背筋が凍る…リトアニアの野原にある無数の十字架が凄すぎた!

Pocket はてブ

バルト三国の一つ、リトアニアに不思議な光景があります。それは、十字架の丘です。

無数の十字架が建ち並ぶ光景は、強烈の一言。どこか背筋が凍るような、哀愁があるような、ハマる絶景です。そこで今回は実際に訪れたぼくが、その全貌をレポートしたいと思います!

 

見つけるのが超難しいバス停

14973_593208547361314_1280945950_n

photo by Shunya Ohira

圧倒的な存在感を誇るかと思いきや…十字架の丘は、実は「見つけるのが難しい」絶景なのです。

一般的な交通手段はバスです。ローカルの小さなバスに乗り込み、出発しましょう。降りるのは「ドマンタイ」という名前のバス停です。

(バス停の文字が消えかかっていて、かなり見えづらいので要注意…)

運転手に、「着いたら教えてね」と伝えてOKをもらったにも関わらず、彼は肝心のバス停で、何の合図もくれませんでした。

 

田舎道の中をひたすら歩き続けて十字架へ

391205_593206430694859_1848733820_n

photo by  Shunya Ohira

バス停を降りると、「え、間違えた…」と思うことでしょう。しかし、それで正解です。緑しか広がっていない田舎道を、ひたすら進みましょう。

10分程歩いたところで、ようやくそれらしいものが遠くの方に見えてきます。十字架が、10個、100個…いや、もっとかもしれません。

 

実在するとは信じられないような光景

542541_593208287361340_1755029747_n

photo by Shunya Ohira

十字架の丘は、文字通り、一つの「丘」となりオーラを放っています。だだっ広い野原の中に、突如として現れる光景は圧巻です!

まさに、十字架の密集地帯!あるのが十字架なだけに、どこか威圧感というか、神妙な雰囲気さえ漂っています。

 

目を凝らすと、人々の想いすら感じる場所

205640_593207640694738_1454218175_n

photo: Shunya Ohira

インパクトが全てではありません。一つ一つの十字架に注目してみましょう。

十字架にネックレスがかけられていたり、言葉が刻まれたりしているのです。中にはハート形のアクセサリまで。

吹き抜ける風の中で立ち止まると、メッセージを心で感じられるような気もする瞬間です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Shunya Ohira
世界を心赴くままに移動する「世界X周生活」を実践中。動物や自然、お世話になった人々への恩返しができるよう、各国の言語、ウェブマーケティング、教育を軸にした事業に没頭する人生です。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ヨーロッパのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ