神津島のおすすめ観光スポット14選

Pocket はてブ

皆さんは、太平洋に位置する「神津島」をご存知でしょうか?名前は聞いたことがあるけど、実際には、どんなところか知らないという方がほとんどではないでしょうか?

伊豆諸島の中ほどに位置するこの小さな島は、伊豆の島々を造った神々の集会所となったという言い伝えから、「神が集いし島」として「神津島」と名付けられたと言います。そして神津島の一番の魅力と言えば、壮大で美しく、神秘的な自然の数々!

 

今回は、神津島の必見観光スポットをまとめてみました。

*編集部追記
2017年4月の記事に新たに追記しました。(2017/12/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

神津島に行ってみての感想

photo by pixta

私が神津島を訪れたのは夏で、澄んだ美しい海と天の川が見える満天の星空が素晴らしく、日本にこんな素敵な場所があったんだと思わずため息をついてしまうほどでした。私と同じように観光に来ている人もいましたが、まだ穴場的なスポットであるためかあまり多くなく、ストレスなく観光が楽しめました。

 

新鮮な海の幸を使ったグルメもおいしく、お寿司や刺身定食は素材の素晴らしさがわかるレベルの高いものでした。この素材の良さはやはり、周囲を海に囲まれた神津島ならではですね!

 

ベストスポット

私がおすすめするのは、コバルトブルーの美しい海と潮の香りが楽しめる、赤崎遊歩道です。ここは入江となっているため、歩道から眺めを楽しむだけでなく海水浴もできます。私が訪れたのは夏だったため、きれいな海の中で泳ぐのはとても気持ちよかったです。

神津島の集落から赤崎遊歩道までは車で15分ほどです。レンタカーまたは村営バスを利用するのがおすすめです。

*編集部追記(2017/12/30)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

赤崎遊歩道

miyuki.Hさん(@tracks.jp)が投稿した写真 – 2016 8月 8 11:10午後 PDT

海岸沿いに作られた「赤崎遊歩道」では、潮風の香りを感じ、美しい海を眺めながら、散歩を楽しむことができます。

透き通るようなコバルトブルーの海に、思わずうっとり…。ここから海にダイブもできるそうで、絶好の水遊び場となっています。

■詳細情報
・名称:赤崎遊歩道
・住所:東京都神津島村 神戸山
・アクセス:島内バス(200円)で神津島港から約15分
・公式サイトURL:http://vill.kouzushima.tokyo.jp/travel/watch.html

 

神津島温泉保養センター

伊豆七島といえば、ほかの場所にはなかなかない海水温泉が有名です!

ここは混浴で、水着着用が義務づけられているので、海で遊んだ後にそのまま訪れるのがオススメです。めいっぱい遊んだ後に入る温泉は、また格別!

■詳細情報
・名称:神津島温泉保養センター
・住所:東京都神津島村 サビサキ
・アクセス:神津島港から徒歩で23分
・営業時間:10:00~21:00 受付午後8時終了
・料金:【大人】800円 / 【子供】400円 *小中学生
・定休日:水曜日  但し7~9月,年末年始,GWは営業
・電話:04992-8-1376
・公式サイトURL:http://vill.kouzushima.tokyo.jp/travel/onsen.html

 

天上山

標高572mの小さな山、「天上山」。標高が高くはありませんが、「天上山」には、樹林、砂漠、池など、様々な見所があります。

特に「裏砂漠」と呼ばれる場所は、植物が少なく、砂が一面に広がる場所で、まるで火星に来たかのような、なんとも不思議な気分になれるそう。

■詳細情報
・名称:天上山
・住所:東京都神津島村サビサキ
・備考:神津島港から約2時間で山頂に到着
・サイトURL:http://vill.kouzushima.tokyo.jp/travel/walking.html

 

多幸湾

BC.ganmaさん(@bc.ganma)が投稿した写真 – 2016 8月 2 9:59午後 PDT

雄大な崖、長く白い砂浜、そして真っ青な海…。訪れる人々が思わず言葉を失ってしまうほど美しい「多幸湾」。

多幸湾海水浴場は防波堤で囲まれているので、外海が荒れていてもその波が入って来ることはありません。お子様連れでも、安心して海水浴を楽しめます。

美しい景色を見ながら海水浴が楽しめるなんて、最高ですね

■詳細情報
・名称:多幸湾
・アクセス:神津島港からバスで約10分の多幸湾下車すぐ
・備考:トイレ・水シャワー・自動販売機・駐車場・キャンプ(隣接施設)あり
・公式サイトURL:http://www.kouzushima.info/s1.html

 

沢尻海岸

@milk_tomoが投稿した写真 – 2016 7月 29 9:12午後 PDT

神津島港から北へ1kmほど離れた場所にある「沢尻海岸」。

海水の透明度が素晴らしく、波も静かなので、海水浴にもってこいの場所です。夏の観光シーズンには、海岸中央にいかだが浮かべてあるそう。そこから思いっきり、きれいな海へと飛び込んでみてください!

■詳細情報
・名称:沢尻海岸
・アクセス:神津島港からバスで約3分の沢尻海岸バス停下車すぐ
・備考:トイレ・水シャワー・自動販売機・駐車場・炊事場あり
・公式サイトURL:http://vill.kouzushima.tokyo.jp/travel/sea.html

 

物忌奈命神社(ものいみなのみことじんじゃ)

「物忌奈命神社」は、927年に完成した延喜式神名帳に掲載された式内・名神大社です。ご祭神の母神を奉る神社として有名で、多くの人々がこの神社を訪れています。

島民中でも、漁業者の熱い信仰を集めており、「神饌(お供えもの)」には鮮魚を使うなど、他では見れない風習もある特別なスポットです。

■詳細情報
・名称:物忌奈命神社
・住所:東京都神津島村41
・アクセス:神津島港から徒歩で5分
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・電話:04992-8-0321(神津島観光協会)
・公式サイトURL:http://www.kouzushima.info/s9-monoimi.html

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

FEATURED特集

特集一覧へ