1970年代の冒険家、上温湯隆のサハラ砂漠横断挑戦に胸が熱くなる!

Pocket はてブ

こんばんは!TABIPPOのみっちーです。僕が、旅に興味を持ったきっかけの1人の青年を紹介したいと思います。1970年代にラクダ1頭と共に無謀と言われた世界最大の砂漠を単独横断を決行をした22歳の青年、上温湯隆(かみおんゆ たかし)さん。

彼について書かれた本「サハラに死す」を読むと、彼の性格に惹き込まれあっという間に読破出来ます。

 

至って普通の青年に見える上温湯隆さん

写真を見る限りでは、とても温厚そうな上温さん。サハラ砂漠横断後は、大学に入るために「大検」の勉強をしようと考えていたり、今後の人生について迷っている22歳の青年でした。ただ、海外への好奇心が強く、海外でヒッチハイクをしたりしていた行動派。

 

1970年代は海外旅行が一般的になり始めた時代

1$=360円の時代。今と比べるととにかく高いです。海外旅行が一般化を始めた頃でもあり、アメリカ、アジアが人気で、アフリカは未知の大陸だったはずです。海外では、ビートルズが解散した直後で、日本では、宇宙戦艦ヤマトや、ピンクレディが人気だった時代。青春!!といった雰囲気が蔓延してた時代。

 

上温湯隆さんの冒険を紹介

・サハラ砂漠東西7,000kmをラクダ一頭と共に横断をする事を計画していた。
・一緒に共にしたラクダの名前は「サーハビー」現地の言葉で、「我が友」という意味
・横断の途中、渇死したと言われている。サーハビー2世が疾走したのでは無いかと言われている。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Michinori Onda
恩田倫孝
東南アジア顔です。
砂漠と氷河を愛する27歳。TABIPPOに出会って、シェアハウスして、世界一周して、TABIPPOで活動中。表現をする事を追い求めています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

旅の書籍

FEATURED特集

特集一覧へ