラ列島最高峰の「御岳」があり、富士山の姿に似ていることからトカラ富士とも呼ばれています。麓の高原には鹿児島県の天然記念物である小型の在来種トカラ馬が飼育されており、その姿を見ることができますよ。

中之島への一般的なアクセス方法は鹿児島港から船で約7時間5分です。

代表的なグルメ・特産品など

中之島産の特産品で人気があるものの一つ「万能つゆ」。島のお母さんたちが中之島産のしいたけや魚など中之島の豊かな自然の恵みを、心を込めて作ってめんつゆです。

万能つゆという名だけあって麺類はもちろん、煮物や炊き込みご飯などなんでも美味しくできちゃうと評判です。

おすすめの観光スポット:トカラ馬牧場

貴重な在来馬・トカラ馬を間近で見られるのがこのトカラ馬牧場。ここではトカラ馬が放牧されているので、ゆっくりと見学することができますよ。

背景に島のシンボル御岳がそびえて、トカラ馬と写真を撮るにはロケーションもばっちり。近くに十島村歴史民俗資料館もあるので、一緒に周るのがおすすめです。

■詳細情報
・名称:トカラ馬牧場
・住所:鹿児島県鹿児島郡十島村中之島
・アクセス:中之島港から車で約15分
・定休日:年中無休
・電話番号:099-227-9771
・料金:見学無料
・公式サイトURL:http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10627/#
1 2
Pocket はてブ

WRITER

inagakian
inagakian
旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

九州・沖縄観光のおすすめスポット一覧