旅行好きにおすすめ!ロンスケのブランド6選

Pocket はてブ

ロンスケとはロングスケートボードのことで、その名の通り、長くて大きなデッキが特徴のスケートボードです。サーフィンやスノーボードのオフトレ器具としても使われており、通常のスケボーよりデッキが広いので、安定して山道などの坂道を下ったり、ゆっくりとライドを楽しむことができます。

今回は、旅行好きにおすすめのロンスケブランド6選をご紹介いたします。

 

GRAVITY

GRAVITYは、1994年にアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴで誕生したスケートブランドです。究極の陸上型サーフィンを実現したトラック「THRUSTER SYSTEM(スラスターシステム)」を搭載したモデルを発表して以来、ロンスケ業界の中でも特に注目を集める人気ブランドとなっています。

 

ARBOR

2015年に日本に上陸したARBORは、スノーボードブランドとしても有名ですが、もともとはハンドメイドでスケートボードを作っていたことから始まったブランドです。環境への配慮も欠かさない側面があることで知られており、リサイクル素材や環境に優しい素材を利用しています。

 

OMEN BOARDS

OmenLongBoardsはアメリカ・シアトルに本社を置く、スケーターによるロングスケートボードブランドです。商品はすべてハンドメイドで作られているというこだわりのブランドです。

 

LOADED BOARDS

2002年にフラッグシップモデルの「VANGUARD」を発売し、今や全米で絶大な人気を誇るカリフォルニア発のロングスケートブランドLOADED。ロングボードのみならず、スケートボード、スノーボード、そしてサーフィンボードなど、妥協を許さない高品質な商品を作り続けています。

 

SECTOR9

カリフォルニア発スケートブランドSECTOR9。ロングスケートボードは「サーフィンのオフトレーニング用の乗り物」といった既存の概念を取り払い、ライフスタイルとして楽しむロングスケートボードブランドとして、1993年に誕生しました。

また、スケーターやサーファーばかりではなく、スノーボーダー、ウエイクボーダー、スキムボーダーなど、幅広い人達に向け商品を販売しているブランドです。

 

Carver Skateboards

1995年にカリフォルニア州・ベニスでスタートしたCARVERは、従来のスケートボードとは異なり、前側に付いたトラックが振り子状に可動した、新たなスケートボードブランドです。旋回性に優れて小回りが効き、比較的簡単に乗りこなせるため、日本でも非常に人気の高いブランドです。

 

これからますます人気が出そうなロンスケ!

いかがでしたか?日本ではまだまだ認知度が低いですが、季節を問わず、サーフィンやスノボーをしているかのように楽しめるロンスケ。オフトレとしても効果があり、その楽しさにハマる人続出です!

新たな遊びとして今後さらに人気が出そうなロンスケ!今のうちに要チェックです!

Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アクティビティ

FEATURED特集

特集一覧へ